RECBOXの初期化

iVDR-S規格HDDカートリッジに内蔵HDDのデータをすべて移動し、RECBOXのシステム初期化を行いました。

現在のファームウェアバージョン
システム初期化前のファームウェアバージョン
 

システムの初期化

システムの初期化

ついでにカートリッジの管理情報をリセットするようにしました。
システムの初期化
 

システムの初期化の最終確認

システムの初期化の最終確認

電源ランプが緑色点滅に変わりシステムの初期化が実行されます。
システム初期化の開始
一旦、ブラウザを終了します。

システムの初期化が完了すると電源ランプが青色点灯になり「ピー」と音がします。
約3分ほどで完了しました。
再度、ブラウザを起動して設定画面にアクセスします。
 

システム初期化後の作業

ファームウェアのバージョンを確認

システムの初期化を実行すると、本体の更新ランプがオレンジ色点灯になっている場合があります。
この場合はファームウェアの最新版があることを示しています。
 

ファームウェアを更新

最新バージョン(システム初期化前のファームウェア)にバージョンアップします。
※システムの初期化により、ファームウェアのバーションが1.65に戻ったため、最新バージョン1.69にバージョンアップします。
ファームウェアの更新(確認)

ファームウェアのダウンロード
ファームウェアの更新(ダウンロード)

ファームウェアの準備
ファームウェアの更新(準備中)

ファームウェアの更新を実行
ファームウェアの更新(更新中)

電源ランプが緑色点滅になります。
更新が完了すると電源ランプが青色点灯に変わり「ピー」と音がします。
 

ファームウェアのバージョンを確認

ファームウェアのバージョンを確認
 

かんたん設定を実行

システムの初期化を実行しましたので、再度、初期設定を行います。
 

名前を決める

RECBOXの名前を設定します。
かんたん設定(名前を決める)
 

アドレスを決める

IPアドレスの設定を行います。
かんたん設定(アドレスを決める)
 

時刻の設定

システムの時刻の設定を行います。
かんたん設定(時刻の設定)
 

設定内容の確認

かんたん設定(設定内容の確認)
 

設定内容の反映

かんたん設定(設定内容の反映)
 

かんたん設定の完了

かんたん設定の完了
 

システム設定の変更

システム設定の表示

システムの初期化を実行すると、システム設定がデフォルトの状態に戻っていますので、詳細設定からシステム設定の変更を行います。
システム設定の変更
 

システム設定の変更内容の確認

システム設定の変更内容の確認
 

システム設定の変更の承諾

カートリッジへの録画を有効にすると承諾の確認画面が表示されます。
システム設定の変更の承諾
 

システム設定の完了

システム設定の完了
 

カートリッジを挿入

システムの初期化後にメニュー表示(バックアップが表示されるか)が変わっているかを確認してみました。
 

非iVDR-S規格HDDカートリッジ(RHDM-500B)を挿入した場合

非iVDR-S規格HDDカートリッジ(RHDM-500B)
 

iVDR-S規格対応HDDカートリッジ(iS1000)を挿入した場合

iVDR-S規格HDDカートリッジ(iS1000)

「バックアップ」ボタンが表示されるようにはなりました。
しかし、システムの初期化は無関係で「詳細設定」→「システム設定」の項目で「カートリッジへの録画」を有効にすると「バックアップ」ボタンが表示されるようです。