Hyper-V 仮想マシンの導入

Hyper-Vマネージャとリモート接続にてリモートPCからHyper-Vサーバが操作できるようになっています。
ここでは、Hyper-Vサーバに仮想マシンを作成し、ゲストOSをインストールします。

ゲストOSは、Windows Home Server 2011RC と Windows Vista Home Premium x86 SP2の2つです。
Vista Home PremiumはHyper-V2.0のサポート対象外ですので機能・性能は期待できませんがインストールはできます。

今回は2つのゲストOSをインストールしますので、以下の手順を2回繰り返します。


1.仮想マシンの作成

  環境は、 Hyper-Vマネージャ接続用とゲストOS接続用で分けるようにネットワークポートは2ポートにしてあります。
  IPアドレスはDHCPサーバから静的に割り振るようにしています。
  ネットワーク設定は、「外部」を使用します。

  ※ネットワークが1ポートの場合、「外部」にすると(設定時に一瞬切断されるのは仕様ですが)その瞬間からリモート接続できなくなりました。症状は一定ではありませんでしたので、設定が不安定なのかもしれません。仮にうまくいったようでもゲストOSインストール時に切断されてしまいました。一旦、仮想マシンのネットワーク構成を削除すれば復旧する場合もあればHyper-Vサービス自体も起動できなくなり、Hyper-Vの再構成(Hyper-Vサーバを再インストール)からやるはめになりました。前者の場合に便利なのが「仮想ネットワークの作成/変更ソフト」です。Hyper-Vサーバ上で使用できるようにしておけば役立つケースが多々あります。
 
  仮想マシンの新規作成手順の概略です。
  (1)開始する前に
  (2)仮想マシンの名前と場所の指定
  (3)メモリの割り当て
  (4)ネットワークの構成
※Hyper-Vマネージャの接続に使用しているネットワークアダプタを仮想ネットワーク用に選択すると上記のように接続できなくなりました。
  (5)ハードディスクの接続
  (6)インストールオプション
  設定値はあとから変更可能ですが、私の場合は、ネットワーク構成とハードディスク構成は事前に作成しておき新規作成ウィザードを実行しました。


2.ゲストOSのインストール

  通常のOSインストールと同じです。ISOイメージからもインストールが可能です。
  ゲストOS導入後のHyper-Vマネージャの画面です。ゲストOSも稼動しています。
  HV012

 
ゲストOSインストール後のデバイスマネージャ画面
①Vista Home Premium x86 SP2 ②Windows Home Server 2011RC
HV014 HV016


3.ネットワーク構成の詳細

  「仮想ネットワークの作成/変更ソフト」を使用した出力画面を掲載しておきます。
 
Realtek RTL8169/8110 Family PCI Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20) Hyper-Vサーバ用
Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller 仮想ネットワーク用

  ※統合コンポーネントを導入できない(Hyper-Vサポート外のOS)の場合や統合コンポーネントを導入前にOSをインストールする場合は、仮想ネットワーク作成時にレガシーネットワークアダプタを選択。


  (1)「外部仮想ネットワーク」を作成前 

  ①ipconfigの出力画面
  D:\tools>ipconfig /all
  
Windows IP 構成
 
   ホスト名 . . . . . . . . . . . . : HYPERV
   プライマリ DNS サフィックス . . . . . . . :
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . . : ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . : いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . : いいえ
 
イーサネット アダプター ローカル エリア接続 2:
 
   接続固有の DNS サフィックス . . . :
   説明. . . . . . . . . . . . . . . : Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller
   物理アドレス. . . . . . . . . . . : 00-1E-XX-XX-XX-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . : いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . : はい
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::xxxx:xxxx:xxxx:5b29%24(優先)
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.182(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.224
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.XXX.161
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 4xxxxxxxx
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.193
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . : 有効
 
イーサネット アダプター ローカル エリア接続:
 
   接続固有の DNS サフィックス . . . :
   説明. . . . . . . . . . . . . . . : Realtek RTL8169/8110 Family PCI Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)
   物理アドレス. . . . . . . . . . . : 00-24-XX-XX-XX-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . : いいえ
   自動構成有効. . . . . . . . . . . : はい
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::xxxx:xxxx:xxxx:f52e%4(優先)
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.180(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.224
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.XXX.161
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 6xxxxxxxx
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.193
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . : 有効
 
