スポンサーリンク

これまで動画は、以下の方法で公開していましたが、いろいろ思うところがあって変更することにしました。

従来の方法

1.記事の投稿先

PlayNCのブログサイト

2.動画のアップロード先

さくらインターネットのレンタルサーバ

3.動画の公開先

PlayNCのブログサイト
※1(objectタグをブログ記事の本文ではなく、メニューにXSPFプレイリストを使用したembed方式で埋め込み)

4.プレイヤー

JW FLV Media Player 4.3 (swfプレイヤーファイルを2のサーバ上に配置)      ※1:メニューにプレイリストを使用した理由
①ブログ記事本文に埋め込むと、保存の際にobjectタグ内の記述が自動変更されてしまうため。
メニューに埋め込む場合は、変更されない
②過去の動画が、記事で埋もれてしまうため
③動画のアップロード後は、プレイリスト(レンタルサーバ上のXMLファイル)の更新だけで済むため、レンタルサーバの作業だけで済む。

従来の方法をやめる理由

十分にやりたいことはできてはいますが、以下の理由で実作業を考慮すると何かと不便です。
①WYSIWYGエディタが中途半端で使いにくい
②code、blockquoteやtextereaなどのタグを使用すると期待通りの結果にならない。
③ファイルアップロードのボタンで動作しないケースがある
④動画のアップロード可能ファイル形式でmp4が公開できるといいながらできない。
⑤アップロード可能ファイルサイズ制限は、1ファイル3MBといいながら1記事3MBまでである。
⑥自動ログアウト時間があいまい
だから「使えない」というわけでなく、1ユーザの使用可能ディスクサイズは1GBまでありますので、テキスト入力でたまに画像を貼り付ける程度であれば十分に使用できると思います。
ただ、①~⑥について問い合わせをしましたが、不具合であると認めたものの放置され続けている対応に"我慢の限界がきた"といったのが正直なところです。

ほかにもいろいろあり、対応もせず放置している件も数多く、すべてをすぐに対応できないのはわかりますが、現状がどうであるのかという正しい情報の公開と対応するつもりなのかどうかの意思表示がないのが問題であると思います。 あとPlayNCというところの体質として感じたのが、不具合があってもこっそりいつのまにか直す傾向がありますので、結果信用できません。最近の例では、ログインした状態でゲーム公式からPlayNCショップサイトへ移動すると、勝手にログアウトされて再度ログインしなおさないといけませんでした。それがいつの間にか改修されています。

愚痴はこれぐらいにして、結局の理由としては「我慢の限界」と「信用できない」の2点になります。

試行中の方法

1.記事の投稿先

さくらインターネットのレンタルサーバ

2.動画のアップロード先

さくらインターネットのレンタルサーバ

3.動画の公開先

さくらインターネットのレンタルサーバ

4.プレイヤー

Adobe Flash Media Player対応であるもの
候補
・JW FLV Media Player 4.5 (swfプレイヤーファイルを2のサーバ上に配置)
・Dash Media Player

標準のさくらのブログでは動画のアップロードには対応しきれませんので、さくらレンタルサーバにブログサイトの構築が必須となります。
やりたいことを一言でいうと動画公開サイトでしょうか?
ただ、共有(だれでもアップロードして公開)する環境を構築したいわけではないので、YouTube、ニコニコ動画、ZOOMEなどのような大掛かりなものではありません。
ブログ+動画アップロードの機能で十分と思っていますが、汎用CMSを利用するのが容易だと思われます。

そこでCMS環境に最低限必要なのがAMP(Apach,MySQL,PHP)環境になります。
運よくさくらレンタルサーバはこの環境があります。
これまで、Movable Typeを利用していた経験がありますが、今はこの手のものが多く選択肢はいろいろあります。
そこで、ずっとPHPを習得したいと考えていた経緯もあり、Drupalにしました。

さくらレンタルサーバが5月ごろPHPのバージョン5に対応したので、Drupalのバージョンは6(最新の6.13)を使用しています。さらにDrupalは、有志?による拡張モジュールが豊富であり、動画サイトの構築も楽かなぁと思ったわけです。また、LinuxやFreeBSDなどのパッケージ管理システムのようなモジュール管理機能があるので、モジュール管理も便利だろうと思ったしだいです。
やっと本題になります。 Drupalで動画を扱うならバージョン5を使ったほうが拡張モジュールが揃っているのだとあとから気づきましたが、いまさらな感じもあり6にしました。また、7が開発中?ですがまだまだ拡張モジュールが少ないので使えるレベルにはないような感じです。

