タスクスケジュールの設定方法

OS標準機能のタスクスケジュールを使って自動で処理を実行する場合の説明です。
※Vista以降のOSを対象にしています。
 
例としてOSの自動シャットダウンの方法を解説します。
※タスクスケジューラを使えばすべてGUI操作で可能ですが、逆に何をすればよいのかがわかりにくいと思いますのでCLIでの方法を紹介します。
 

1.サービスの確認

①コマンドプロンプトを起動
 
②以下のコマンドでサービス名(Schedule)がRunning(開始)であることを確認します

sc query Schedule

2.タスクの登録 

続けてコマンドプロンプト上で作業をします。
 
①以下のコマンドを実行します。

schtasks /Create /SC DAILY /TN 自動シャットダウン /TR "shutdown -s -f -t 10" /ST 12:00

※このタスクは、毎日お昼の12時にOSをシャットダウンします。シャットダウンメッセージが表示されてから10秒後にシャットダウンします。
 
②以下のコマンドでタスクが登録されていることを確認します。

schtasks /query /TN 自動シャットダウン

以上の操作を実行した画面です。


 以上で終了ですが、細かいオプションの調整などはGUI操作のほうがやり易いと思いますので、3番を参考にしてください。

3.タスクスケジューラで確認(編集)

※必要であればプロパティを編集して微調整してください。
※この画面でタスクの無効化/有効化を変更できます。
 
①Taskschd.msc を実行しタスクスケジューラを起動します。
タスクスケジュールの管理画面が開きます。
 
②アクティブなタスク一覧から「自動シャットダウン」を選択し、マウスの左ボタンをダブルクリックします。


 
 
③画面右にある操作メニューから「プロパティ」を選択します。


 
 
④編集したい箇所を選択して変更してください。


※トリガ、操作、条件などを変更すればタスクの実行のタイミングを変更できます。