Embedded Media Fieldの件

前回と今回で結果がことなる原因はまだ不明です。

さくらインターネットのDrupalをいじり倒すのは、ブログを書いているこちらにも影響がでかねないし、今後おなじように何かではまることも考えられるので、テスト用環境を構築することにしました。
 


Windows Vista x64にVirtualBoxをインストールし、ゲストOSにFreeBSD 7.1を導入しました。
なんでFreeBSD?と思われますが、テスト環境なのでできるだけさくらインターネットと仕様をあわせたかっただけです。
簡単に構築するのであれば、Linuxのほうが良いと思います。それに、LinuxであればGuest Additionsも使えます。

以前、FreeBSDを使ってたのは今から15年も前のことなので、ドキュメントをあさりながらの作業で結構時間がかかりました。
でも今はほんと便利で簡単になりましたね。

更新作業がOSのソース更新や再コンパイルなどで時間がけっこうかかったので、待っている間にEmbedded Media Fieldについて前回どう設定したのか調べていました。

記憶があいまいですが、作成したコンテンツタイプの設定で、"デフォルト値"の"upload video custom Thumnail"の中にあるPHPコードに何かを記載したような・・・
あとは、FileFiledのfilefield_formatter.incにあるfunction theme_filefield_formatter_defaultをコピペして、使用しているテーマの中にテンプレートを作成した記憶も・・・
それはaudioの時だっけかなぁ><

その当時は別件で検索をしていて、たまたま記事かビデオを観た際に、これでもできるのかと思いその通りにやってあっさりできてしまったので、記憶が残っていない原因なのだと思います。

てか、なんで検索に引っかからないんだろう><

FreeBSDのほうはセットアップ終わったので、さっさとMySQL,Apache,PHPを導入してテスト環境を作ったほうがよさそうです。

その前に、いろいろいじったまとめです。
・6.1dev、6.13、6.12で結果はかわらず。(6.12は、JW FLV Media Playerのパス設定項目がない。)
・FLV Media Playerモジュールを導入するとJW FLV Media Playerの設定は、そっちを使用する。
しかし、flvはデフォルトで別のflvプレイヤーを使用するようになっているし、MP4はQuickTimeが埋め込まれるので意味がない。
・SWF Object使用をONにすると、YouTubeの動画が見れなくなるのでOFFにする。
・Custom URL Providerでは、サムネイルは未対応なので、画像をアップしても意味がない。画像アップロード用のCCK Fieldを使えばできそう。
・mp4の場合は、flashvarsのfile=にimageを追加する設定になっていない。flvはなっている。
・flowplayerモジュールを使うとmp4でもflvでもFlowplayerで再生される。
・flowplayerのCLIPのパスになぜかcontentという文字が挿入されてしまい、動画ファイルが見つからないため再生できない。