Frapsの導入と設定

録画の工程に動画キャプチャソフトである「Fraps」を使用した場合の話です。
 
Frapsの導入と設定方法について記載します。
 
Frapsは、DirectX/OpenGLアプリケーションの画面キャプチャが可能です。
Vista64bit対応、DirectX10対応を謳っている数すくない動画キャプチャソフトです。
nProtect GameGuard起動環境にも対応しています。
 
プログラムは、一部64bitで動作している様で32bitと64bitのプロセスが動作します。
使用しているコーデックは、FPS1と言われるFraps独自のコーデックです。恐らく非可逆圧縮変換方式で、32bit版と64bit版が導入されています。
 
録画対象は、DirectX/OpenGLアプリケーションを自動認識します。
複数のウィンドウで起動している場合は、アクティブなウィンドウが選択されます。
録画時間は、無制限(ディスク容量次第)です。
出力ファイルは、4GBで自動分割されます。
 
あるバージョンから、ディスクトップの録画にも対応しました。
Dxtoryより機能面で見劣りしますが、Dxtoryよりは安定していると思います。
 
出力時に画面サイズをHalfサイズにできますが、画質が悪くなるのでお勧めしません。
リサイズが必要であれば、録画対象の画面表示サイズを変えるか、動画編集ソフトやエンコードソフトでリサイズ処理をしたほうが、良策だと思います。
 
製品版は、追加投資なしで常に新しいバージョンを利用できますので購入しても損はないと思います。
 


【ソフトウェア情報】

公式サイト http://www.fraps.com/
ダウンロードサイト http://www.fraps.com/download.php
導入バージョン 2.9.8 製品版
 
備考 64bitアプリケーション(Capture Engineのみ)
独自コーデックは、32bit版と64bit版同梱
 

 

 
【導入】

(1)インストール
 
①ダウンロードしたSetup.exeファイルをダブルクリックします。
 
②UACのポップアップメッセージは”許可”を選択します。
 
③Fraps License Agreement
・内容に同意できるのであれば"I Agree"をクリックします。

 
 
④インストール先
・そのまま”Next"をクリックします。


 
⑤ショートカット作成
・そのまま"Install"をクリックします。


 
⑥完了
・completedで完了していることを確認して、"Close"をクリックします。



以上でインストールは完了です。
 
 
(2)確認
・設定を済ませてから、実際に録画し動作確認を行ってください。




 
【設定】

設定内容は任意です。以下は、私の場合の設定例ですので参考にどうぞ。
 
①Generalタブ

・起動時タスクトレイに最小表示。
・常にFraps画面を上位に表示。
・OS起動時にFrapsを起動。

 
②FPSタブ

・"Overlay Display Hotkey"を無効
・"Benchmarking Hotkey"を無効
・"Overlay Corner"を右上に変更
 
 
③Moviesタブ

・動画保存場所を"D:\Fraps"に変更。
・"Video Capture Hotkey"を"Pause"キーに変更。
・"No cursor"を有効。
 
 
④Screenshotsタブ

・画像の保存場所を"D:\Fraps\images"に変更
・"Screen Capture Hotkey"を"Print Scrn"キーに変更
・画像フォーマットを"PNG"に変更