スポンサーリンク

保冷力と容量と持ち運びやすさでダイワ ライト クールバッグ 20(A)を買ってみました。

ダイワ ライト クールバッグ 20(A)を買ってみた

製品情報ダイワ ライト クールバッグ (A)

ライト クールバッグ 20 (A)の特長は以下の通りです。

  • サイズ 約28×41×33(内寸 約20×34×25) cm
  • 自重 約2.1kg
  • 容量 20L
  • 保冷力は従来の2.5倍
  • 取り外し可能ハードインナー
  • メーカー希望本体価格 8,500円(税抜)

クールライン S 800Xとのサイズ比較

左がクールライン S 800Xです。

インナーを外すと中はこんな感じです。
淵に黒い布がかかっていますが、インナーを勢いよくずっぽりはめると生地が浮き上がりはみ出るのがちょっと面倒です。

インナーのサイズとクールライン S 800Xが同じくらいです。

ライトクールバッグ 20にいれてみた

インナーの代わりにクールライン S 800Xを入れてみました。
窮屈ですが入ります。入ったところでこういう使い方はしませんが中の広さのイメージができるかなぁと思います。

 

 

事前に準備して購入していたミニバッグ PA (A) M-1を収納してみました。
ダブルファスナーの分、インナーにあたるのでファスナー位置を注意すればぴったりで問題ありません。

さらにCP サイドボックス Mを入れてみました。
こちらに関しては、被せ蓋のバックル部が少し窮屈でインナーを外に押し出している感があります。

大型ポケットには月下美人 ジグヘッドケース Wワームのパッケージ
月下美人 ジグヘッドケース Wの厚み(38mm)と長さ(175mm)がジャストサイズです。
これ以上厚みか高さがあるとファスナーが閉まりません。

20L用のサイズは大きかったです。
ボートや遠征に行くにはいいのかなぁと思っています。
アイデア次第でクーラー用途だけでなく、クーラー兼タックルボックスにも使えそうです。
保冷力については実際に使用してから記事にしたいと思います。
ライトクールバックではなくライトクールバッグです。
購入はこちらから
ダイワ ライトクールバッグ 20(A) スプラッシュホワイト
by カエレバ

サイズは20Lと28Lがあります。カラーは3種類ありますので、ご購入時にはお間違いがないようご注意ください。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事