職業を変更

ArcheAgeの職業は、120種類以上あります。

職業は選択した3つの能力の組み合わせで決定されます。
ゲーム開始時は、弓で狩をするのが楽かと思って「野生」を選択し、次に盾職の必須能力ともいえる「鉄壁」を選択しました。
自己HP回復ができたほうがよいと思い最後の3つ目に「愛」を選択しました。
 

ロイヤルガード

「野生」、「鉄壁」、「愛」の組み合わせの職業は「ロイヤルガード」でした。
城壁にいる弓をもった近衛兵のイメージでしょうか・・・



ロイヤルガードの戦闘は基本弓になるようです。
野生の弓スキルには出血や毒などのデバフ効果があります。
パートナーとのペア狩りが主であったため、弓で攻撃後、通常近接攻撃に変更してなんとか狩はできました。
しかし、IDなどのmobになると火力不足やヘイト管理が大変であると感じました。
 

聖騎士

弓よりも近接攻撃ができたほうがよいと考え「野生」を「格闘」に変更しました。
能力を変更するには村にいる「適正管理官」で行います。
「格闘」、「鉄壁」、「愛」で「聖騎士」になりました。
「野生」に割り振っていてたスキルポイントはリセットされるので、再度振りなおしになります。

余っているスキルポイントは新しく覚えた「格闘」や、すでに覚えている「鉄壁」や「愛」に割り振ることが可能です。



弓は通常の攻撃しかできませんが、FAをとるには十分利用できます。
近接攻撃は「三段斬り」を常時使用していれば通常攻撃よりは攻撃速度が速いためより多くのダメージを与えることが可能になりヘイト管理も少し楽になったように思います。
「アサルトダッシュ」の直後に使用すれば連携効果で相手を転倒させることが可能になります。

「野生」に割り振っていたスキルポイントだけでは「格闘」で使いたいスキルすべてを覚えることができなかったため、「愛」から不足分を補うため、「愛」の能力を初期化しました。

能力の変更と初期化とをあわせて10金ほど消費してしまいました。

これで弓はFAのみ、近接攻撃を主で戦闘ができるようになりました。
「格闘」は範囲攻撃や高火力スキルが使えるようになるので、狩や対人戦では重宝しそうです。
「愛」のスキルを初期化した際に即時使用のスキルを優先して覚えなおしました。
連続使用でMP消費が増加しますが、狩ではHP回復によりヘイトを稼げるので都合がよいと思っています。
 

聖職者

キャラクターレベルがLv50になり、あとから覚えた能力「格闘」もレベル50になったので、別の能力を育てることにしました。
そこでボス狩り用の盾として使える職にしようと考えました。

攻撃力の要である「格闘」を「意思」に変更して、耐久性を向上させようという発想です。
「意思」、「鉄壁」、「愛」で「聖職者」になりました。

「意思」でバフとデバフ、「鉄壁」で防御と盾攻撃、「愛」で回復と魔法攻撃となります。
スキルポイントの割り振りで理想の盾になれるのかもしれませんが、現状、攻撃は「格闘」スキルに頼っていたため、弓攻撃と通常攻撃、あとは鉄壁の攻撃スキルしかありません。

回復とデバフおよびバフスキルでボスのヘイトは管理できそうですが、狩やソロ対人戦では何もできないに等しく思いました。
狩はしなければよいので自分都合でどうにでもなりますが、対人に関しては貿易中に襲われることも考えられます。

実際、高速艇で「クレセントスローン」へ向かっている途中やその帰り道に同属や敵国に襲われかけましたが、グライダーで飛び移ろうとしていたので船の進路を変えて阻止しました。
相手がへたくそでよっかった瞬間です。
聖職者になるまでは1度も襲われたことはありませんでしたので、聖職者という職業でソロでいるのは危険なのだと認識しました。
ましてや今はキャラレベルこそLv50ですが、意思のスキルは初期のLv10ですので、ほとんどのスキルが使用できません。

試しに冥府のデイリーに参加してみましたが、「聖騎士」のようには動けず、ただ、周りを回復するしかない状況でした。
覚えるスキルによってはヒーラになるということでしょう。
 

戦士

攻撃力がないのは他のプレイヤーに対しても隙を与えてしまうと判断して、回復を捨て「愛」を「格闘」に変えました。
すでに「格闘」はLv50まで育っているのですべてのスキルを覚えることが可能な状態なので、攻撃力は期待できます。

「意思」、「鉄壁」、「愛」で「戦士」になりました。
目的は「意思」を育てることだったので「聖職者」より「戦士」のほうが周囲を牽制できよさそうです。

「聖騎士」とほぼ同じ動きですが、「戦士」だと回復スキルが「鉄壁」の「クライスヒール」だけなので、盾としては外部回復が必須です。
「意思」の「フォースシールド」はいろいろなスキルとの連携効果があり、たとえば「鉄壁」の「スイング」や「シールドバッシュ」でダメージが増加します。
 

ブレイドナイト

とりあえず、硬い盾にと「意思」を先に覚えようと思ったわけですが、この先、「使命」の「ハイド」を取りたいとも思っています。
「意思」をLv50にするには2ヶ月はかかりそうなペースであるため、同時に育てたほうが短期間で多くの能力をLv50にできるという考えに至りました。

そして、「格闘」を「使命」に変えました。
「意思」、「鉄壁」、「使命」で「ブレイドナイト」になりました。

「使命」は、「殺気」を蓄積できるスキルが多いので他ゲームの短剣職の能力という印象です。
「格闘」と同じように連続攻撃がありますので、攻撃が遅いということはなさそうです。
まだ、戦闘はしていないので使った感じはわかりませんが、「戦士」と同じく回復は外部に頼るしかありませんが、逃げのためのスキルがあります。

いまのところArcheAgeの対人には全く興味が沸かないので、狙われたときのことだけ考えていればなんとかなるだろうと思っています。
そういう点では、今の自分にはブレイドナイトが一番あっているのかもしれません。