鍛錬は損をする?

MMORPGといえば、装備品の強化も楽しみの一つだと思います。
 

リネージュ

安全圏は防具が+3まで武器が+6までで、強化に失敗すると装備が消滅します。
強化には武器または防具強化スクロールを使います。さらにそれぞれ祝福~があって最大3段階まで強化値がUPします。
強化値を下げる呪われた~もあります。
呪われた~の使い方は、防具の例でいうと、+2強化で祝福防具強化スクロールを使用すると安全に+1または+2に強化できるため、+3防具を+4に安全に強化したい場合に、一旦、強化値を-1にする場合に使用します。
 

リネージュ2

安全圏はリネージュと同じですが、祝福~の仕様がことなります。
この祝福防具または武器強化スクロールを使用すると失敗しても装備が消滅しないかわりに+0に初期化されてしまいます。
神聖~がつくものは、失敗しても強化値が初期化されないタイプです。
ただし、神聖でも2種類あり説明をよくよまないと消滅してしまう?ものがあったように記憶しています。
武器の強化値が高くなるとオーラが表示されグラフィックが変化します。
+16以上で真っ赤に光ります。
神聖がリリースされてからは真っ赤な武器を持つ人が増えました。
 

ArcheAge

強化は能力値UPまたはオプションを付与する効果があります。
それぞれムーンストーンとムーンライトといわれるアイテムを使用します。
使用するムーンストーンとムーンライトにランクがあります。
ムーンストーンの場合は、+1~+5まで能力値をUPさせることが可能で、成功すれば使用したムーンストーンの増加分が付与されます。
強化には成功以外に失敗と消滅があります。
成功率を向上させる補助アイテムがあるようです。
 

Pandorasaga

強化に使用する石はマジックルーンジェムとルーンジェムの2種類あり、レベルが1~3まであります。
ジェムのレベルは成功率と強化費用に影響します。1回の強化で1段階しかUPしません。
安全圏は強化時に使用するジェムと補助アイテムで決定されるようです。
たとえば、レベル3ジェムのみならば、+2までは100%成功するが、+3は運になります。
成功率をUPする補助アイテムには、徒弟の金槌、匠の金槌、祝福の金槌などがあります。
レベル3ジェムで強化する場合の安全圏は順に、+3まで100%成功(徒弟の金槌)、+4まで100%成功(匠の金槌)、+5まで100%成功(祝福の金槌)になります。
祝福の金槌を使用した強化の場合は、ジェムのレベルに関係なく+5まで安全に強化できます。
防具と武器で安全圏に相違はなく、課金装備の特徴から、強化は+5以上が要求されます。
強化成功率は、リネージュの場合は一定(武器1/3、防具1/6くらい)ですが、パンドラサーガの場合は強化値ごとに成功率が設定されているようで、強化値が+8や+9というのは神がかりな確率になります。
あと、プレミアム強化チケット(略称:赤チケ)期間中、匠の金槌を使用した強化に限り、「強化成功」、「強化失敗で強化値2ダウン」と「強化失敗で消滅」のどれかが発生します。
赤チケの状態であってもまれに失敗時には消滅が発生する点、強化値がそのままではなく2ダウンしてしまう点がポイントです。

 

鍛錬に必要な費用

バルサーバでの匠の金槌の相場は約9M/本グロッシュになります。(最安8.0M、最高10M)
消滅すると困るような装備を強化する場合、たとえば、「奏でる武器」を強化したい場合、+7にするにはいくらくらいグロッシュが必要かを算出してみます。
 

前提

  • 強化する装備品は期間限定など入手が困難もしくはアイテムショップやゲーム内で高額である

 

方針

  • できるだけ失敗しないように、かつ、費用を抑えれるようにする
  • 強化補助アイテムの中でも入手が困難な「強化油」や「輝きを失った金槌」は使用しない


奏でる武器はアイテムショップで3500円分のパンドラポイントで購入できます。(※期間限定)
ゲーム内通貨ですと未強化品が20M~25Mで販売されていますが、めったに見かけません。
ほしい人はアイテムショップで購入しますし、金策の人は金槌を購入するためでしょう。
※ゲーム内での相場は武器のタイプにより異なります。またランダムオプションに「絶対気絶しない」が付与されているとさらに高額になると予想されます。
 

