スポンサーリンク

wordpressがdrupalと異なるのは最初からアイキャッチ画像という項目があることです。アイキャッチ画像に登録しないと何も表示されません。 テーマの機能に含まれていたりプラグインで自動設定の機能を追加したりする必要があります。drupalでは表示する際に何番目のフィールドの画像を使用するかだけでしたので記事作成後でも簡単に反映できました。wordpressはアイキャッチ画像として登録されていないと表示できません。登録される(更新される)タイミングが記事を公開時だけのようですので新規記事に関しては今後、設定が反映されるでしょうが、既存記事に関してはそうはいきません。

テーマのアイキャッチ画像の自動設定

cocoonテーマを利用していますが、例えば、このテーマの場合、cocoon設定の画像設定項目の中にあるアイキャッチの自動設定をONにすることで記事に使用されている最初の画像が記事の保存時または公開時にアイキャッチ画像に自動登録が可能です。

既存の記事へのアイキャッチ画像の設定

drupalからインポートした記事がこの既存記事へのアイキャッチ画像の設定に該当します。
drupalではカスタムフィールドに画像を無数設定できました。このカスタムフィールドからアイキャッチ用の画像を選択するだけでした。最初のフィールドデータの画像を表示するような寄贈モジュールがありました。しかし、wordpressにインポートする際にはカスタムフィールドは無償版では対応していないためインポートを断念しました。620件ほどある記事のアイキャッチ画像をどう設定するのか?

マニュアル操作でアイキャッチ画像を設定

記事内に画像が使用されている記事に関しては、すべてマニュアル操作でアイキャッチ画像の設定を行いました。620件ある記事のうちすべてが画像を使用しているわけではありませんが、使用しているかどうかを確認するには記事を見ないといけないわけで、結局、620件すべてをマニュアル操作で更新しました。これには、もう1つ目的があって、スラッグを更新したかったためです。
スラッグに関してはfunction.phpにあるイベント発生でスラッグを書き換えするようにアクションを記述すれば一括で更新できたでしょうが、drupalからのエクスポート時に残っているHTML16進数のエンコード文字列をデコードする処理が容易ではなかったので誤動作時の影響を考えると表示されているタイトルをまずクィック編集でスラッグにコピペしたのちに記事の更新で翻訳されたスラッグへ置換が確実だと判断しました。(※クィック編集では翻訳が適用されないため。)アイキャッチ画像に関しても同じで、記事の更新ではアイキャッチが自動設定されないのでマニュアル操作で行いました。
1日50件~150件ほどを処理してなんとか1週間以内に完了しました。完了したのは記事内部に画像が使用されているものだけです。

Quick Featured Imagesプラグイン

記事内部に画像が使用されている記事のアイキャッチ画像は設定ができましたが、画像がない記事にはまだアイキャッチ画像が設定できていません。
記事を見ながら1件ごとにアイキャッチ画像を設定していく方法(記事一覧からの個別設定)、カテゴリやタグなどでフィルターしアイキャッチ画像を一括で設定していく方法(一括編集)、そして記事保存時にルールに一致するした場合にその画像をアイキャッチ画像として設定する方法(デフォルト画像)がこのQuick Featured Imagesプラグインには備わっています。


今回はカテゴリによって使用する画像を分けることにしました。

  1. 区別したいカテゴリを選定
  2. そのカテゴリごとに使用する画像を準備
  3. デフォルト画像を設定(カテゴリと画像を登録)
  4. 一括編集からアイキャッチ画像を設定

3番はこれから作成するであろう将来的な記事にかかわるものなのであとでもよいのですが、作業の整理のために先にデフォルト画像を決めました。これに従って4番で既存の記事へのアイキャッチ画像の設定を行いました。

デフォルト画像

ルールに一致するとそのルールに設定されている画像を記事のアイキャッチに設定する機能です。

ルール1はせっかくマニュアルで設定した既存のアイキャッチ画像が上書きされるのを避けるためOFFにしています。
ルール2は投稿の保存時に、自動的にアイキャッチ画像を設定するのはテーマの設定と重なるためOFFにしています。
※これをONにしないとルール3以降が適用されないようにも解釈できますが・・・やってみないとわかりません。
ルール3以降がカテゴリ別に画像を設定したルールです。

一括編集

画像の準備ができたらカテゴリに一致する記事に対して一括編集を行います。
ただし、すでにアイキャッチ画像が設定されているものを除きます。
以下ではカテゴリ「海釣り」の記事にアイキャッチ画像を設定しています。

選択

アイキャッチに設定する画像を選択します。

選択の調整

オプションを選択します。
アイキャッチ画像が設定されていない投稿だけを対象にする。をチェックします。
フィルタを追加します。
カテゴリーフィルタ:カテゴリで絞り込むをチェックします。
次へをクリックします。

カテゴリーを選択で「海釣り」を選択します。
絞り込みのプレビューボタンをクリックします。

以下の条件に一致した記事の一覧(現在のアイキャッチ画像と新しいアイキャッチ画像)が表示されます。

  • アイキャッチ画像が設定されていない投稿だけを対象にする
  • カテゴリーフィルタ
  • カテゴリーが海釣りを選択

これで良ければ、実行ボタンをクリックします。

以上、カテゴリーに一致する記事のアイキャッチ画像の一括編集でした。

1件ごとにアイキャッチ画像を設定するのであれば、記事一覧にあるアイキャッチ画像の設定をクリックすれば通常よりは簡単にアイキャッチ画像を設定できます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事