デジタル放送の録画番組の再生

再生にはMedia Playerの機能が必要です。
ネットワークを利用する場合はDLNAでいうDigital Media PlayerまたはDigital Media Rendererの機能が必要です。

さらにデジタル放送の録画番組の再生にはコピーガード対応でなければなりません。
このコピーガードは、それぞれのデバイスおよびその経路で必要であり、データを暗号化することで不正コピーを防止しています。

関連する用語
  • DRM(Digital Rights Management)
  • HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)
  • COPP(Certified Output Protection Protocol)
  • CPRM(Content Protection for Recordable Media)
  • AACS(Advanced Access Content System)
  • CSS(Content Scramble System)
  • DTCP(Digital Transmission Content Protection)

詳細はコピーガードを参照してください。

我が家でデジタル放送の録画番組を再生する機会があるのは以下の通りです。

DIGA DMR-BWT660で再生

レコーダの内蔵HDDにある録画番組の再生と「家じゅう」からアクセスできるDigital Media Server(DMS)からのネットワーク配信による再生の2通りがあります。
本機はDTCP-IP対応ですので、他のDTCP-IP対応DMSからのネットワーク配信(DTCP-IP配信)による再生も可能です。
もちろん著作権保護のないコンテンツの再生も可能です。

内蔵HDDにある番組再生ではチャプターが機能しますが、ネットワーク配信による再生ではチャプターが機能しません。

Xperia ZL2/Z Ultra/Z4 Tablet(Android OS 6.x以前)

どの機種もDTCP-IP対応の「ビデオ」アプリが標準で利用可能です。
TV番組などとも連携した「Video & TV Side View 」も標準で利用可能です。

以前はDIGA DMR-BWT660からのネットワーク配信による再生の場合に限り、ネットワークエラーが発生していましたが、現在は問題なく利用できています。

ビデオアプリから再生した場合は対応ファイルフォーマット以外の再生はできません。
Video & TV Side Viewから再生した場合は、再生するファイルフォーマットによってPlayerを選択できる場合があります。
このとき、MX Playerなどをインストールしていれば、MX Playerで再生が可能です。
※MX Playerは多くのファイルフォーマットをサポートしていますが、無料版を単体で利用すると広告の表示が煩わしいです。
ただし、デジタル放送の録画番組の場合はビデオアプリで強制的に再生します。

たとえば、ホームビデオのような著作権保護がないビデオコンテンツをデジタル放送の録画番組と同じMPEG-TS形式で作成した場合、DLNAのプロファイルにはMPEG-TSに関してはおそらくDTCP-IP(暗号化)のプロファイルしかないのでビデオアプリで再生しようとしても再生できません。
また、Video & TV Side Viewから再生してもMPEG-TS形式(拡張子が.tsや.m2tsなど)はビデオアプリで再生しようとするので結果は同じです。
プレイヤーを選択するメニューは表示されませんのでMX Playerを選択することはできません。

著作権保護がないビデオコンテンツ、たとえば、アナログ時代の録画番組などはMP4(映像:H.264/AVC,音声:AAC)形式に変換しておくと互換性が向上します。
AVI形式はネットワーク配信には不向きです。
MP4形式以外ではMatroska(MKV)形式でも良いと思います。
互換性を気にするならMPEG1に変換すればDLNA ロゴ取得機器では再生できます。

※使わなくなったAndroid OS 5または6くらいのXperiaなら、家庭内のWiFiにだけ接続すれば、動画及びデジタル番組の再生機として利用できます。

Xperia XZs/Galaxy S8+/Xperia Z4 Tablet(Android OS 7.x以降)

Xperiaに標準インストールされているビデオアプリは何度かのアップデートによりVideo & TV Side Viewが必要になっています。
また、Android OS 7以降はアプリに対応した外部レンダラーが必要になったため、実際には、Sony製レコーダーかTVが必要です。
Galaxy S8+はSony製ではないのでそもそもビデオアプリがありません。
よって、Android OS 7.x以降はこれまでのビデオアプリに代わるアプリが必要になりました。
パナソニック製のレコーダまたはTVであれば、Media Accessで再生できます。
しかし、再生できるのはパナソニック製のレコーダまたはTVの録画番組のみですので、RECBOXなどへコピームーブしたタイトルは再生できません。
メーカーに依存しないデジタル録画番組の再生アプリは有償のアプリしか存在しなくなりました。

DiXiM Digital TV Plusで再生(デスクトップPC)

「Plus」がついているとデジタル放送の録画番組以外もネットワーク再生できます。
ローカルディスク内のコンテンツの再生にも対応しているはずです。
DMP以外にDMCやDMRの機能もあります。
Windows PC用アプリになりますので、デスクトップPCで再生する場合に重宝します。

1台のDMSに多くのコンテンツリストがあると表示に時間がかかります。
発見されたDMSの順に処理されるようですので、例えばDMR-BWT660が最初に発見されると、そのコンテンツリストをすべて受け取った後に、次のDMSが発見されるといった順番になるようです。
検索機能などをうまく利用して時間短縮できるかもしれません。
チャプターには対応していませんので、録画番組を再生する場合にCMスキップはできません。

カテゴリ

運用

分類

再生