赤チケ状態

まず、強化に失敗した場合に消滅する確率を低くするために、強化前の準備として赤チケの状態にします。
赤チケの状態にするには、「プレミアムチケット」と「プレミアム強化チケット」の2種類が必要です。
どちらも、ゲーム内の箱かアイテムショップから入手は可能です。
あと、アイテムショップで「プレミアムチケット」の7日間と30日間が販売されていますが、「プレミアム強化チケット」はキャンペーン中しか販売されずトレード不可なため、通常は箱から調達するしかありません。

プレミアム強化チケットがゲット可能な箱は、「世界を束ねし箱」(通称:金箱)で、箱の入手はドロップになります。
この箱を開けるには「万物を繋ぎし鍵」といわれる専用の鍵が必要になります。鍵の入手はドロップもしくは課金ショップです。
どうせ金箱を開けるのであれば、多数の箱を開けて、いっしょに、「1日プレミアムチケット」もしくは「7日プレミアムチケット」を狙うのがベストチョイスだと思います。
そのほか、全能の香油などもゲットできるかもしれません。

箱をあけるための鍵はトレード不可のため露店販売はされていませんので、自分でドロップするかアイテムショップで購入となります。
鍵はアイテムショップで50円/本(セットだと12本で500円)で販売されています。
 

+3までの強化

奏でる武器の場合は、「虹のルーンジェム」で強化しなければ武器のオプション効果が付与されません。
「虹のルーンジェム」のレベル3は「トルマリン」になります。
現在、キャンペーン中なので奏でる武器を課金ショップで購入した場合は「トルマリン」が2つおまけで付いてきます。

未強化から+1への強化には、レベル2ジェムのみで100%成功します。
レベル2ジェムの入手はドロップ品からになります。

次の+2への強化はレベル3ジェムのみで100%成功します。

その次の+3への強化では、ジェムのみで成功確率を100%にすることはできません。
安い装備を強化するのであれば、レベル2ジェムやレベル3ジェムのみで十分なのですが、高額品となるとそう安易に強化はできません。
レベル3ジェムであればほぼ成功するはずですが、まれに失敗します。
たまたまかもしれませんが、課金装備など大事な装備に限ってよく失敗します。

レベル3ジェムと一緒に以下の補助アイテムを使用することで+3への強化の成功率を100%にすることができます。

  • 「徒弟の金槌」(相場3M前後)
  • 「匠の金槌」(相場8M~9M)
  • 「祝福の金槌」(相場18M~20M)
  • 「輝きを失った金槌」(販売・トレード不可)


もっとも割安なのは「輝きを失った金槌」を使用する方法です。
このアイテムは強化値+3まで100%成功させることができますが、トレード不可かつキャンペーンでプレゼントされた人しか所持していないため入手が困難です。
もっているのであれば、所持しているアカウントでしか使用できないので使うべきです。

もっと安い方法で100%成功になるので「祝福の金槌」を+3強化で使用するのは得策ではありません。

アイテムの入手のし易さや相場から価格を考えると「徒弟の金槌」を使用するのがベストになります。
「徒弟の金槌」は露店もしくは各国の奥の狩場でドロップする箱から低確率で入手できます。
※箱を開けるには専用の鍵が必要になります。なお鍵はトレード不可です。
 

+4と+5の強化

次の+4にするために、どの補助アイテムを使うかですが、一般的には「匠の金槌」という選択になると思います。
レベル3ジェム+「匠の金槌」を使用すれば、+4へは100%成功します。

問題は次の+5への強化です。
レベル3ジェム+「匠の金槌」を使っての強化で、今までどおり「成功しやすい」と表示されているかと思いますが、成功率は100%ではありません。
失敗すると強化値が2ダウンして+2に戻ってしまう可能性と最悪は消滅してしてしまう可能性があります。

レベル3ジェム+「祝福の金槌」で100%成功します。
目標が+5強化までであればそれがベストかもしれませんが、「祝福の金槌」の相場が「匠の金槌」の2倍以上していますので、+6以上にする場合はお勧めできません。
 

+7までの強化

+5まで一発成功している状態になっています。
+5までの強化では、補助アイテムによりなんとか成功率を100%にする方法がありましたが、+6以上はその方法がありません。
※今なら+6までの強化を絶対成功させることのできる白油が存在しますが、入手はきわめて困難です。相場はどんどん高騰しています。