  ②hv_sw.batの出力画面

d:\tools>hv_sw.bat -adapters
 
---- adapters on HostOS
1: nicName = 'ローカル エリア接続'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {9CCA9577-35D8-4F85-9F99-8CE86D5785DE}
   Device  = 'Realtek RTL8169/8110 Family PCI Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)'
   MAC     = 00-24-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = False
   IPAddress = 192.168.XXX.180 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:f52e mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=1
2: nicName = 'ローカル エリア接続 2'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {87309FAB-3CCC-4BCF-A5CA-F1340D3A1B4E}
   Device  = 'Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller'
   MAC     = 00-1E-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = False
   IPAddress = 192.168.XXX.182 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:5b29 mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=1

  (2)「外部仮想ネットワーク」を作成後
  ①ipconfigの出力画面
D:\tools>ipconfig /all
 
Windows IP 構成
 
   ホスト名 . . . . . . . . . . . . : HYPERV
   プライマリ DNS サフィックス . . . . . . . :
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . . : ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . : いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . : いいえ
   DNS サフィックス検索一覧 . . . . . . : home.local
 
イーサネット アダプター ローカル エリア接続 4:
 
   接続固有の DNS サフィックス . . . : home.local
   説明. . . . . . . . . . . . . . . : Microsoft 仮想ネットワーク スイッチ アダプター
   物理アドレス. . . . . . . . . . . : 00-24-XX-XX-XX-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . : はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . : はい
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::xxxx:xxxx:xxxx:7790%94(優先)
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.169(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.224
   リース取得. . . . . . . . . . . . : 2011年2月23日 18:56:16
   リースの有効期限. . . . . . . . . : 2011年3月3日 18:56:16
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.XXX.161
   DHCP サーバー . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.163
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 15xxxxxxxx
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.193
   プライマリ WINS サーバー. . . . . : 192.168.XXX.163
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . : 有効
 
イーサネット アダプター ローカル エリア接続 2:
 
   接続固有の DNS サフィックス . . . : home.local
   説明. . . . . . . . . . . . . . . : Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller
   物理アドレス. . . . . . . . . . . : 00-1E-XX-XX-XX-XX
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . : はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . : はい
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::xxxx:xxxx:xxxx:a502%24(優先)
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.172(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.224
   リース取得. . . . . . . . . . . . : 2011年2月23日 18:47:36
   リースの有効期限. . . . . . . . . : 2011年3月3日 18:47:36
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.XXX.161
   DHCP サーバー . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.163
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . : 4xxxxxxxx
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . . . : 00-01-00-01-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-58-5E
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . : 192.168.XXX.193
   プライマリ WINS サーバー. . . . . : 192.168.XXX.163
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . : 有効

  ②hv_sw.batの出力画面

D:\tools>hv_sw.bat
 
---- adapters on HostOS
1: nicName = 'ローカル エリア接続'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {B2166CC3-1E81-4DCB-870B-3975D485C7E3}
   Device  = 'Realtek RTL8169/8110 Family PCI Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)'
   MAC     = 00-24-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = True
   IPAddress = 192.168.XXX.169 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:3b45 mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=0
2: nicName = 'ローカル エリア接続 2'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {EB382F52-6FA8-4281-8462-6DEE9A4AE25F}
   Device  = 'Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller'
   MAC     = 00-1E-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = False
3: nicName = 'ローカル エリア接続 4'  (VirtualNIC)
   GUID    = {33E62997-1A1C-4A24-8AE0-3A5829E3B1B4}
   Device  = '外部仮想ネットワーク'
   MAC     = 00-1E-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = True
   IPAddress = 192.168.XXX.172 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:c618 mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=0
---- virtual switches
1: vswName = '外部仮想ネットワーク'
      GUID = 919a6f16-9285-454b-b51c-47a1a3738b90
   port = a3d84e38-7e36-4c9b-b5c2-76b629a33d3b
   => endpoint = 752bce8d-aaf8-4a6f-8f51-76fc24d90d42
       Virtual NIC = '外部仮想ネットワーク'
              GUID = {33E62997-1A1C-4A24-8AE0-3A5829E3B1B4}
           nicName = 'ローカル エリア接続 4'
               MAC = 00-1E-XX-XX-XX-XX
            status = 2(Connected)
   port = 5eee0be5-ec57-47eb-b4bf-7d325dded663
   => endpoint = /DEVICE/{EB382F52-6FA8-4281-8462-6DEE9A4AE25F}
      Physical NIC = 'Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller'
              GUID = {EB382F52-6FA8-4281-8462-6DEE9A4AE25F}
           nicName = 'ローカル エリア接続 2'
               MAC = 00-1E-XX-XX-XX-XX
            status = 2(Connected)
 
