スポンサーリンク

釣りをする場所を確実にすることと釣れる釣りをすることを考慮すると、東京湾エリアはショア(陸)よりオフショア(船など)の方がベストな選択に思います。
東京湾沿岸は他の地域に比べ圧倒的に交通の便が良く、車でなくても船宿までの移動に困りません。また、多くの船宿があることと、その船宿がいろいろな魚種に対応しているのは東京湾の良いところです。
自分に合った船宿を探すことでも楽しめると思います。
今回はバチコンアジングを目的にしていますが、バチコンアジングの専用タックルにするのか?それとも他の釣りに流用できるような万能タックルにするのか?を考えてみました。

東京湾 バチコンアジングのタックル

 記事中や製品カタログで錘負荷の単位にはg(グラム)号数表記を使用しています。ルアー釣りはグラム表記でエサ釣りは号数表記です。間違えないように注意してください。

1号=3.75g
1オンス ≒ 28g、1/4oz≒7g、3/4oz≒21g

バチコンアジング

まずは本命のバチコンアジングの説明です。

バチコンはバーチカルコンタクトの略です。
バーチカルは垂直、コンタクトは接触、アジングは対象魚がアジ、まとめると

船から仕掛けをアジのいるタナに垂直に落としてアジにコンタクトする釣法です。
チャーター船の場合はナイトが多く、東京湾ではLTアジ乗合船に同乗させてもらう場合はデイでも釣果があります。
デイでバチコンのみの船で行く場合はLTアジ乗合船の近くに位置するようなのでコマセが釣果に関係しているといえるでしょう。

バチコンアジングの基本タックル

ロッド

長さは6ft~7ftくらい。スピニングまたは両軸/ベイトリールでも可能ですが、ショアで使用していたスピニングリールで簡単に始めることができるのでスピニングがおススメです。ロッドは、アジの微かなアタリを感知し弾かず目感度のよいティップ、瞬時のあわせが可能なハリがあって硬めのベリー、良型のアジに負けないバットパワー、一旦、アジが掛かるとバレない粘りのあるブランクスが好まれます。アジは口の両端がびよーんと伸びる薄皮になっていて、この箇所にハリがかかると口切れでバラしやすくなります。理想のフッキングは硬い骨のある上アゴ掛けです。そのためには、アジがハリを吸い込んだ瞬間の微細なあたりを目感度と手感度を駆使してアワセる必要があります。調子について表記されている製品を見かけませんが、8:2調子に思います。
ロッドパワーはライトかミディアムライトくらい、実際の錘負荷は潮の流れや水深である程度決まりますが、東京湾では60g(16号)まで対応していると困ることはないはずです。チャーター船の場合は16号(60g)くらいまで、LTアジ船に便乗する場合は25号(93.75g)くらいまで対応していると困らないと思います。
ショアのアジングで使用しているロッドの場合は、20g以下のオモリを使用できるようなシチュエーションであれば可能なロッドもありますが、ほとんどが錘負荷がオーバーしてしまうのでロッドを傷めてしまいます。
LTアジの乗合船の場合は船宿の指定を遵守する必要があります。
(東京湾横浜エリアだと10号~20号または15号~25号、推奨または指定)

最近では専用ロッドが増えていますのでよりバチコンアジングの楽しさを感じることができます。

製品仕様の数値では、ダイワ 月下美人 MX AJING BOAT 68ML-Sで16号までのシンカーに対応できます。
ダイワアングラーの方の動画を見ていると64L-Sでも15号くらいは大丈夫そうです。
ただし、この場合の大丈夫は、ただ沈めて、魚付きで水面まで巻き上げてくるときの錘負荷の場合という意味で、下手な人が激しくしゃくったり、雑に取り込んだりした場合にかかる穂先の負荷を考えるとカタログ値通りの範囲内での使用が安全です。
なので、通常より負荷のかかる操作をする場合、破損時の保証などを考慮すると仕様通りの錘負荷範囲内での使用を推奨します。
より潮の速い場所や深場にいくのであれば錘負荷の範囲が広い次の「がまかつ ラグゼ VCチューン」がおススメです。
このロッドであれば根魚にも使えそうです。

同軸/ベイトタックルであれば次の2本がおススメです。

動画では610LB-Sと63MLS-Sとが登場しています。

リールとライン

リールはPE0.4号のラインを100m以上巻ければよいので、スピニングリールなら2000番か2500番です。
実際は魚のサイズや水深によりラインの太さ(強度)やラインの長さが変わります。
1号以下の細糸を使うのがバチコンアジングの面白さになっています。
0.4号くらいの細糸を使い水深が30m以下の浅瀬であればリールはスピニングリールがベストチョイスです。
スピニングであればショアで使用しているリールがそのまま使用できるメリットがあります。

