Hyper-V リモートPC側の設定

Hyper-VサーバをGUIで管理するためのリモート管理ツール(Hyper-Vマネージャ)の導入です。

今回、Windows Server Coreと同じくGUI機能がないHyper-V Server 2008R2を導入したためこの作業が必要になります。
コマンドだけの操作は不可能ではないでしょうが、かなり敷居が高くなると思います。
そこで、GUI機能が搭載されているOSにこのリモート管理ツールを導入することで、Hyper-VをGUI操作することが可能になります。
 
仮想マシンの作成や操作はこの管理ツールで行うことができます。
Hyper-Vサーバ自体(Hyper-V機能以外の部分)はリモートデスクトップを使用し遠隔操作できます。


以降はリモートPC側で作業をします。


1.Hyper-Vマネージャのインストール

  リモートPCは、Windows Vista Ultimate x64 SP2を使用しました。

  (1)Windows Vista for x64-based Systems 用の Hyper-V リモート管理更新プログラム (KB952627)をインストール

  (2)Windows Vista Service Pack 2 管理ツール for Hyper-V for x64-based Systems 用更新プログラム (KB970203)をインストール

  インストールが終了すると、Vistaの場合は「コントロールパネル」⇒「システムとメンテナンス」⇒「管理ツール」の中に「Hyper-Vマネージャ」が作成されます。
※この段階ではまだHyper-Vサーバへの接続はできないはずです。

2.設定

 
※ワークグループ環境の場合に実施します。ActiveDirectory環境の場合はその制限によります。

 (1)接続用ユーザの作成(Optional)
Hyper-Vサーバへ接続するための管理者権限のあるアカウントを作成します。
※クライアントPCでログインしているユーザが管理者権限のあるアカウントであり、サーバ側のアカウント作成で同じ名前&パスワードにしてあるのであれば不要

(2)DCOMのセキュリティ設定を変更
DCOM(Distributed COM)に対するAnonymous(匿名)アクセスを許可します。
①[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]をクリックし、「Dcomcnfg.exe」と入力します。
②[コンポーネント サービス]で、[コンソール ルート]をクリックし、[コンポーネント サービス]、[コンピュータ]の順に展開して、[マイ コンピュータ]をクリックします。[操作]メ ニューの[プロパティ]をクリックします。
③[マイ コンピュータのプロパティ]ダイアログ ボックスの[COM セキュリティ]タブにある[アクセス許可]セクションで、[制限の編集]をクリックします。
④「アクセス許可」の「グループ名またはユーザ名」で「ANONYMOUS LOGON」を選択し、「ANONYMOUS LOGONのアクセス許可」で「リモートアクセス」を許可にチェックします。

⑤[OK]を 2 回クリックし、[コンピュータの管理]を閉じます。
 ※詳細な手順は、「OSSのインストールその前に(その5) Hyper-V Server 2008 R2の管理クライアントの設定」を参照してください。 




3.接続

  実際にHyper-Vサーバへ接続できるかを確認します。
  接続には、Hyper-VサーバのIPアドレス、ユーザ名とパスワードが必要です。
  セキュリティソフトの影響で接続ができないケースも考えられますのでその点もチェックしてください。




この画面で仮想マシンの作成などの操作を行います。