マザーボードの交換

前の記事でメインPCとHTPCの入れ替えが不可能と記載していましたが、勘違いでSATAポートはどちらも6本ありました。

それではということで、P5E-VM HDMIとP8Z77-M PROを入れ替えることにしました。

物理的な問題はなくり、そのままスムーズに行くかと思いきや、Windows 8とIntel 3シリーズチップセット(P5E-VM HDMI)の組み合わせでは、Windows 8対応版のmAgicTVソフトウェアを導入しようとしたところで、以下のドライバーをインストールしてくださいといわれmAgicTVがインストールできませんでした。

  • Intel マネージメントエンジンコンポーネント

デバイスマネージャをみて「PCI シンプル通信コントローラー」という名前で不明デバイスにあれば、Intelからダウンロードしたドライバーで対応できると思いますが、これに該当する不明なデバイスはありません。
これはチップセットとOSの組み合わせでダウンロードプログラムを選択するようなので、Intel ダウンロードセンターからIntel3シリーズ Windows8用を検索しましたが見つかりませんでした。

結局、これをどう解決するべきかがわからなかったため、OSをVistaに乗せかえることにしました。

そのため、メインPCをWindows8 Pro(P8Z77-M PRO)、HTPCをWindows Vista(P5E-VM HDMI)の構成に変更することにしました。

この変更により、これまで録画した番組は視聴できなくなります。
そして、WIndows 8の記憶域がVistaでは使えなくなるので、その代替でチップセット(ICH9R)のRaid5にすることにしました。
※Windows8を再度、クリーンインストールした場合は、そのまま記憶域の情報がのこっているようでした。

とにかく、共有フォルダーにあったファイルをRECBOXにバックアップ(所要時間1日)、そして、メインPCのCドライブにあった個人データをDドライブにバックアップ(所要時間2時間ほど)を実施しました。

HTPCにVistaを導入しSP1とSP2をあてて不足デバイスドライバを導入しカスペルスキーをいれ地デジ録画関連のアプリをインストール
共有設定(アカウント作成権限設定など)をしてバックアップしたファイルを共有フォルダにリストア。

メインPCにWindows 8を導入し不足デバイスドライバを導入しカスペルスキーをいれゲームや動画関連のアプリをインストール。
Dドライブに退避したファイルを戻す。

これだけやるにはまだまだ時間がかかりそうです。
 

カテゴリ

自作PC