GV-MVP/XSWサポートソフト更新


12/24日にサポートソフトVer4.12がでたようです。

変更点の詳細がわからないのですが・・・私の場合はこれで以下が改善すればよいだけです。

1.ポータブルDVDのデバイスドライバが使用不可
2.どこでもmAgicTVのRuntimeエラー

ただ、まれに新たに問題点が発生する場合もあるので必ずしも最新版がいいわけではありません。
数行の説明だけでアップデートするかどうかを判断するのは無理ですので、最悪、もとのバージョンに戻すことも考慮にいれてアップデートしたほうがよさそうです。


2010.12.25 追記

Readmeの手順通りにアップデートを行いましたが、1回目は「gvmvpxsw.dllが見つかりません」でmAgicTV Digitalが起動するものの初期設定すらできずNG。
再度、アップデート手順(アンインストール含む)を実行してエラーは発生せず正常に起動できました。
2回目のときは、mAgicTV Digitalで導入された「Bonjour」と「Microsoft Visual C++ 2005 再配布可能パッケージ
※ファイルサイズが2.37MBのほう」もアンインストールして実施しました。

1回目の失敗の理由は、たまたまインストールに失敗したのか、それとも「Bonjour」と「Microsoft Visual C++ 2005 再配布可能パッケージ」をアンインストールしたのがよかったのかは不明です。

上記、1,2が改善したかというと全く症状は変わりませんでした。

1に関しては、サポートソフトウェアが直接関係しているとは言い切れない点がありますが、きっかけ(トリガー)になったのは間違いありません。
調査するとするとPCI ExpressデバイスのINTとIRQがどう割り振られているか共有がどうなっているのかから当たりをつけていくことになりそうです。
2に関しては、想定外の使い方をしているわけでもなくある条件で使用するとそうなるといういわゆるバグの一種だと思っています。
ただ、その他常駐プログラムなどの影響も否定できないので、環境によっても症状が変わるのかもしれません。