レベル3ジェム+「匠の金槌」を使った強化の場合、ここではじめて「やや成功しにくい」と表示が変化します。
+5への強化同様、+6への強化も成功率は100%ではありません。
そして、成功率は先ほどより低くなっています。
※リネージュ2の場合の強化値に関係なく成功率は固定なため、成功が連続する確率になりますが、パンドラサーガは強化値に応じた成功率が設定されている模様です。
体感での成功率は1/3程度だと感じましたが、失敗するときは失敗しますし、成功するときは成功します。としかいえません。

ここで運悪く失敗すると、+3へ強化値がダウンするか消滅します。
+3にダウンした場合は、ここまでやったようにまた強化補助アイテムの消費が発生します。
ただ、運が悪いと+5の強化までにダウンしてしまったり、+6再チャレンジでもまたダウンしてします。さらに最悪ケースは消滅してしまうことです。
このループを繰り返しているとあっという間に50Mくらいは飛んでいきます。
これは次の+7への強化でもいえることです。

運よく+6になったとして、次は、+7への強化です。
ここまでくると、1発成功以外は、50M以上の出費になっているかと思います。
途中で「祝福の金槌」を使っているともっと高額になります。
軍資金がなくなってここであきらめる場合もあるし、あまりに運が悪いと思ったら別の日に延期してもよいかと思います。

とりあえず、課金武器であれば、+5以上ならその恩恵は少量でもあります。
奏でる武器であれば、エフェクトも表示されますのでそれなりの充実感があるので悪くはないと思います。

+7への強化成功率は、体感では1/5くらいです。
この1/5(20%)を低いと思うか高いと思うかは、個人の判断かと思いますが、私は低いと感じます。

ストレートで+6強化までたどり着いたとして、ざっくり、600K(ジェム4個)+27M(匠の金槌3本)+3M(徒弟の金槌)+240K(強化手数料6回)で約31Mを消費しています。

+7チャレンジで約40M(31M+強化1回分)必要です。
運よく成功すれば、目標達成!!となります。

失敗すれば、+4にダウンもしくは消滅です。
 

ストレートで+7まで強化できた場合の費用

プレミアム30日チケット   トレード不可?? 1980pp
プレミアム強化チケット   トレード不可 3500pp (販売期間限定)
※トレード不可
奏武器の価格   20M~25Mグロッシュ 3500pp (販売期間限定)
ジェム代(レベル3ジェム × 7個)   約1Mグロッシュ(150K × 7個) マイレージ1500p (トルマリン10個セット)
強化補助アイテム(徒弟の金槌1本、匠の金槌4本)   39.5Mグロッシュ(3.5M + 9×4本) 6000pp (匠の金槌5本セット)
強化手数料(強化回数7回分)   280Kグロッシュ(40000×7回) -


グロッシュ換算で61M~66M(鍛錬装備込み)、現金換算で13000円と算出されました。
以上はストレートの場合でめったにないベーストケースであり極レアケースといえます。
 

鍛錬には失敗がつきもの

+6以上の鍛錬はかならず成功するわけではありませんので失敗は必ずあります。
その失敗分を算出する場合、様々なケースが想定できますので費用を産出するのは容易ではありません。
最悪なケースは何回鍛錬しても成功しないケースで費用は∞といえます。

以下は、赤チケ期間中に+6までの鍛錬はストーレートで成功し、+7に5回目で成功した場合で費用を算出してみました。
+5や+6強化までは割りとストレートで進むケースが多いですが、2ダウンするとループするケースも多いように思います。
※消滅していない点、+6まではストレートで成功している点である意味ラッキーなケースともとれます。+7チャレンジを5回もできるだけ精神的にもGoodです。
 

+6までストレートでの鍛錬に必要な費用   約31Mグロッシュ
+4以上の場合の1回の鍛錬に必要な費用   約9Mグロッシュ
+6に戻すのに必要な費用   約72Mグロッシュ(約9M×8回)
5回目の+7チャレンジに必要な費用   約9Mグロッシュ
合計   約112Mグロッシュ

+7チャレンジのみ4回失敗し5回目で成功したとして算出すると、+4に4回ダウンしたことになりますので、5回目のチャレンジまでで強化8回分の費用+5回目の7チャレンジ強化費用となります。
+6までストレートにする費用+強化8回分の費用+5回目の強化費用(31M+72M+9M=112M)がこの場合の総費用です。


