スポンサーリンク

鯵を刺身にして食べるには3枚おろしにしたあとに、血合い骨を抜く処理があります。
鯵のサイズにもよりますが、骨抜きをした方が骨を気にしなくてよいので満足度がアップします。
100円ショップで急遽買ってきた骨抜き(ピンセットタイプ)は、非常に使いにくく手間がかかりました。
今回、もう少し楽にできないかということで同じピンセットタイプの小骨抜きを購入してみました。

鯵の小骨抜きを買い替え【ピンセットタイプ】

Nakajima NKS-145

  • 全長 12cm 幅 1cm
  • ステンレス鋼
  • 中国製

Nakajima NKS-145

近所の100円ショップ(ワッツ)で購入しました。
鯵の3枚おろしをしている途中で骨抜きがないことに気が付いて急遽購入しました。
骨抜きはどこに売っているのか?
困ったときにとりあえず探しやすいのが100円ショップです。
100円ショップにはこれしかなかったのでとりあえず購入しました。

抜きやすい先端形状?

Nakajima NKS-145

噛み合わせ部は隙間あり?

Nakajima NKS-145

NKS-145 使った感想
NKS-145は先端が斜めになっているため骨を掴みやすそうです。
実際に使用してみると、軽く掴んだ状態だと噛み合わせが良くないようで隙間があきます。
隙間ができないようにさらに力を入れると見た目の隙間はなくなりますが手が疲れます
私が買ったNKS-145の場合は、先端が尖っている方にいくほど隙間が広くなっています。
反対側の尖っていない方はぴたっとあっているように見えますが、実際に使ってみないとわかりません。
骨を挟んで抜こうとすると抜く力が加わったタイミングでプチっと掴み損ねてしまいます。
尖っていない方のほんの1箇所で骨を掴まないとうまく抜けません。
ピンセットは1cmの幅がありますが、使えるのはほんの1mmくらいでピンポイントで骨を掴まないとうまくいきません
先端の尖った方では抜けず、反対側で掴もうとすると尖った先端が魚の身をえぐることもあり身がボロボロになりそうです。
他の方の噛み合わせの拡大写真をみても個体差を確認できます。
個体差は100円ショップ製品の欠点ともいえます。

1切れで6本前後ある血合い骨をこの日はアジ5匹分、60本前後(5匹 x 2切れ x 6本)を抜くには、1本で2~3回トライすることになり200回ほどの骨抜き作業になりました。
シンクの高さがあっていないのもあって細かい作業に集中していると腰を痛めてしまいます。
NKS-145は、簡単ではないですがとりあえず何本かは抜くことはできたということで悪くもなく良くもなくといった感想です。
パッケージの中に入っているので噛み合わせの良い個体を選ぶことはできません。

骨は少し残っていましたが刺身は美味しく食べました。

最初に買ったNKS-145がいまいちだったので、ネットで調べて良さそうなのを購入しました。

遠藤商事 BHN02105 [SA18-0本職用丸骨ヌキ 105mm]

  • 全長 105mm 先端幅 18mm 質量 30g
  • 18-0 ステンレス
  • 日本製
今回は丸(関東型)を購入しています。

遠藤商事 BHN02105遠藤商事 BHN02105

TKG業務用総合カタログ (endoshoji.co.jp)の509ページに骨抜きの製品があります。

ピンセットタイプは、大別すると以下の3種類があります。

  • 関西型
  • 関東型
  • 柳刃

噛み合わせはバッチリ!!

遠藤商事 BHN02105

サイズ比較

遠藤商事 BHN02105

SA18-0本職用丸骨ヌキ 105mm 感想
軽く掴んだだけでも噛み合わせが良いのがわかります。
先端幅が18mmで隙間があるようには見えないので、骨のあるあたりを掴めばがっちり骨が抜き取れるように思います。
材質は18-0 ステンレスなので約18%クロムを含むがニッケルは含みません。磁石にくっつきます。JIS規格のSUS430になります。
耐食性はSUS304に比べてやや劣ります。
まだ実際には使っていませんが、期待大です。
スポンサーリンク