Lv79からLv80

Lv79になった翌日からイベント「ゆくとしくるとし」が2017年1月4日のメンテまで開催されました。

ゆくとしくるとし

狩りに役立つイベントアイテム

モブからドロップするイベントアイテム:感謝のしるしを集めて、イベントアイテムの製作に使用します。
狩りをサポートするバフアイテム各種を製作できます。

近接殴り職だとチーズケーキ、抹茶ケーキ、チェリーケーキの3種でバフをかけて、HP回復POTはつき餅になると思います。
とにかく感謝のしるしを集めるために低レベル狩場へ行きモブの数を狩ることにしました。
つき餅が4000個以上になったらちょっときつい火山や海底にいって気分転換するといった繰り返しで、イベント終わり時点にはLv79の80%くらいまでいけました。

マス釣り

もう一つが釣りと絡めたイベントです。
専用の竿を購入して釣りをするとマスやニジマスが一定確率で釣れるというもので、NPCとトレードすればいろいろなアイテムがもらえる可能性があるというものです。
しかし、釣りに関しては通常の釣りと同じくアデナ回収のコンテンツでしかないような状況でした。

ニジマスなんて釣れませんし、マスも1日50回釣りをして3から10匹という結果でした。
マスからでるのは通常の釣りの魚(ベリアナ、ブルーベリアナ)か傲慢テレポートスクロールのみでした。
約250Kアデナする釣り竿と約35Kアデナの餌を買ってベリー計算で25Kベリー(約30Kアデナ)程度では、日常の金の釣り竿と同じような結果です。
これでは、アデナがどんどん減っていきます。
ちなみにクラウディアを卒業した時点で所持金は数十Kアデナあればよいほうです。
こんなイベントに新規プレイヤーが参加できるはずもなく明らかに彼らを除外したプレイヤー向けのイベントでした。

マスやニジマスで交換できる防具箱や武器箱から出る可能性のあるアイテム一覧をみてもふざけた内容です。
そもそも+2,+3OE品が当たり前になっている現状で未強化品でかつ溶かすしかないような初期からあるような防具や武器が入っている時点で何がしたいのかと思います。
箱の名称は「感謝の箱」、これはプレイヤーが運営に感謝しろということでしょうか・・・

モブからドロップするイベントアイテムをバフアイテムに交換するだけ済ませたほうがよいイベントでした。
Lv79になった翌日からイベントであったため、人が多いことが予想されるGCにはいかず、できるだけ人がいないかつLv50台のアクモブが沢山いる場所を選びました。
Lv78のときは20分で0.6%~1.0%くらいでしたが、2倍の経験値が必要なLv79では、上記3種のバフアイテムを使用して30分で0.6%~0.8%くらいでした。
経験値のみでいえば、イベントのバフのおかげでなんとかLv80までいけたように思います。

GC1F(タロス)

経験値獲得のためGCへいくと2Fへの階段手前にタロスがいたので降りられず、壁越しに狩り。
GC1F

HD3F(呪われた水の大精霊)

あいかわらずのドロップ
呪われた水の大精霊

日ノ本(牛鬼)

図鑑登録のためいくと牛鬼に襲われ、面倒なので討伐
牛鬼

MLC6F(ネクロマンサー)

3Fでカスパを狩って6Fへ
ネクロマンサー

KoE(カーブ)

海底のある場所で、何度も繰り返しカーブの襲撃。ドロップは空ばかり。
カープ

暗黒竜の傷跡(ダークロード)

図鑑登録のためとダークロードを10回討伐すれば報酬が入るだろうとイベント中なら好機と思い出向きましたが、やっぱりドロップはまずかった。
ダークロード

砂漠(ジャイアントガードアント)

砂漠でいつものように狩りをしていると竜巻が発生する場所にいたようでいきなり飛ばされた場所にジャイアントガードアントがいて襲ってきたので討伐
ジャイアントガードアント

火竜の棲処(火炎の気)

火山でのドロップは1年ぶりですが、すでに冷寒の気ではなくなっていました。
火竜の棲処

ギラン(カウントダウン)

初詣前に画面をみていたらカウントダウンやっていたので撮影
カウントダウン

DV(グレートブラックエルダー)

つき餅がたまったので消化のためDVを散歩
グレートブラックエルダー

火竜の安息の地(ヴァラカス)

ドロップのまずさに嫌気がさしたので気分転換に火竜の安息の地へ。ついでに前回のフェニックス以外がでれば図鑑登録が増えていいなぁと
火竜の安息の地

KoE(初ドロップ?)

