メインコンテンツに移動

WHSの利点

11/29日(土)のこと、毎週録画していたbloody Monday。
録画はできていたが、なぜか音声なし・・・

そのすぐ後に録画した番組は、正常だった。

悪い事なんだけど
V○○○で探して・・・あった!
5分以上の動画を観賞するには、専用WebPlayerを導入しないといけない。

これはP2Pソフトなので導入にためらう。

このソフト自体は、裏でなにしているのか不明。

ただ、ルータのUPnP機能はOFFにしているから最悪はないだろう・・・
都合のいい解釈だけど。

数時間悩んだ末、導入することに・・・


無事観賞できて、満足。
しかし、次はいつ使うかもわからないこのP2Pソフトを放置しておくのは不安。
ブラウザにも何か追加しているし・・・


とういうことで、即アンインストール。
でも、レジストリーみるとカスが残ってる。
やっぱ気持ち悪い。

ここで利用したのが、WHSのクライアントPCリカバリ機能。
対象PCは、Cドライブだけバックアップしていたので、そのまま戻すことに。

戻すには、WHSに同梱のホームコンピュータリカバリーCDで起動するだけ。※もちろんWHSは起動しておく事。

このとき、ネットワークとDisk周りのドライバーが必要になるが、このPCでは別途ドライバの追加は不要だった。

100GBのパーティション(使用量約45GB)で約50分。
(ネットが遅いので仕方ない)

その後の動作は、とくに問題なし。

まぁ、ほかにも方法は考えられる。
たとえば、レジストリ比較ソフトを利用する方法。
でもそれだと、共有DLLなどが消せない。

確実なのは、やっぱり事前のバックアップから戻す事。
ただし、バックアップ後に変更した内容は消える。

True Imageというバックアップソフトだとお試しモードで同じことができるが、私の持っているバージョンでは無理。><

WHSのクライアントPCリカバリ機能、使えるねぇ~と思った瞬間でした。

あと
WHSのドライバーがなかなかいいのが見つからなくて、いれたり消したりしていたら、WHS自体もレジストリにカスがいっぱい。
Network Access Managerというソフトを消したのに別のバージョンが導入されてるとか言われて再導入できなくなった。
チーミング設定ができないじゃん><。
あるレジストリを消したらできる様にはなったけど・・・
レジストリを直接いじると何かと不安。

ここで登場したのが、WHSの再インストール。
WHSインストール用DVDで起動すれば、自動的に識別してくれてドライブ選択画面の箇所で再インストールという項目が表示される。

これを使えば、Cドライブだけが綺麗に最初の状態に戻る。
Dドライブ(共有フォルダ)のデータなどには影響はなし。
ただし、Cドライブに入れたアプリケーションは消える。これは上書きじゃないから当然のこと。

再インストールは、新規インストールと同じく約1時間かかった。

今回使用した、WHSの再インストールとクライアントPCバックアップ機能とで、家庭内のデータのバックアップ問題に見通しができた。

まとめると以下の様になる。

・各PCのシステムはWHSのバックアップ機能。
・PCのデータは、同上もしくはWHSの共有フォルダに。
・WHSのシステムは再インストール。
・WHSのデータ(共有フォルダ)はWHSの共有フォルダ複製設定。


これで、最悪な事態からは回避できそうだ。
バックアップデータ含めWHS 1箇所にデータが集約されるので、WHSマシンだけHDD容量を増やせばよい。
容量不足の対応もHDDさえあればドライブエクステンダーの移行サービスを利用すればいけそうだ。
 

カテゴリ