メインコンテンツに移動

COMODO Internet Securityの設定

前回の続きで、COMODO Internet Securityの設定と機能について記載します。

3.設定
①管理画面
最初の状態ではパターン定義ファイルが最新の状態ではありません。
「Scan Now」でスキャンを実行するか時間が経過すれば自動で最新に更新されます。
comodo_2011053112 

②日本語化
・デフォルトでは日本語の言語ファイルがありませんので、自分で作成するかどなたかが作成した言語ファイルを入手して所定のフォルダーに配置します。
今回はsniffさんが作成された日本語化ファイルを使わせていただきました。
2011.05.31現在の最新版は5.3用のものです。こちらから入手可能です。
・解凍したフォルダ内の「~.lang」をすべて以下のフォルダへコピーまたは移動します。
※添付されている「りーどみー.txt」ファイルは必ず目を通してください。

言語ファイルのフォルダ:【COMODOインストールディレクトリ】\translations\
※【COMODOインストールディレクトリ】はデフォルトの場合、「C:\Program Files\COMODO\COMODO Internet Security」になります。
※インストール手順の⑤インストールフォルダーの設定の欄内のパスです。

・「More」⇒「Appearance」をクリック
※以下は、言語を日本語、テーマをWindows Themeにした例です。
※日本語ファイルを配置してあるので、リストから「日本語」が選択できるようになっています。
comodo_2011053113 

「OK」をクリックするとCOMODOを再起動するようポップアップメッセージが表示されますので「はい」をクリック
comodo_2011053114

次が再起動後の画面になります。
comodo_2011053115  

③COMODOメッセージセンターの無効化(optional)
メッセージがあると画面下に小さなウィンドウが表示されますがそれを無効にします。
・「その他」⇒「一般」タブを選択
・「Comodoメッセージセンターを有効にする」のチェックを外し、「OK」をクリック
comodo_2011053131

他の箇所はお好みで設定してください。
COMODO自体のことがまだよくわからないので、とりあえずその他はデフォルトで使用することにしました。

4.機能

(1)Antivirus
ウィルススキャンに関する設定項目です。
comodo_2011053116 

①スケジュールスキャン
自動スキャンの実行スケジュールを設定可能
※スキャンに使用するプロファイルを指定します。
comodo_2011053119 

②スキャンプロファイル
スキャンに使用するプロファイル設定の追加登録が可能
※このプロファイルでスキャン対象を細かく指定できます。
comodo_2011053120 

③スキャン設定
リアルタイムスキャン

リアルタイムスキャン時の動作設定が可能
comodo_2011053121 

手動スキャン
手動スキャン時の動作設定が可能
comodo_2011053122 

スケジュールスキャン
スケジュールスキャン時の動作設定が可能
comodo_2011053123 

除外
スキャンの対象から除外するフォルダまたはファイルを追加登録可能
 comodo_2011053124

(2)Defense+
ホストベースIPS機能に関する項目です。
comodo_2011053117 

(1)コンピュータセキュリティポリシー
ルール、ポリシー、SandBox、ブロック設定、保護するオブジェクトを追加登録可能
comodo_2011053125 

(2)実行中のプロセスを表示
実行中のプロセスの状態をモニタリングすることが可能
comodo_2011053126 

(3)Defense+設定
①全般設定

Defense+の動作モードを選択可能
comodo_2011053127 

②実行コントロール設定
実行イメージコントロールの有効・無効の選択が可能。
comodo_2011053128

③Sandbox設定
Sandboxの有効・無効の選択が可能
comodo_2011053129 

④監視設定
監視対象や監視項目の選択が可能
comodo_2011053130 

(4)その他
comodo_2011053118

①設定
一般タブ

自動更新チェックとメッセージの表示・非表示を選択可能
comodo_2011053131 

ペアレンタルコントロールタブ
パスワード保護の有効・無効が選択可能のみ
comodo_2011053132 

デザインタブ
管理コンソールの言語、テーマの選択が可能
comodo_2011053133 

ログタブ
ログ管理に関する設定が可能
comodo_2011053134 

接続タブ
プロキシを使用した設定が可能
comodo_2011053135 

Updateタブ
アップデートサーバの追加登録、削除や優先順位の設定が可能
comodo_2011053136 

②設定管理
COMODOのセキュリティ設定の追加登録、削除、選択が可能
comodo_2011053139 

③バージョン情報
comodo_2011053137


以上、設定画面からCOMODOの機能がイメージできるかと思います。

感想
Defense+の機能ではヒューリスティック分析が使用されているので、実際は問題のないアプリケーションも検知してしまう可能性がありますが、そもそもセキュリティソフト自体を注意喚起ソフトと位置づければそれはそれで意味のあるものだと思います。検知=ウィルスと考えるのは安易すぎます。
逆になんでもかんでも黙ってこっそり自動で処理されてしまうとユーザは気付くことができません。知らない間にファイルが隔離されて本来の場所から移動されてしまうとそのアプリケーションを起動した時に「あれ?なんで?」となったほうが問題のようにも思います。このあたりは個人の利用シーンや価値観にも左右される部分なので設定の選択肢があるのはよいことかなとも思います。ただその反面、複雑になってしまうのは残念です。COMODOがどのような動作をするのかは使ってみないとわからないので様子をみることにします。

プロダクトを追加で導入したり逆に削除したい場合は、プログラムの追加削除から変更を選択すれば可能です。
今回はFirewallは導入しませんでしたがCOMODOになれてきたらトライしてみようと思います。
カテゴリ
タグ