スポンサーリンク

今日は、買いすぎたサビキの消化にいってきました。
パターンがわかったのでピンポイントでその時間だけ約2時間の予定です。

アジング 2018.10.27

土曜日なので駅すぐ裏の照明の明るい場所は人でいっぱいでした。
屋形船の桟橋を挟んだ反対側は2人くらいしかいなかったのでそっちで釣りました。
予想通りイワシなどの小魚が表層で捕食しています。

使用したジグサビキはHayabusaのケイムラサバ皮レインボーの2本鈎です。
ちょっと仕掛けが長くてキャスティングしにくいですが、3gのメタルジグなのでトラブルなくなんとかできました。

活性が高いようでメタルジグを水面ぎりぎりまで追いかけてきます。
足もとから5mくらいでバイトがあります。
表層リトリーブしてトゥイッチいれてテンションを抜いてやったらHIT!!
最初の1匹目は20cm弱くらいのメバルでした。

メバル
今日は釣れるなぁということで水汲みバッカンに水を入れ待機。

写真だけ撮ってリリースして次はイワシの群れが丁度仕掛けのあたりにいたので喰うか試したらHIT!!
サビキ鈎に喰いついていました。外してそのままリリース。

次は同じくフルキャストしてボトムをとって、5mくらいまできたところで同じように表層まで巻き上げてテンションを抜いたらまたHIT!!
こんどは15cm弱のアジでした。
サビキ鈎を奥まで飲み込んでいたので弱っているか心配なのもあってとりあえずバッカンの中に、様子を見ていると平気そうだったのでリリースしました。

回復中のアジ
その次はなんかコツコツとはするけども気のせいのような小さな感触。上げると3cmくらいのメバルでした。
魚は予想的中で釣れたけども自転車が通るたびにぶつぶついっているのが隣から聞こえてくると嫌な気分しか残りません。
予定通り2時間位で納竿にして帰宅しました。

週末の八景島駅裏は変な釣り人が多い

自転車だと車道側は車が止まっていないのでスペースが空いていてあとから車で来た人がそのスペースに止めて(ここまではいいのですが)その車を降りた場所で釣りを始めようとするわけです。
車内から釣り人が見えるのになんででしょうね。
反対側が空いていたので5mほどよりましたけど、どうなんでしょうね!!
先に居た2人が5mくらいの間隔で並んでいるその間に入ってきて3m以上あるような竿4本。
しかも投げですか?
そんだけ竿を出すとかこっちはわからんし、大人2人?ましてや小さな子供が数人いるとかありえんよ!
どういう計算してここにしようと決定に至ったのか?また他力というやつか・・・
まぁ私なりにかなり忖度しました!!
なのに何言ってるの?

そのおじさんたちはどうやら自転車が歩道を通過するのが気にいらないようです。
「歩道を自転車が通るのが信じられない」というのが言い分のようでした。
自転車が通過するたびにいちいち声に出してアピールしていました。
そもそも歩道を封鎖するように竿や荷物を並べているのがダメなんでしょうが
通行人が来ているのにキャストしようとしたり・・・
まるで人が近づいてきているのに気が付けない自分に苛立っているかのようでした。

ここを自転車で通過するましてや歩行者は地元の方々なわけで、私が思うにはそもそも歩道で釣りをさせてもらっている身分、もう少し低姿勢でもいいと思うわけです。
まず歩道なんだから通り道は確保しておくのが当たり前。自動車の運転免許証をもっているなら当たり前の一般常識。道路を封鎖するな!!

私からすれば駐禁と道路(歩道)封鎖をしている本人が、「自転車が歩道を走っていると」騒いだところではぁ??です。
歩道を通過する件もあなたの車が原因の可能性もあるわけですよ。

なぜ釣り人のいる歩道をわざわざ通らないといけないか?
あなたなりに考えましたか?
以下は私の考えです。
この道路は八景島へ関係車両が進入するための道路でもあり、2tトラックなども普通に通ります。
中で施設の工事などあれば工事関係車両も通ります。
そして八景島駅駐輪場への道路でもありますので利用者の自転車が通るのは当たり前なんです。
車道両側の駐禁車両のせいで車道は狭く自転車は車道の中央を通過するか歩道を通過するかの選択しかないわけです。
反対側の歩道はまだ明るい早い時間から若者たちがトラックへの荷物積込で歩道を封鎖し車道も積込時に一時的に封鎖してしまうような状態。
ちょうどおじさんたちの車の反対車線側です。10人ぐらいでずっと作業していましたが、海ばっかり気になって気づいてないんだろうなぁ
他の車は停車しているにもかかわらずヘッドライトつけっぱ!車道は危険がいっぱいな状態!!
その状態で子供連れの自転車の親の方が歩道を通過することを選択してもミスチョイスだとは思いません。
自分でも仕方なく歩道をチョイスするでしょう。
また地元の人にとっては週末とか関係なく毎日ここを通るのが日課になっている人も多いわけです。
いつもと違うのは釣りをしている我々の方なんです。少しは遠慮ということをしてください。
このままではここで釣りをする人すべてが地元の方々からは街灯の下に集まる害虫扱いされちゃいますよ!!

ちょっとさー頭の中でドローン飛ばしてさー、自分の頭上から引きぎみで周りの様子をイメージしてみなよ!
恥ずかしくてそんな行動できなくなるからさ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事