ある意味、最悪ケースですが、112M消費してしまいます。逆に、ベストケースなら約40M。
その差額分だけで課金+7装備が買えてしまいそうな額です。
 

リペアシステム

プレミアムチケや赤チケ期間であっても、鍛錬で失敗し装備が壊れてしまう確率はゼロではありません。
万が一壊れて消滅してしまった場合の復旧手段としてリペアシステムがあります。
鍛錬に失敗するとその残骸がインベントリに残りますので、リペアチケットといっしょに使って修復が可能です。
しかし、リペアチケットには何種類かあり、それぞれ復旧成功率、復旧できる装備の鍛錬値や復旧後の状態がことなります。
どのチケットでも、装備に付与していた魂は消滅してしまいますので、鍛錬前には魂を抜いた状態でチャレンジするのが一般的です。
 

リペアチケットライト 演習ポイントと交換で入手できます。
露店での相場は約20Mです。
復旧成功率は15%程度です。
リペアチケットZERO アイテムショップにて常時入手可能です。
価格は3000pp
強化値は+0の状態で復旧できます。
強化値の制限はなく復旧に使用できます。
復旧成功率は100%??。
※使用可能期限なし
リペアチケットST アイテムショップにて常時入手可能です。
価格は3000pp
強化値はそのまま復旧できます。
強化値+5までの復旧に使用できます。
復旧成功率は100%??。
※トレード不可
※使用可能期限なし
リペアチケット アイテムショップにて期間限定で入手可能です。
価格は5000pp
強化値はそのまま復旧できます。
強化値+6までの復旧に使用できます。
復旧成功率は100%??。
※使用可能期限あり
リペアチケットEX アイテムショップにて期間限定で入手可能です。
価格は15000PP
強化値はそのまま復旧できます。
強化値+7までの復旧に使用できます。
復旧成功率は100%??。
※使用可能期限あり


消滅した場合も現金の回収を行うシステムが存在するということです。


上の鍛錬では消滅をできるだけ回避したくて赤チケ状態を想定して費用を産出しましたが、この方法が必ずしもお徳ではありません。
経験談ですが、+4→+5、+5→+6や+6→+7の鍛錬で2段階鍛錬値がダウンした場合、元に戻すには匠の金槌が1~2本必要になります。
戻した状態で鍛錬をやめれる人はいませんので、再チャレンジをする分を含めると+1本必要です。

最悪ループになるとダウン分を戻すための費用さえ無駄に思えることがありますので、逆に、失敗した場合はリペアシステムを利用すると割り切ったほうが、結果的に費用を抑えれることもあります。
ただし、リペアシステムを使用するには現金が必要になりますのでその点がデメリットかもしれません。
+6以上の高鍛錬品のリペアには、期間限定のリペアチケットが必要になるので、販売期間中に入手しておくのも手段としてはありだと思います。

都市伝説的なもの
鍛錬の成功率にはいろいろと説があります。

  • 鍛錬キャンペーン中は確率が低い
  • 生贄を用意すれば成功しやすい
  • 虹ジェムを使うと成功しやすい
  • メンテ明け後は成功しやすい
  • 運営が成功率を調整している
  • 鍛錬するNPCによって成功率がことなる

などなどいろいろです。
事実はわかりませんが、体験をベースに記載すると・・・

以前、+7メイトキング手や+7狂両手剣を作成したときの話ですが、最初に準備したのは未強化品手2個です。
匠ガチャなどのキャンペーン期間を利用して、金槌を入手して鍛錬しました。

消滅を懸念して赤チケ期間中に鍛錬しました。(※赤チケはキャンペーンでもらったものを使用)
+6まではストレートでいきましたが、+7チャレンジでどちらもダウンし、再度、+6にする途中に片方は+4でさらにダウン、そして、次に+5で消滅。
残る1個を再度+7チャレンジしましたが、またまたダウン。
これを+5にするときにまたダウン。
さらに+6までにして3度目の+7チャレンジで消滅。
鍛錬するアイテムがなくなったので、露店で3個購入。
これまでは、光強化にかかわらず、+1以外はすべて虹ジェムを使用していました。
あまりの成功率の悪さからジェムをすべて光に変更し、+6までストレートで強化して倉庫へ保管。

