Path Redirectモジュール

PathautoモジュールのURLエイリアスを書き換えた際、URLが変わってしまい検索サイトからはリンク切れになってしまうのでその対応のため、Path Redirectモジュールを導入しました。

記事の更新時にURLエイリアスをそのままにしておけば問題は発生しないのですが、URLと記事のタイトルが異なるのが許せなかったので、「新しい URL エイリアスを作成します。 既存の URL エイリアスは削除します。」に設定してあります。

今回、ブログコンテンツに関して自動URLエイリアスの設定を変更したかったので、手入力覚悟で念のためにこのモジュールを導入しました。
トークンが使えたら設定が1つですむからいいのになぁなど考えながら導入したわけですが、実際にはRedirectの追加登録は必要ありませんでした。
うれしい誤算でした。

Path Redirectモジュールを導入するとURL Redirectsがサイト構築メニューに追加され、リダイレクトURLを登録する際に使用します。
さらに、このモジュールを導入することで"path_redirect_save"が使用できるようになるので、Pathautoモジュールの自動URLエイリアス設定画面のアップデート動作に新たに項目が追加されます。
この追加された「新しい URL エイリアスを作成します。 既存の URL エイリアスにはリダイレクトを設定します。」に設定しました。


これを使うようにすればURL Redirectsにわざわざ登録する必要はないようです。

実際に以下のようにノードパスのブログエントリに関してのみ、自動URLエイリアス設定を変更して試してみました。
1段階目:content/[title-raw]
2段階目:blog/[yyyy]/[title-raw]に変更
3段階目(現在):blog/[title-raw]に変更

結果は、上記3通りのURLでそれぞれ記事が表示できることが確認できました。

これで検索サイトからの「ページが見つかりません」の件数は、今後は収束していくはずです。
 

Drupalバージョン

Drupal 6.x

カテゴリ

パス管理

モジュール

Pathauto Path Redirect