メインコンテンツに移動

Windows 8でカスペルスキーインターネットセキュリティ 2013

ずっとカスペルスキーインターネットセキュリティを利用していましたが、2月でライセンス更新時期になりました。

2012のときは、1年3台番をパッケージ購入しましたが、今回は1年プライベート版にしました。

1年プライベート版であれば、台数制限がありませんし、カスペルスキーはマルチプラットフォームでの使用が可能になっているため、WindowsPC以外にもインストールが可能です。
たとえば、昨年購入したスマホにもインストール可能です。
auスマートパスでウィルスバスター fo auが使えますので必要性はありませんが、日々、状況は変化していますので、より安全性が高いほうを利用するという選択ができます。
また、Windows搭載PCは3台所有していますが、OSのライセンスは2台分余っている状態ですのでもし、これらを稼動させた場合には昨年までの1年3台版では追加投資が必要になってしまいます。
そのため、今回は1台プライベート版をダウンロード購入しました。
※購入の際は「カスペルスキー 2013 マルチプラットフォーム セキュリティ」です。

今ならキャッシュバックキャンペーン中ですので、所定の手続きをすれば格安で購入ができます。
※キャッシュバックキャンペーンについての詳細はこちらです。

さらに、Windows 8にも対応しているようなので安心して利用できそうです。
※Windows 8対応についてはこちらです。

以下はWindows Vistaでの画像です。
カスペルスキー インターネットセキュリティ 2013
 

カスペルスキーインターネットセキュリティ 2013のインストール(ダウンロード版)

以下はWindows 8にインストールしたときの手順です。
 

1.ダウンロードしたセットアップファイルを起動します。

自動解凍後、インストールプログラムが起動されます。
 

2.新バージョンのチェック

新バージョンのチェック
 

3.インストールの開始

インストールの開始

インストール中の画面です。
インストール実行中
 

4.インストールの完了

インストールの完了
 

「Kaspersky Now」のインストールに関して

「Kaspersky Now」はModernUIでKasperskyの状態を表示するツールのようで、Windows8用アプリです。
画面上のボタンをクリックするとWindows ストアに移動しますが、「Kaspersky Now」が見つからないためインストールは不可能です。
日本語に対応していないためか、Kaspersky Labの試験的なツールだったためなのか、現在は見つかりませんでした。
 

5.アクティベーションの実行

アクティベーションの実行
 

6.データベースの更新

データベースの更新

以上でカスペルスキーを使用する準備が整いました。

※インストール後、早期に完全スキャンを実行しておくべきです。

カスペルスキーをインストール後にDiXiM Digital TV plus for I-O DATA が異常終了するするようになりました。
前にも同事象が発生しましたが、再インストールでも改善しないためリフレッシュを実行し、アプリを再導入しました。
ログインアカウントをローカルアカウントからWindows Liveアカウントへの切り替えを行ったためなのか、原因を現在、調査中です。