手が全部で3個用意できたので、未強化の2個を鍛錬しすべてをストレートで+6にできました。
最初の1個の結果で様子を見ようと+7チャレンジすると成功。
あとの2つは7にしなくてもいいと思いとりあえず倉庫に保管。
そのうち、闇両手斧2本が手に入ったので生贄に、倉庫にあった+6手2個とインベントリにあった+6靴、さらにたまたま露店で目に付いて買った狂両手剣を鍛錬することに、
手と靴はすでに7があるので、本命は狂両手剣です。
闇両手斧はジェムのみで先に1段階ずつ順番に鍛錬し、一本は+3チャレンジで消滅、もう1本は+5チャレンジで消滅。
鍛錬の窓を閉じずにそのまま継続
そして、狂両手剣を鍛錬しストレートで+6になりました。
これで手靴両手剣あわせて+6が4品。
いよいよ+7チャレンジ!
まず靴がダウン、その次、手が7成功、もう1つの手も7成功、成功が続きすぎているので迷いましたが、好機と判断して鍛錬することに
結果、両手剣も7成功。

自分の中でのジンクス的なもの

  • 倉庫に一旦保管すると成功率がよくなるかも
  • ジェムの種類を変えると波が変わるかも
  • 一度に4個以上の鍛錬をすると7は成功しやすいかも
  • レンスポンスが軽い状態が割りといいかも
  • ログイン画面のキャラクター一覧で一番上のキャラクターで鍛錬すると割りといいかも
  • 1日の中で運気のよい時間帯があるので、その時間に鍛錬する
  • 強引にやると必ずよい結果にならない

といった感じです。

グロッシュがいっぱいあるからとか金槌がいっぱいあるから7になると気分がのらないのに鍛錬するとすべてを消費してしまう結果になりかねません。
最初の手2個を鍛錬したときがそういった状況でした。170Mグロッシュあるしー金槌14本あるしーでもやもやしながら鍛錬して泥沼に・・・
残ったのは残骸のみ・・・
 

パンドラサーガの傾向

強化に必要な費用は失敗回数に左右されますが、ストレートで成功した場合はどの装備でもほぼ同じですが、流通量や効果でその相場価格は大きく変動します。

露店販売品をみると+7強化の場合で20M台~200Mくらいまでの価格差があります。
その差、なんと10倍です。

何を強化するかは慎重に選択しないといけないのかもしれません。

ただ、最近の傾向としては、自分で強化する人が少なくなったことでしょうか
一方で金策のために、強化に必要な課金装備自体や強化補助アイテムを販売する人が増えています。
そして、売れればさらに値上げをしていっているようで、どんどん高騰していっています。

リスクを負わず確実にグロッシュを貯めるのはよいとして、その貯めたグロッシュの使い方があまりにも利己主義的に思えます。
強化する人がいなければ、手にすることはできないわけですから、常識の範囲で値段交渉するべきだと思います。

露店している売り価格の半額で値段交渉してくるようなメールやWisは正直、非常識な人という認識をもってしまいます。
あまりにひどいのは、スルーしていますが・・・

それにしても、運営の現金回収が度を越えており、末期なのかと思えます。

先日実装された紅装備をみても、ウォリアー系装備はゴールド装備やシルバー装備の色違いで上位装備という。
色を変えるのはたいした手間ではないでしょうが、その装備の強化品をそろえるのにユーザはゲーム内通貨で数百M、課金して自力でゲットしようとすると現金で十うん万?を出費しないといけないわけで、こういう手段をとっているうちはユーザ離れは回避できないと思います。

そして、どんどんと最強装備を実装しています。
その入手方法はガチャです。
1回5000ppするガチャを何回もプレイしなくては、自分でそろえることはできません。
そういうプレイヤーが好む装備は、時としてゲームバランスを崩壊させてしまいます。

これはパンドラサーガの運営に限らず、カードゲームなどでもいえますが、簡単に類似品がつくれる電子データであることをいいことに、ゲームワールドという閉鎖領域にウィルスとワクチンを次から次へと送りこみ、無駄に価値を高めようと必死さが伝わります。
金儲けだけに固執している姿勢が問題であると思います。

カテゴリ

パンドラサーガ

タグ

鍛錬