  (3)接続できなくなる例
   ①「ローカルエリア接続」(Hyper-V用)のアダプタに「外部仮想ネットワーク」を設定した場合のhv_sw.batの出力画面
d:\tools>hv_sw.bat
 
---- adapters on HostOS
1: nicName = 'ローカル エリア接続'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {9CCA9577-35D8-4F85-9F99-8CE86D5785DE}
   Device  = 'Realtek RTL8169/8110 Family PCI Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)'
   MAC     = 00-24-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = False
2: nicName = 'ローカル エリア接続 2'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {87309FAB-3CCC-4BCF-A5CA-F1340D3A1B4E}
   Device  = 'Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller'
   MAC     = 00-1E-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = False
   IPAddress = 192.168.XXX.182 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:5b29 mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=1
2: nicName = 'ローカル エリア接続 4'  (VirtualNIC)
   GUID    = {EE78B163-595F-483F-A75C-0B630016334A}
   Device  = '外部仮想ネットワーク'
   MAC     = 00-24-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = False
   IPAddress = 192.168.XXX.181 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:e609 mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=1
---- virtual switches
1: vswName = '外部仮想ネットワーク'
      GUID = 5a45bf11-4096-4db7-9ae6-28f3179b7016
   port = 1ee8bee3-5704-4f32-ad21-cab89a3dd5ee
   => endpoint = dc42b969-a034-402e-8b80-5b2aa46b7424
       Virtual NIC = '外部仮想ネットワーク'
              GUID = {EE78B163-595F-483F-A75C-0B630016334A}
           nicName = 'ローカル エリア接続 4'
               MAC = 00-24-XX-XX-XX-XX
            status = 2(Connected)
   port = 634b7c52-5a5b-4271-a108-fd75342ece9c
   => endpoint = /DEVICE/{9CCA9577-35D8-4F85-9F99-8CE86D5785DE}
      Physical NIC = 'Realtek RTL8169/8110 Family PCI Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)'
              GUID = {9CCA9577-35D8-4F85-9F99-8CE86D5785DE}
           nicName = 'ローカル エリア接続'
               MAC = 00-24-A5-84-58-5E
            status = 2(Connected)
 
②hv_sw.batで外部仮想ネットワーク(仮想スイッチ)を削除 
d:\tools>hv_sw.bat -deleteSW=5a45bf11-4096-4db7-9ae6-28f3179b7016

③削除後のhv_sw.batの出力画面
d:\tools>hv_sw.bat -adapters
 
---- adapters on HostOS
1: nicName = 'ローカル エリア接続'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {9CCA9577-35D8-4F85-9F99-8CE86D5785DE}
   Device  = 'Realtek RTL8169/8110 Family PCI Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)'
   MAC     = 00-24-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = False
   IPAddress = 192.168.XXX.180 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:f52e mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=1
2: nicName = 'ローカル エリア接続 2'  (PhysicalNIC)
   GUID    = {87309FAB-3CCC-4BCF-A5CA-F1340D3A1B4E}
   Device  = 'Atheros L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller'
   MAC     = 00-1E-XX-XX-XX-XX
   status  = 2(Connected)
   TCP/IP  = True
   DHCP      = False
   IPAddress = 192.168.XXX.182 mask=255.255.255.224
   IPAddress = fe80::xxxx:xxxx:xxxx:5b29 mask=64
   Gateways  = 192.168.XXX.161 metric=1
 

  4.マイクロソフトHyper-Vの感想

  今回、HTPC用のPCにHyper-V Server(Hyper-V2.0)を導入し、ゲストOSにWindows Home Server 2011RCとWIndows Vista Home Premium x86 SP2を入れてみましたが、統合コンポーネントを導入できれば性能面はあまり気になりませんでした。一方、統合コンポーネントを導入できないVista Home Premiumではマウス操作も難がありました。そもそもHyper-Vは、ビジネスで開発環境やテスト環境を構築するためのものでしょうから、ホームユースでは用途が限られます。WHSと録画サーバの統合のためには別の方法を考えるしかなさそうです。