記事へのアクセス方法の検討

投稿した記事を表示する、またそのときのタームの表示をどうするかをまじめに検討してみました。

Drupalを導入した当初は動画をアップロードするのが目的だったため、この辺りのことについては深く考えていませんでした。
動画専用サイトを閉鎖して1つに統合したときに考えるべき項目でしたが、認識不足もあってよくわからない状況でした。
そのまま何年間か経過して投稿記事が増えてくると、サイト内のリンクからはアクセスできない記事が存在してしまっていました。
 

問題点

1.記事が孤立しているため、時系列や内容で関連する記事へのアクセスが面倒

検索サイトからアクセスしてきた場合は特にそうですが孤立している記事へアクセスする可能性が高くなります。
そのため、直帰率が80%以上と高く、なおかつ滞在時間が非常に短い傾向になっています。
 

2.1番の対応のためにブックコンテンツを利用したが投稿のたびに操作もれが発生

操作漏れによってリンクから辿る方法がなくなってしまっている記事があったり、Book形式であるため時系列がごちゃごちゃになっています。
 

3.タグやカテゴリ別に整理できていない

すべての原因はこれだと思っています。DrupalではTaxonomy(タクソノミー)を使用しますが計画性なく実運用を開始したために一貫性がなくなってしまいました。
途中でタクソノミー関連の拡張モジュールをアンインストールしたのも影響しています。

そこで今回は、記事を見る人の立場でサイト内のリンク(一覧表示)の方法を修正することにしました。
すでにほぼ作業は完了していますが、まだ納得いくレベルにはありません。

タグやカテゴリでうまく記事を整理する方法を検討してみました。
 

基本機能

以下は必要だと思っている機能です。

機能1.投稿日時の時系列で記事を表示
機能2.記事ごとに「次へ」と「戻る」のページャー表示
機能3.タグごとに記事を一覧表示(ページャーつき)
機能4.カテゴリごとに記事を一覧表示(ページャーつき)

 

具体的な方法

【機能1に関して】

記事投稿用のコンテンツタイプを固定にする
 

【機能2に関して】

その1.「Custom Pagers」モジュールを使用する
その2.「Previous/Next API」を使用する
その3.テンプレートを編集する
 

【機能3・4に関して】

Taxonomyモジュールおよびそれに関連するモジュールで実現できるのはわかっていますが、どういった分類をするか十分に計画しておかないと大文字小文字の違いで別のものと判断される場合もありますし、同じ意味で使用している単語が統一されていないと別々に分類されてしまいます。
さらにViewsを使うといろいろなアイデアがでると思います。
時系列で順番にアクセスする手段は必要なのかという疑問も湧いてきます。