空かアデナしかでないまずいまずい海底での初ドロップです。
エヴァの王国4F

HD3F(呪われた水の大精霊)

あいかわらずアデナ約3Kほど。
エヴァの王国3F

日ノ本図鑑報酬(ろくろ首)

予定ではそろそろレベルアップしていたはずですが、経験値稼ぎしかできない狩りに飽きてやる気ダウン。
経験値3%以上くれるようなのでほんとうなのか報酬を受け取ってみました。
図鑑:ろくろ首

日ノ本図鑑報酬(Lv50鵺)

もう1種も使用して98%までアップ。レベルを無理に上げるとレベルアップ後のボーナスエンチャでまた狩りを強制されるのが嫌だったので明日以降にしました。
図鑑:Lv50鵺

SKTC2F(Lv80)

Lv80

ステータスなんて狩り用ナイトだとほぼ同じでしょうからモザイク入れるのはやめました。

今後の目標

まずはSTR60を目指し、そのあと、ダメージ追加とダメージ軽減などが追加できればいいかなぁと思っています。
Lv81までにアクセ周りを見直し、Lv82までに防具を見直し、Lv82でDKセットを脱ぐ予定です。

武器は両手剣メインで属性を変えた何種類かを使い分けれればよいかなぁと思っています。
反逆者の盾を入手して使ってみましたが、ダメージリダクションが発動しても50低減だけで、いくつかのダメージが与えられてしまうため、CBの回避で行くことにしました。
ただ、CBの回避には制限があるので万能ではありません。
今持っている両手剣は、風5段+11カボツーハンドソード(INT)です。
当初は魔法発動で1回空振りするため、魔法発動のたびに1殴り無駄な時間が発生していましたが、これはすでに修正されているようですので特に問題はありません。
+10GGSや+7KV2HSなどと比べて追加打撃オプションが少なく、CB使用時の反撃ダメージも少ないので見劣りするかもしれません。
しかし、破損しないという点と+11という点でメリットもあります。
ただ同じ強化数なら幸運GSのほうがよさそうですが・・・
アンディットのボスを殴るなら幸運GSだと思いますが、普通のアンディットモブなら幸運ダガーで十分です。

購入決定のポイントは属性5段と+11という点です。
これをもし自作しようとすると、属性3段でも運が悪いと100枚以上の属性強化スクが必要になる点と自分の武器OE運は良くない点を考えました。
購入した時から変更になったのが、+10以上は+1追加ダメージが付与される点で、実際には19+13/22+13に追加ダメージ+2になります。
固定分のダメージ値は+7KV2HSよりは上なので満足しています。
ただ、ドラゴンスレイヤーを意識するとKV2HSは持っておきたいとは考えていますがタイミングが難しいです。

防具やアクセはもう課金アイテム(しかも確率で入手)しか選択肢はないようだし、狩りでの消耗品などのドロップもほぼ期待できず、経験値のためだけの狩りでしかないため、非常につまらない!!
ゲーム内で入手できる(ドロップする)装備が使える性能にない(価値がない)という時点ですでにWilloが運営するパンドラサーガと同じレールに乗っかってしまったように思えます。

ナイト技術

実装当時から追加や変更になっている点があるので、現状をメモしておきます。

リダクションアーマー

習得可能レベル 消費MP 消費HP 持続時間 対象 説明
Lv50以上 7 50 192秒 自分 ダメージ軽減(魔法、物理ダメージすべて)
Lv50でダメージ軽減+1、その後は+5レベルごとにダメージ軽減+1
ディレイ3秒

ソリッドキャリッジ

習得可能レベル 消費MP 消費HP 持続時間 対象 説明
Lv50以上 10 100 192秒 自分 遠距離攻撃回避力(ER)+15
盾を装備していなくても使用可能
ディレイ3秒

カウンターバリア

習得可能レベル 消費MP 消費HP 持続時間 対象 説明
Lv50以上 10 100 64秒 1セル内のPCまたはNPC 両手剣装着時のみ
攻撃を受けたときに20%の確率で攻撃を回避しカウンター攻撃を行う
カウンター攻撃ダメージは(武器のBig攻撃最大値+強化数+追加ダメージ) X 2
ディレイ3秒

ショックスタン

習得可能レベル 消費MP 消費HP 持続時間 対象 説明
Lv50以上 13 0 6秒以下 1セル以内のPCまたはNPC 両手剣装着時のみ
相手に130~160のダメージを与え、50%の確率でスタン状態にする
ダメージは回避されることもある。
スタン成功率はレベル差により変動し、MRの影響は受けない。
ディレイ8秒

バウンスアタック

習得可能レベル 消費MP 消費HP 持続時間 対象 説明
Lv60以上 10 60 64秒 自分 近距離武器命中+6
ディレイ3秒

アブソルートブレード

習得可能レベル 消費MP 消費HP 持続時間 対象 説明
Lv80以上 7 0 8秒 自分 アブソルートバリアを破壊可能になる
発動率はLv80から1レベルごとに+1%
最大8%

留意点

ディレイがあるスキルは他の魔法やスキルもディレイ中になり使用できません。
例)ショックスタンを使用しディレイ8秒中はリダクションアーマーを更新したくてもディレイが終わるまでできません。
ナイト技術のほとんどがHPを消費しますので、それぞれの場面にあったスキルを使用しないとHP回復POTの消費が無駄に増加してしまいます。
リダクションアーマーを常用し、モブにあわせてさらに使用するスキルを選択することになると思います。
カウンターバリアで回避できる攻撃は近接物理攻撃のみです。魔法や弓の攻撃は回避できません。

戦況に応じて使用するスキルを選択しないといけない点がナイトの面白いところだと思います。
パッシブスキルが使用できお金をかければ誰でも強くなれるクラスとは別物です。
狩りにもプレイヤースキルが必要になるクラスがナイトだと思います。
火力はありませんけどもー

カテゴリ

リネージュ