スポンサーリンク

釣れる釣りができるようになると、次に考えるのはどうやって魚を美味しく食べるのか?それにはどうやって鮮度を落とさず上手に持ち帰るのか?です。ここでは、おかっぱりで釣りをして帰宅時間を含め6時間以内の場合の持ち帰り方法について記載しています。

魚の鮮度を落とさずに持ち帰る方法

鮮度を落とさず上手に持ち帰る方法は、魚のサイズや種類、さらにはどのように調理して食べるのか?でも簡単な方法でよい場合としっかりやらないといけない場合とあります。

魚を〆るとは

活〆

釣り上げた魚の鮮度保持の方法のことを「魚を〆る」といいます。
この「魚を〆る」方法には、いろいろな方法と手順があり使う道具も異なります。

脳天締め

道具ピック、ナイフ、スポンジマット

魚を釣った直後に、魚の脳を刺し、脳死状態にします。
これにより魚は生命活動を停止します。
この生命活動が停止した状態から魚のうまみ成分に変貌していきます。
このとき、魚の生命エネルギーが高ければ高いほど、その魚は美味しくなっていくということになりますので、釣った直後の元気な状態で脳締めするのがベストです

血抜き

道具ハサミ、ナイフ

魚のエラを切ってその奥を流れる動脈から血を抜きます。魚のサイズが大きい場合はエラだけでなく尾のところも切って血を抜きます。魚の腐敗を遅らせ、臭いが身に移るのを防止する効果があります。海水を汲んだバッカンなどの中につけて血を出し切るのが効果的です

神経締め

道具神経締め用ワイヤー、スポンジマット

脳締めをすれば神経組織もやがて停止しますが、自然に神経組織が停止するまでに、誤った信号が神経を伝達して痙攣したり筋肉を硬直させたりしてしまうため、神経組織を停止させる行為が神経締めです。細いワイヤーを使って脊髄を破壊します

冷やし込み

道具氷、海水、クーラーボックスなどの容器、水汲みバッカン

魚を氷や保冷剤で冷やし込むことによって、海水内などにいる微生物の活動を抑えるためと、内臓内にある消化酵素によって自己消化しないように酵素の活性を抑えるためです。しかし、冷やしすぎは死後硬直を早めますし、冷やさなければ腐敗が進みます。氷や保冷剤を魚に直接あてると氷やけしてしまいます。また、海水ではなく真水に魚をいれると身がふやけてしまいます。

氷締め

道具氷、海水、クーラーボックスなどの容器、水汲みバッカン

氷締めは、先の冷やし込みと同じ方法ですが、異なるのは前処理をせずにそのまま魚をいれます。クーラーボックスなどの保冷性のあるボックスに海水と氷をいれ十分に冷やした状態にしてから、釣れた魚をいれることで〆る方法です。小型の魚は、血液が少量であり、体も小さいのでこの氷締めが手返しが良く最もおススメです。魚が冷えてしまえば、海水は抜いてしまっても保冷性のあるボックス内であれば問題ありません。

参考サイト第1回 漁師さんのお仕事「魚を締める」

 

NG魚が自然に絶命するまでバッカンで泳がせたり、釣ったそのままクーラーボックスに入れる。生命エネルギーを消費してから絶命するためうまみ成分が少ない。夏場だと腐敗が進行するのが早いのでそれを食べると食中毒になる可能性もあります。

NGクーラーボックスなどが魚で汚れるのを避けるためにビニール袋などに魚を入れてその外側に氷や保冷剤で冷やす方法は、魚が冷えるまえに腐敗がすすむためおススメできません。空気は熱伝導率が悪いので冷たくなるのにも時間を要します。氷と海水で満たし十分冷えた状態の中に魚を入れるべきです。

どの方法で〆るのがベストなのかは、脳天締め、血抜き、神経締めのすべての工程を確実に行えば悩む必要はありませんが、毎回全工程をやっていると手間と時間を要するため、時合いを逃す可能性もあります。何を優先するかその場の状況で判断を要します。魚種やサイズや食べ方でどの処理をどの程度までやるのか、経験から省略できる工程もきっとあるはずです。

ライトゲームで魚を〆る

よく行く釣りだとライトゲームになります。釣れる魚は、メバル、カサゴ、ソイ、アジ、サバ、クロダイ、カマスくらいだと思います。そのうち持って帰って食べるのは、メバル、カサゴ、アジ、クロダイです。しかし、サイズの条件もあり、アジの場合は数が釣れれば10センチ強、その他は20cm以上であれば食べると思います。

そのため、小アジ用(20cm未満)に氷締め、その他20cm以上サイズ用に脳天締めと血抜きと冷やし込みができるように準備する必要があると考えました。

小アジ用の氷締め

必要な道具は、冷やし込みと氷締めは同じ道具が使えますが、保冷性のあるボックスの容量が問題になります。小アジなら数によりますが8Lのクーラーボックスで良さそうです。2人で食べる量なのでそれ以上は必要ありません。

これだけあれば氷締めは十分できそうですので、追加で購入するアイテムはありません。

脳天締め、血抜き、冷やし込み

小アジ以外のその他の魚を持ち帰る場合は、20cm以上のサイズがあるため、脳天締め、血抜き、そして冷やし込みの道具が必要です。できるだけ、道具は共用できるようにと考えた場合、保冷力があり、サイズのあるクーラーボックスが必要です。サイズは、今のライトゲームタックルで抜きあげることができるかを考慮すると30cm前後までが限界だと思います。クーラーボックスは30cm位までが入る製品になります。ダイワ製のクーラーボックスだと10Lがやや不足で15Lが十分のサイズです。頭を落とせば10Lでも入ります。

関連記事YSC-3 ヤイバ魚絞めマルチシザース ミニ (2021-01-23 19:44:22)

クーラーボックスに関してはいろいろ悩んでいます。

  1. 暑い夏に地面に置くのであれば、真空1面パネルが必要なのではないか?
  2. ハードクーラーのスチロールよりは、2重構造のハードインナーのソフトクーラーの方が保冷性は高いのではないか?
  3. 自転車の前かごに入れておくことができれば地面置きせずに済むのではないか?真空パネルも不要ではないか?
  4. そのためには自転車は両立スタンドに変更しなければならないのでは?

いろいろ考えると、ダイワの15Lは自転車の前かごに入らないし、GU1500Xは真空パネルではないし、真空タイプはお値段がぐっと上がります。

気になっているアイテムは以下です。

どちらの製品も現在の自転車の前かごには入らないので、前かごを大きなサイズに変えないといけませんが、この横幅と奥行きの前かごはないように思います。
そうなるとリアステーを装備してそこにゴムひもで縛るしかなさそうです。
両立スタンドへ変更も必要だし、まず、今の自転車でそれができるのかどうか?
自転車そのものを買い替えるのもありかもしれないですが、保管場所の問題もあり、今の釣り回数を考えると自転車じゃなく、電車でよさそうな気がしてきました。

刃物は、刃渡りが6cm以上を正当な理由なく所持していると銃刀法違反の対象になりかねません。また、6cm未満でも正当な理由なく所持していれば軽犯罪法違反の対象になりかねません。護身用は正当な理由にはなりません。刃物に限らず、使用方法によっては人を殺傷することのできる器具が対象になりますので注意してください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事