WHSv1でServiio Addinを試す

WHSv1用にServiio Addinが利用できるようになっていたので試してみました。

このアドインは、WHSコンソールからServiioを操作できるようにするもので、アドインを導入後にServiio本体をダウンロード&インストールします。
Serviioはjavaアプリですので、インストール時にjavaもインストールされます。
※アドインはまだベータリリースです。Serviio本体は、最新版の0.5.2が導入されます。

1.アドインの導入
こちらからAddinをダウンロード。

②ダウンロードした「Serviio.WHS.msi」ファイルをWHSの「Software」フォルダに保存。

③WHSコンソールを起動し、「アドイン」の使用可能タブを表示。
serviio_2011061301
②アドインのインストール完了
serviio_2011061302 

2.Serviio本体の導入
※WHSにセキュリティソフトを導入している場合は途中にポップアップメッセージが出る可能性がありますので、リモートデスクトップで接続しておいたほうが良いと思います。
①「Install Serviio」をクリック
serviio_2011061303

②ダウンロードの開始
serviio_2011061304

③セットアップウィザードの開始、「Next」をクリック。
serviio_2011061305

④ライセンス使用許諾、内容を確認してよければ「I Agree」をクリック。
serviio_2011061306

⑤インストール先フォルダの設定、特に理由がなければそのまま「Next」をクリック。
serviio_2011061307

⑥インストールモジュールの選択、特に理由がなければそのまま「Install」をクリック
※WHS Addinを使うのでServiio Consoleは不要かもしれませんがあっても別に害にはならないのでそのまま。
serviio_2011061308

⑦インストールの開始、java ver6が導入されていない場合は導入するようメッセージが表示されます。
今、導入するのであれば、「はい」をクリック。
※ここで導入されるのは最新版ではありませんので後でUpdateが行われます。
serviio_2011061309

⑧セットアップウィザードの終了、「Finish」をクリック
serviio_2011061310

⑨導入後のServiio Addin画面
※profile.xmlでデバイスと一致したDeviceProfileが使用されます。
※「Generate DLNA profile」はServiio標準(個別プロファイルではない)です。
serviio_2011061311

3.セキュリティソフトの設定
先日、WHSにCOMODOを導入したので、Serviio導入後に以下のポップアップメッセージが表示されました。
選択がされるまではDefense+の仮想実行で動作するようです。
①ServiioService.exeがファイルを作成するのを許可、「許可」をクリック
※今後も同じ処理をするにチェックがあることを確認
serviio_2011061315

②ServiioService.exeがi4jdel0.exeを実行することを許可、「許可」をクリック
serviio_2011061316

③ServiioService.exeがjava.exeを実行することを許可、「許可」をクリック
serviio_2011061318

④ServiioService.exeがffmpeg.exeを実行することを許可
serviio_2011061319


4.設定
Serviio標準のデバイスプロファイルのままでは、「DiXiM TV」ではすべてのビデオコンテンツが再生できません。
トランスコードができるように「DiXiM TV」用のプロファイルを追加しました。
※このあたりのことは、「Serviio」に記載。

①Device & Status
※Device Profileは個別に手動で選択できます。
※画面右上の「Started」「Stop Service」でServiio Service.exe自体をコントロールできます。
serviio_2011061320

②Library & Presentation
※画面右下の「Presentation Options」でDLNAクライアント側へのフォルダ表示を変更できます。
serviio_2011061312

③Advanced Options -> Metadata Options
serviio_2011061313

④Advanced Options -> Transcoding Options
※テンポラリフォルダをCドライブからDドライブへ変更
※「View Serviio LogFile」で稼動ログを参照できます。
※「Edit Serviio ProfileFile」でprofile.xmlを編集できます。
serviio_2011061314

5.感想
①ServiioService.exeのコントロールが右上のボタンでできるので便利です。
②わざわざファイルブラウザを操作しなくてもserviio.logやprofile.xmlを開くボタンがあるので便利です。
すべてをWHSコンソールで操作できるわけではありませんが、通常の運用では十分な機能があるので重宝しそうです。