Flippy

ノードのページャにD6では「Custom Pagers」モジュールを使用していましたが、まだD7では完全ではないようですので「Flippy」モジュールを使うことにしました。

「Custom Pagers」はテーマテンプレートなどを編集して配置していましたが、「Flippy」ではコンテンツタイプの編集項目に追加されていますので、コンテンツタイプごとに設置の設定を行います。
テーマテンプレートなどに直接コードを書いて利用する方法もあります。
ソート順序がデフォルトでは昇順(左側が古い記事:Previous、右側が新しい記事:Next)になります。
いろいろとカスタマイズするのであれば「Custom Pagers」のほうが便利だとは思いますが、現時点でD7ではうまく表示ができません。

以下はコンテンツタイプ「ブログ」の編集画面の例です。


※Pager Label Typeで選択できるのは「独自のテキスト」、「コンテンツタイトル」、「ノードID」の3つです。