Videoモジュール

早速、All In OneタイプのVideoモジュールを試してみました。
バージョンは、オフィシャルリリース版の6.x-2.5-beta1にCVSページからダウンロードしたvideo.views_default.inc 1.1.2.2を置き換えて使用しました。恐らく、8月1日付けの6.x-2.x-devと同等です。
video.views_default.inc 1.1.2.2でなくても機能は変わりません。Views2に作成されるvideo_trackerがデフォルトで有効になっているか無効になってるかの違いだけです。

Videoモジュールに要求されるモジュールは、以下の通りです。
・Taken
・Image
・ImageCache

Videoモジュールを導入すると、専用のコンテントタイプ(video)が登録されますので、既存のものは不要であれば削除しておいたほうが良いと思います。
Videoモジュールは、FlashVideoとEmbedded Media Fieldを併せたようなモジュールです。ただし、現時点ではCCKをサポートしていません。
プレイヤーは、動画のファイルタイプで決まりますがflv用にはFlowPlayerを使用しますので、別途プレイヤ本体が必要になります。
このプレイヤは、WEBルート以下に配置すればよいのですが、3階層下に配置するとうまくプレイヤを表示できませんでした。
また、解凍したフォルダにあるflowplayer-バージョン番号.swfとflowplayer.controll-バージョン番号.swfが実際に使用されますので、例えばflowplayer-バージョン番号.swfをflowplayer.swfとリネームしてしまうと、コントロールファイル名はflowplayer.controll.swfを要求するようで、ファイルが見つからないといったエラーになります。
生成されるコードは、player個別の箇所が特殊な感じなので他のSWFプレイヤで代替は恐らく無理だと思われます。
また、サムネイル画像の貼り付けは不可です。(include/common.incの中を書き換えたら、画像の貼り付けや他のプレイヤの使用もできそうです。background-image:urlがFlowplayerの画像貼り付けだと思われます。)
このモジュールでいうサムネイルとは、プレイヤや記事へのリンクに使用する画像を意味しています。
私がやりたいと思っているサムネイル画像は、アイキャッチと表現したほうが良いのかもしれません。

動画アップロード時に画像も同時にアップロードできますが、この画像は、Image、ImageCacheで処理され、Views2に登録されているVideo Trackerで表示される画像となります。画像をアップロードしない場合は、動画ファイルからFFMPEGを使って画像を自動生成します。
アップロード先およびFFMPEGの出力先は、動画ファイルとはちがってファイルシステム(files)直下になります。
変更するには、plugins/video_image/video_image.module内のfile_save_uploadの箇所を変更すればよいのかもしれませんが、よくわかりません。

アップロードした各動画へのアクセス方法を考えた場合、Video TrackerのようなViews2で生成したページからアクセスすれば、アイキャッチ(プレイヤに表示する画像)がなくても、動画の再生をautoplayの設定にしておけば、気にならないかもと思いました。あと、Video Trackerを雛形にいろいろ自分好みに設定を変えればよさそうで、"タイトル"-"投稿者"のように1行で表示する方法がわかればかなりいい感じです。
結局プレイリストをつくらなくても、Views2やPanelでうまくページを構成すれば、シングルプレイヤで十分だとあらためて思いました。
そういえば、動画共有サイトもシングルプレイヤしか使っていませんよね。

短所:記事を削除してもアップロードした動画や画像は削除できません。MP4ファイルはQuickTime Playerが埋め込まれます。
長所:ドキュメントがわかりやすいく作られています。プレイ回数やダウンロード回数を表示できます。動画を再変換しないパスがあります。
ビデオチュートリアル:なし

今後、Ajax UploadやCCKサポートを予定しているようですが、今の状態でも十分使えそうな感触でしたので、これで決めようかと思います。

ファイルパスの件は、プレイヤはWEBルート以下、アップロードファイルはファイルシステム(files)以下です。
ためしに、ファイルシステムをWEBルート/mediaに変更してみましたが、問題なく動きました。
(画像が表示できなくなった場合は、media以下に作成された.htaccessの影響だと思われます)
ちなみに、ファイルシステムのパスはプログラム内で'file_directory_path'で取得するようですが、これ以外の方法でパスを取得しているケースでは、問題が発生すると思います。
すでに稼動しているサイトでは、やらないほうが吉だと思います。

このままでも問題なさそうですが、念のため、DrupalディレクトリおよびDBを削除⇒Drupalコア導入⇒ファイルシステムの変更⇒拡張モジュールの導入の順序で再インストールしてから、本格的に使用する予定です。
 

Drupalバージョン

Drupal 6.x モジュール

モジュール

Video ImageCache Image