スポンサーリンク

釣った魚を美味しくいただくために、魚を捌くための包丁を購入しました。
日本では入手可能な包丁がいっぱいありすぎて何が良いのかよくわかりません。
使ってみた感想など記事してみましたので参考になれば幸いです。

魚を捌くための包丁

普段の料理で使用している包丁

  • Zwilling J A Henckels 31041-200 Twinstar Chef's Knife Solingen Germany

    特長は以下の通りです。

    • ドイツ製 牛刀(ヨーロッパでいう万能包丁)
    • お土産でもらった包丁です。

LTアジに行った際に購入した包丁

  • 関孫六 金寿 ST 和包丁 出刃 105mm AK1100 製品情報
    関孫六 金寿 ST 和包丁 出刃 105mm AK1100
    特長は以下の通りです。

    • 硬度と強度に優れた「モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼」を使用
    • 刃体:ステンレス単層材(刃材:ハイカーボンMVステンレス刃物鋼)(刃付け形状:片刃付け)
    • 口金:ナイロン、柄:積層強化木
    • 全長224×刃幅40×柄の高さ20mm
    • 刃渡り105mm、板厚2.5mm
    • 重量100g
    • 価格 6050(税込)

関孫六 金寿ST 和包丁シリーズは、硬度と強度に優れた「モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼」使用シリーズ。鋭い切れ味と耐久性を持ち合わせ、サビにくく、お手入れが簡単なのが特長です。
バチコンアジングで釣れた25cm~30cmのアジを3枚におろすのに使用しました。

魚が20cm弱であれば気になりませんでしたが、それ以上のサイズになると1度ですっと刃を入れることができないのでもう少し刃渡りが長いものが必要だと感じました。

 

新たに150mmの出刃を購入しました。

  • 関孫六 匠創 出刃 150mm AK1131 製品情報

    特長は以下の通りです。

    • 刃体:ステンレス単層材(刃材:モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼)(刃付け形状/片刃付け)
    • 柄:18-8ステンレススチール
    • 280×54×21mm
    • 重量230g
    • 価格 6050(税込)

関孫六 匠創シリーズは、刃体からハンドルまで継ぎ目を無くした一体成型のオールステンレス包丁シリーズです。
熱湯消毒・食器洗浄機や食器乾燥器にも対応しています。

これだけあれば魚を捌くのに困ることはないと思っています。
今回購入した関孫六 匠創 出刃 150mm AK1131は、使用後に感想を追記します。

スポンサーリンク