ボディバッグを買ってみました

景品でもらったパタゴニアのボディバッグを通勤用に使用していましたが、お弁当と水筒をいれるといっぱいいっぱいだったのと、書類が全くいれられないのと、タブレットを持ち運べないのと・・・
スマホや財布が一緒に入れられないので、ジーンズのポケットにいれていると両サイドのポケットが破れてきて・・・
スマホと財布用にとDEVICEのシザーケース ounce 2wayを購入しましたが、ボディバッグとシザーケースの両方を装備するとなんだか不細工で・・・

もう少し容量のあるボディバッグを探してみることにしました。
お弁当箱の8.5cmのサイズのまちが必要な点、タブレットをケースを装着したまま収納するためには約28cm x 17cmが必要な点でした。

大は小を兼ねるといいますのでA4サイズが入ると書類が折らずに入れられ便利なのは間違いありません。
最初はA4サイズが入るバッグを検索していましたが、パートナーに「ランドセルみたいね」と指摘され、確かにと思えたのでもっと小さなサイズで検索しました。

今回購入したのは「DEVICE Shade 2WAY BLACK/WHITE」です。


SHADEは1WAYと2WAYの2種類あり外装と内装にZIP式ポケットがあります。
内装のZIP式ポケットは背中側で、物を入れた際に外装のと干渉しないように配慮されているのだと思います。

斜めがけ時に背中側になる面はメッシュ加工がしてあります。
一見、袋状にみえるのでポケットのような使い方をしてしまうかもしれませんが、これは、2WAYなので使用しないはね部分(Dカンなど)を収納するためのものです。

例えば、この部分に10インチタブレットがすっぽりと入ります。(ケースを装着した状態では入りません)
強度的にどうなのかという不安がありますのでポケット代わりにするならもっと軽量で万が一落下しても壊れないものを入れた方がよいと思います。
メッシュ加工(はね部収納用)メッシュ加工(はね部収納用)にSOT31

普段は以下の物を収納します。

HAKOYA かごめおにぎり弁当 溜

内蓋は使用せず、少し大きめのおにぎり2個しかいれないので、縦にしても横にしても少々平気です。

viv シリコンボトル500

この水筒にカバーをつけて使用しています。
使用後は小さく折りたためますが、そのままの状態にしています。

財布

二つ折りでカードがいっぱい入るタイプでなおかつコインケースに小銭が多く入ると膨らんでしまいます。
このため、ボトムスの後ろポケットに入れていると座った状態で圧力がかかるためカードが割れていました。

IDカード

社員証と入館用のIDカードをネックストラップケースにいれています。
外装のZIPポケットに収納すればよさそうです。

実家の鍵や自宅の鍵やらで5個くらいあります。
地味にかさ張るので内装ZIPポケットに収納すればよさそうです。

スマホ(Xperia XZs SOV35)

ボトムスの後ろポケットに入れたまま座ったためガラス製保護フィルムが破損してしまいました。
外装のZIPポケットに収納すればよさそうです。
IDカードと一緒に入れても大丈夫そうです。

モバイルバッテリー(Goal Zero Venture 30)

通勤時にはSuicaアプリを使用するため、万が一スマホの充電がなくなると改札からでれなくなります。
そうならないようにモバイルバッテリーを常備していると安心です。
バッテリー容量が7800mAh(ZL2を2回フル充電できないので実質6000以下)でかつQC未対応なため、タブレットの充電は厳しいのでスマホ充電専用です。
SOV35はUSB C端子なので変換アダプターを使用して充電しています。

折り畳み傘(オカモト 3段式折り畳み傘 約28cm)

天候が悪い時には、傘が必要になります。
折りたたんだ状態で約28cmあります。

以上の物を入れる場合、たとえば、モバイルバッテリーと財布を重ねた状態で入るとスペースを半分占有するので、空いたスペースに弁当箱をいれると高さがほぼ揃います。
あとは水筒、その上に傘で、ファスナーを開け閉めするのに邪魔にならない程度で収納できます。

10インチタブレット(Xperia Z4 Tablet+ケース)

タブレットは普段は持ち運びしませんが、稀に持ち出すことがあります。
通常ケースに入れて使用しているので、このケースからの出し入れは避けたいところです。
使用しているケースはかなり厚めのケースです。

このまま、背中側かZIPポケット側かのどちらかに寄せて入れることになります。
持ち運び時を考慮すると背中側に寄せたいのですが、その場合は、内装ZIPポケットが使いにくくなります。


タブレットを持ち運ぶ時は、お弁当箱や水筒は必要ないので、財布とモバイルバッテリーが入れば十分です。
この時、モバイルバッテリーはできればRAVPower RP-PB043の方をと考えています。

RAVPower RP-PB043はVenture30に比べ1.5倍縦に長くなりますが、弁当と水筒がない分、余裕で入ります。

以下は、10インチタブレットにカバーを装着したまま入れた状態です。
カバーのサイズがW17.3×H26×L1.5cmです。
きちんと下側の隅を合わせて入れないと、ファスナーをしめるときに角2か所が邪魔になります。

SOT31カバー付きで収納

このサイズでぴったり入ります。

気になった点は、まちサイズです。
商品説明には約8cmとありましたが、8.5cmの弁当箱はバッグのふくらみの分を考慮すれば何とか入ると判断しました。
しかし、実際のまちサイズは約7cmでした。
ちょっと焦りましたが、問題なくお弁当箱も入りました。
ちなみに、7cmというと1リットルの牛乳パックのサイズと同じかと思います。
1リットルの牛乳パックを2箱いれてみてもバッグがパツンパツンに膨らんで中身の形がわかるというようなことはありません。
試しに、Ball社メイソンジャーの710ml ワイドマウスを入れてみましたが、高さはちょうどで無理なくファスナーを閉められます。
2個は入りますが、3個目を入れるだけのスペースはないといった感じです。
この製品は直径約8.7cm、高さ17.3cmです。


Ball社メイソンジャーは密閉瓶で有名で、キャップを変えればタンブラーとしても使用できます。