ソ連戦車KV-1を目指して-その後-

重戦車を使ってみたくていろいろと試しましたが、ソ連のKV-1が割と楽に手に入れられます。
手に入れ易さではほかにもありますが、重戦車らしく同クラスの砲撃を跳ね返せる装甲とある程度の火力を備えてるのは限られているようです。

如何に装甲が硬いといっても、自走砲や駆逐戦車の砲撃を耐えることはできません。
KV-1はTier5なので、ランダム戦では最高Tier7の車両とプレイすることがあります。
さすがに、Tier7相手に正面から行ってはやられるだけです。

とりあえず、すべてのパーツを研究し終え、次の車両もゲットしました。
KV-1の技術ルート

KV-1のルートには、KV-2、KV-1S、T-150があります。
それぞれKV-1をベースに火力、バランス、装甲に振ったような車両です。

私はT-150にしてみました。
T-150の技術ルート

KV-1をベースにしているので、T-150のデフォルトの装備ではKV-1相当でしかありません。
KV-1の技術ツリーとの共用パーツが多いことからもわかると思います。
最初は、移動も遅く自走砲など遠距離の的になりやすく、さらに、Tier6なのでTier8と同じステージになることが多々あり、空気のような存在でした。

なんとか、T-150の技術ルートもほぼ研究し終わり、KV-1を超えることができたかなぁと感じます。
本命のドイツのTigerは、まだ経験値が足りないので入手するまで時間がかかりそうです。