Lagarith losslessの導入と設定

映像用コーデックであるLagarith losslessの導入および設定方法について記載します。

Lagarith Losslessの機能や特徴については、検索サイトを利用して調査してください。
Windows 64bit用のダウンロードファイルには、32bit版と64bit版コーデックが同梱されていますので、それぞれ32bit版と64bit版アプリケーションで利用できます。

あとmultithreadにも対応しています。ただ、huffyuvより処理が遅く感じますが圧縮率は良いようです。

 


【ソフトウェア情報】

 

公式サイト http://lags.leetcode.net/codec.html
ダウンロードサイト http://lags.leetcode.net/codec.html
導入バージョン 1.3.19 for Windows64

 
【導入】

(1)ファイルを解凍
・ダウンロードしたLagarith64_1319.zipファイルを解凍します。
・解凍先は任意です。

(2)インストール
・コマンドプロンプトを管理者モードで起動します。
・カレントディレクトリを解凍したフォルダに移動します。

(解凍先をデスクトップにした場合)
> cd /d "C:\Users\hogehoge\Desktop\Lagarith64_1319"

※hogehogeはログインユーザ名になります。
※同一ドライブ間の移動の場合は、/dオプションは特に必要ありません。


・インストールプログラムを起動します。

> install.bat

※32bit版/64bit版がインストールされます。

エラーメッセージが表示されなければ成功です。

(3)確認
・Windows Media Player の再生可能なコーデックとして登録されていることを確認します。
確認方法は、Windows Media Playerで再生可能なコーデックの確認方法を参照ください。

※Windows Media Playerには32bit版/64bit版の両方があります。

恐らく64bit版はWindows ムービーメーカやWindows Media エンコーダで使用する機会があると思います。

 



【設定】

設定は、特に理由がなければデフォルトのままで問題ありません。