動画の作成

「動画」といっても様々です。

ジャンルで分別すると、ドラマ、映画、アニメ、ニュース、教育、イベント、宣伝などいろいろですし、素材をそのまま使用して起こった出来事を誰かに伝えるもしくは記録する場合に作成したり、素材を加工して再利用し全く違ったものに作り変えて笑いをとったり、感動を与えたり、または、自分の技術力を自慢したりなどの思いで作成すると思います。

何れにしろ、作成した後には必ず誰かが観るということです。

なので、
観る人(再生する人)の事を意識して動画を作成する。
ということが重要だと思います。

再生するまでの準備や手順が複雑で面倒な場合、頻繁に一時停止して再生がスムーズにできない場合、内容が好ましくなくストレスを感じる場合など、何らかのマイナス要因があった場合には継続して観てもらうことは期待できなくなります。

これは、作成した自分自身が観る場合であっても同じだと思います。

観る人の立場で、

「誰が」、「いつ」、「何を」、「どうして」、「どこで」、「どのように」

を考えて作成すれば十分だと思います。