スポンサーリンク

カスタムインストールのCentOS7 (x86_64)をインストールしたサーバでさくらのVPS 1Gプランから2Gプランにスケールアップ後、ディスク拡張にて既存のパーティションサイズを拡張する方法について記載します。
なお、さくらのVPSの公式サイトにある手順ではスケールアップ前がMBR方式だった場合にGPT方式へ変更になるため、そのままだとブートできなくなります。そのため、今回紹介する方法は、MBRのままディスクの拡張を行う方法です。

さくらのVPS スケールアップ後のディスク拡張

スケールアップで増加した100GB(トータル200GB)を利用できるようにする操作がディスク拡張です。

現状の確認

ブロックデバイスの一覧表示

# lsblk
NAME                     MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0                       11:0    1 1024M  0 rom
vda                      252:0    0  200G  0 disk
├─vda1                   252:1    0  500M  0 part /boot
└─vda2                   252:2    0 88.1G  0 part
  ├─system-usr           253:0    0 10.5G  0 lvm  /usr
  ├─system-swap          253:1    0  4.2G  0 lvm  [SWAP]
  ├─system-root          253:2    0 10.5G  0 lvm  /
  ├─system-var           253:3    0 10.5G  0 lvm  /var
  ├─system-home_mailuser 253:4    0  5.2G  0 lvm  /home/mailuser
  ├─system-home          253:5    0 41.2G  0 lvm  /home
  └─system-var_lib_mysql 253:6    0    6G  0 lvm  /var/lib/mysql

 

  • MBRパーティションテーブルです
  • GRUB2によりブートローダーはLBA0に書き込まれています。
  • /bootにstage2およびカーネルイメージが格納されています。
  • /dev/vda2はLVMです。

パーティション変更に使用できる標準的なツール

  • fdisk
  • parted
 gdiskなどGPT用のツールは書き込み処理後にGPT方式に変換されるのでここでは使用しません。

ディスク拡張の手順

/dev/vdaに対して操作します。

  • LiveDVDで起動
  • ディスクパーティションの確認
  • パーティションの拡張(/dev/vda2)
  • LVMの拡張

LiveDVDで起動

起動方法は以下の記事をご覧ください。

LiveDVDを準備しておくと後々いろいろと便利というのが理由です。
通常のレスキューモードで起動しても問題ありません。

ディスクパーティションの確認

$ fdisk -l /dev/vda
Device     Boot     Start       End    Sectors   Size Id Type
/dev/vda1  *         2048   1026047    512000   500MB 83 Linux
/dev/vda2         1026048 185788415 184762367   88.1G 8e Linux LVM

パーティションの拡張(/dev/vda2)

$ fdisk /dev/vda

Command (m for help):d

Partition number (1,2, default 2):2 

Partition 2 has been deleted.

Command (m for help): n 

Partition type: 
  p  primary (1 primary, 0 extended, 3 free) 
  e  extended 
Select (default p):*Enter* 

Using default response p. 
Partition number (2-4, default 2):*Enter*
First sector (1026048-419430366, default 1026048):*Enter* 
Using default value 1026048
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (1026048-419430366, default 419430366):*Enter* 
Using default value 419430366

Command (m for help): t
Partition number (1,2, default 2): *Enter*
Hex code (type L to list all codes): 8e
Changed type of partition 'Linux' to 'Linux LVM'

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

 

  • パーティションサイズの拡張は/dev/vda2を削除します。
  • 同じ開始セクターを指定して新しく作成しなおします。
  • このとき終了セクターはサイズ拡張後の終了セクターを指定します。
  • パーティションタイプを8E00(LVM)にします。

LiveDVD CentOS7 2003 GNOME

LVMの拡張
/dev/vda2のPVを拡張できればよいので以下を実行

$ pvresize /dev/vda2
  Physical volume "/dev/vda2" changed
  1 physical volume(s) resized or updated / 0 physical volume(s) not resized

VGで使用可能なPV数が増加しているはずですので、今後、圧迫してきたらそのLVパーティションを拡張すればよいだけです。(LVMの通常運用)

以上でパーティションテーブルがMBRの場合のスケールアップによるディスク拡張が完了です。

さくらのVPSはBIOSシステム(BIOSブート)だと思います。
BIOSブートでパーティションテーブルがMBR方式のままであるなら問題ありませんが、GPT方式の場合は、「BIOS Boot Partition:EF02」の作成が必要になります。
なおブートローダーの再インストールが必要になるでしょう。
GPTパーティションテーブルとは?

さくらのVPS 2Gプランの標準OSインストールの場合です。

  • /dev/vda1がBIOS Boot Partitionです。

gdisk -l /dev/vda

Number Start (sector) End (sector) Size Code Name
1 2048 4095 1024.0 KiB EF02 BIOS
2 4096 1028095 500.0 MiB 8300 Linux
3 1028096 9416703 4.0 GiB 8200 Linux
4 9416704 419427711 195.5 GiB 8300 Linux

lsblk

NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0     11:0    1  1024M  0 rom
vda    253:0    0   200G  0 disk
├─vda1 253:1    0     1M  0 part
├─vda2 253:2    0   500M  0 part /boot
├─vda3 253:3    0     4G  0 part [SWAP]
└─vda4 253:4    0 195.5G  0 part /
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事