Drupal6で動画公開サイトを作製することを考えた場合、これといったAll-In-Oneな拡張モジュールがみつからず、自分がやりたいことをしようと考えた場合、個別モジュールの組み合わせで構成するしかないようです。そうなると、拡張モジュールの多さにより選択肢を見つけるだけでも大変な作業でした。

厳密に言うと、All-In-Oneなモジュールとしては、Media Mover、Video、Media、Kalturaなどあります。しかし、実際導入してみないとやりたいことができるのかわからない。といった感じです。
よく間違ってしまうのが、動画共有サイトとDrupalを連携させて動画アップロードする支援機能もしくはすでに公開している動画をブログにembedする機能です。これだとさくらレンタルサーバのローカルディスクには動画をアップロードできませんし、アップロードできる動画ファイルはそのサイトの制限の影響を受けてしまいます。
また、Drupalで対応している動画共有サイトは基本的に日本国外のサイトです。Youtubeにも対応していたりしますが、高画質で再変換なしで公開するにはまた条件があります。国内に使えるサイトがないならそれでも構いませんが、ZOOMEのように無料で高画質な動画をアップロードできるサイトがあるのにわざわざ国外のサイトや再変換されてしまうサイトを使う気がしません。 ZOOMEも細かいことをいうと、動画のアップロード自体では満足していましたが、Google AdcenseでRMTなどの広告がでるので個人的に好きではありません。

以上から、自分がほしい機能をまとめると以下になります。
①Drupalのローカルにアップロード
②embed記述を自動生成(サムネイル画像含む)
③プレイリスト表示
④プレイリストの自動生成
⑤再変換なし(再エンコードなし、コンテナの変更のみであれば可)
⑥FTPサーバ機能なし
⑦動画の再生回数を表示

まとめると、アップロードする動画ファイルを指定すれば、個別記事にFlashプレイヤーをサムネイル付で表示し、さらに生成したプレイリストを使用して、すべての動画が再生できるページを表示できるようにしたいわけです。

サムネイル画像の作成自体は作業的に手間ではありませんので、動画とサムネイルを指定してというのでも構いません。 これに該当するモジュールをひたすら探しまわりました。

いままで試したのが

Video 7/24にUpdateされたため当時とは異なるかもしれませんが、再変換するしないの設定ができるようなのでこれは使えそうでした。mp4ファイルの場合にQuickTimeを使うembedコードが生成されてしまうのがネックで回避方法がわかりません。PHPがわかれば・・・なんとかなるレベルなのかさえ不明です。あとflvの場合はFlowplayerになります。
Media Mover FTPサーバがどうのとか・・・途中で挫折しました。
Kaltura 一応うまく動作しましたが、kalturaとDrupalが連携するようで、drupalで何が動作しているのかわからずアップロードしたファイルもどこにあるのか不明で使用をやめました。これによりdrupalを再度クリーンインストールするはめになりました。
Media まだ使っていませんが、期待はしてます。
FileField+JQuery Media JW FLV MEdia Player 4.3を使いましたが、どうもmp4がQuickTimeで再生されてしまいます。flvであれば問題ありません。ただ、サムネイルの貼り付けをどうすればよいのかとプレイリストをどうするかが決められずあきらめました。
FLV Media Player+XSPF Playlist 一番最初に試したため、Drupalって何?な状態でドキュメントと相違する点が多く断念しました。サムネイルを貼り付ける方法が不明でしたし、あとDrupal6のViews 2にはXSPF Playlistは対応できてない感じです。
FlashVideo+Dash Media Player 現在試行中の方法でplaylist表示でもがき苦しんでいます。Serversモジュールを使用するのがちょっと不安がありますが、一番やりたいことに近いです。FlashVideoでFFMPEGが必須なので別途コンパイルからしました。コンパイル環境の構築からでしたので2日かかりましたが、他の方法でもかならず使うでしょうから無駄にはならないと信じています。必ずffmpegが実行されるので再変換される仕様ですが、とりあえずオプションを"-vcodec copy -acodec copy -i @input @output"に変えて再エンコードはさせていません。サムネイル生成もFFMPEGでやってくれます。動画がflv、サムネイルはjpgがデフォルトのようです。moduleを変更すれば変更できますが、記事を表示すると"対応していないフォーマット"と表示されうまく表示できません。CCKを利用すると変換前の動画ファイルを削除する設定にすると動作しません。別途cronなどで消すかしないと2倍のディスク容量が必要になります。CCKを使わなければ削除する設定が使えます。あとは、dashplayerのplaylist表示ができない理由が不明でプレイリスト生成はとりあえずあきらめるしかなさそうといった結論に達しようとしているところです。

いろいろ試していますがまだ使える組み合わせが見つかっていません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事