Windows 7 Ultimate アップグレード

メインPCとHTPCのアップグレード用に購入したい製品です。

Windows 7自体、Vistaの改良版というイメージが強く、現状、Vistaで不便を感じないのですぐにほしいというわけではありません。
購入は、WIndows 7 SP1リリース時期だと思います。

Windows 7は、DSP版の場合、Vistaと同様、購入時に32bitか64bitかを決めなければなりませんが、製品版の場合は、Ultimate以外も32bitと64bitの両方が同梱されています。その点は、Vistaのときとは異なります。
あと、ダウンロード版もあるので、選択肢にいれてもいいと思います。

現状、メインPCはVista Ultimate 64bit、HTPCはVista Home Premium 32bitを使用しています。
次は、HTPCをリモートデスクトップのサーバにしたいので、最低でもProfessional以上にしたいと思っています。
大は小をかねるという言葉もあるので、余裕があれば、両方Ultimateで使用したいのですが、なにしろマイクロソフトのOSは高価ですし、新バージョンのリリーススパンを考慮すると割高感があります。

SP1リリース時期には、おそらくキャンペーンがあるでしょうからそれを利用して購入できればと考えています。

エディションの選択で迷っているなら以下のサイトを参考にどうぞ。
※発売前の情報で古いものもありますのでご注意ください。
マイクロソフト Windows 7 エディション比較
CNET Japan 「Windows 7」エディション比較
ASCII どれを買えばいい? Windows 7エディション全部解説
山田祥平のWindows 7カウントダウン

XP以前のOSからアップグレードする方は移行作業の参考にしてください。
※ライセンス的にはアップグレードですが、作業的にはアップグレード(上書きインストール)ではなく新規インストールと変わりありません。
※XPのシステムフォルダは残りますが、Windows 7ではそのままでは使用できませんので、DVDに収められている転送ツールを使用すると便利です。
※転送ツールで対応しているのはユーザデータとアプリケーションの設定ファイルだけですので、アプリケーションは基本的に新規インストールする必要があります。
※Windows 7では、メールソフトやムービーメーカなどはOSインストールで導入されません。別途Windows Liveから導入することになりますので、特に既存メールフォルダの移行作業は注意してください。
※Vistaの場合でも、Vista32bitからWindows 7 64bitにアップグレードする場合は、上書きインストールではなく新規インストールになります。
Windows XP→7快適移住計画
第2回 XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル
「Windows 7」のメール移行、“ここ”に注意

あと、マイクロソフトから企業向けの移行支援ツールがダウンロードできます。
これを使えば、アプリケーションの移行もできるかもしれませんが、上級者用なので、ミスすると逆に時間がかかってしまうので、初心者・中級者にはお勧めできません。