スポンサーリンク

ライトゲーム用タックルでハードルアーを使うことがあるのでPE0.3号を巻いていましたが、後から購入したPE0.4号が気に入ったので、0.3号の方をジグヘッドリグ単体を想定して極細ラインPE0.15号に巻き替えてみました。

PE0.3号からPE0.15号に巻き替えてみた

UVF月下美人デュラセンサー+Si2 0.15号 150m

製品情報ダイワ UVF 月下美人 デュラセンサー+Si2

特徴は以下の通りです。

  • 2020年10月デビュー
  • 高密度PE(マッスルPE)
  • New Evo Silicone2加工
  • 25mマーキング
  • カラーは桜ピンク
  • 150m巻きと200m巻きの2種類
  • 0.15号~0.6号(6種類)
  • メーカー希望本体価格 2,800円(税抜、0.15号150m巻きの場合)

写真は製品パッケージの裏面です。製品カタログなどには記載されていなかったり、きれいにまとめられて記載されていたりするのでアップしておきます。

UVF 月下美人 ライン 月ノ響II+Si 0.3号は、ルアー釣りを始めたころに使用していたこともあり、高切れなどで75mや150mの継ぎ足しです。

関連記事ダイワ レガリス LT2000S-XH 替えスプール (2019-09-20 19:12:30)

今回は、関連記事の「UVF 月下美人 ライン 月ノ響II+Si 0.3号」の方を巻き替えています。
PE0.15号を使う場合のタックルは、ロッドが月下美人 AJING 55UL-S、リールは18 レガリス LT2000S-XHです。

ラインの巻き替えは、いつも通り、第一精工の高速リサイクラー2.0を使用します。

関連記事フロロラインからエステルラインへの巻き替え (2020-10-11 18:48:28)

 

まだ使用していませんが、とにかく「強い」といううたい文句で購入しましたが、この記事を書いているときに気が付いたちょっとがっかりした点は、「UVF 月下美人 ライン 月ノ響II+Si 0.15号」と「UVF月下美人デュラセンサー+Si2 0.15号」の強度が2.8lb(1.3kg)と同じであることです。耐摩耗性に優れたとあるし、月ノ響IIの価格より格段に安いのでそれはそれでメリットなのかと思いたいです。「UVF月下美人デュラセンサー+Si2」の方は、号数によってブレイドが異なるのでその点はよく確認してからご購入ください。
購入はこちらから

お薦めのラインカッター

PEラインを扱うときに困るのがラインカッターです。
とくに極細とかなると切れが悪いとイライラしそうです。
そこでお薦めなのが以下の2製品です。
  1. CARP AC-160 ダインカットマイクロA
    • 小さくてかわいいサイズ
    • 日本で昔から裁縫で使用されているハサミの形状と同じ
  2. ダイワ フィールドプライヤー2 
    • ライトゲーム用にぴったりのサイズ
    • スプリットリング外しやフック外しなどに使え汎用性あり

PE0.15号のラインをテンションをかけずにどちらのラインカッターを使ってもスパッと切断することができました。

関連記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事