シンカー

使用するシンカーは、チャーター船での場合は4号(15g)~10号(37.5g)くらいが一般的です。LTアジの乗合船の場合は、船宿によってことなります。
東京湾横浜エリアであればLTアジ船は水深20m前後のポイントに行くことが多いので10号~20号くらいです。
(太田屋さん推奨のウエイトは15号~25号です。)

ポイント
シンカーのウエイトは軽いものから試して潮の流れでオマツリしないくらいのウエイトに調整する感じです。
オマツリは周囲の人との距離や釣り座の位置も関係するので満員のときにいくような場合は特に注意が必要です。
当日の潮や使用しているラインの太さやブレイド数も関係するでしょう。錘負荷がMAX100gくらいまであると安心です。

 

バチコン専用ロッドは60g(15号)までの製品がほとんどです。
東京湾のLTアジの乗合船でエサ釣りの方は150g(40号)のビシを使用しているので、その重さと同じ錘を指定される船宿もあります。
バチコンに理解がある船宿かどうか?で異なるようです。
100g以上になると専用ロッドではなくイカメタル用ロッドやLTアジロッドや汎用ライトゲームロッドなどにする必要があります。錘負荷が100g以上の製品は水深が深いエリアに対応するためスピニング用ロッドは少なくほとんどが同軸/ベイト用ロッドになります。同軸/ベイト用ロッドを選択する場合は同軸/ベイトリールが必要になります。
同軸/ベイトタックルのメリットはカウンター付きであれば水深管理が楽な点です。

 

バチコンアジングの仕掛け

ダウンショットリグ

逆ダウンショットリグおススメ

ジグヘッド
バチコンで使用するジグヘッドのウエイトは1g以下の軽量ジグヘッドを使用します。
よく使うのは0.3g~0.6gくらいです。遠投用リグで使用するジグヘッドが丁度一致しています。
バチコンで釣れるアジのサイズは時には40cmオーバーのサイズのこともあるため、ハリは太軸がおススメです。
太軸だと釣れないこともあるので細軸のハリも用意しておくと対応できます。
また、アジの1回のあたりでワームがズレてしまうとそのたびに回収しないといけなくなるのでワームがズレにくいジグヘッドが好まれます。
ハリのサイズはメーカーでことなります。釣れる鯵のサイズに合わせるのが釣果につながりますので何種類か持っていた方がよいでしょう。
ソフトルアー
バチコンアジングはソフトルアーを使用します。
ダイワ製であれば月下美人 アジングビーム バチコンカスタムがおススメです。
サイズは2.2インチと3インチの2種類ありますので、コンディションによって使い分ければ釣果につながります。

特長は以下の通りです。
  • サイズ 2.2インチ/3.0インチ
  • カラー16色
  • 10本入り
  • メーカー希望本体価格 \450(税抜)
  • アミノ酸特殊誘引成分「アミノX」配合

そのほか、ショアでも使用しているアジングビームシラスビームソードビームなども有効です。
バチコンアジングはLTアジの乗合船であれば必ずデイゲームです。
また東京湾は20m前後の水深の場所に行くことがほとんどです。
紫外線が届く水深ですのでカラーはケイムラ系が安定です。
あとはスレ防止のカラーチェンジでグローやチャートやクリアー系なども用意しておくとよいでしょう。
月下美人 アジングビーム バチコンカスタムは東京湾などで釣果のあるカラーが追加されています。
ケイムラ系やグロー系の中でもケイムラMAX、微弱発光、強発光など選択肢が増えています。

issei製であれば海太郎 バルキースパテラ2.8インチがおススメです。

製品情報海太郎 バルキースパテラ

特長は以下の通りです。
  • サイズ 1.8インチ/2.5インチ/2.8インチ/3.0インチ
  • カラー16色/10色/14色/10色
  • 12本入り(1.8インチ)/9本入り(2.5インチ/2.8インチ/3.0インチ)
  • メーカー希望本体価格 \530(1.8インチ税抜)/\550(2.5インチ/2.8インチ/3.0インチ税抜)

おススメカラーはチャートレインボー、ライムシャッドグロー、オキアミグローの3色です。

そのほかは、スパテラ2.5インチガメシャッド2.5インチもよさそうです。

オマツリを回避
チャーターボートかLTアジ船かで仕掛けは少し変更が必要になります。
仕掛けが変更になるとタックルも変えないといけなくなるケースがあります。

チャーターボートなら割と自由ですが、LTアジ船に同乗させてもらう場合は、主役はLTアジの餌釣りの方々なので、オマツリを回避するためにも、船宿にバチコンアジングができるかの事前確認は当然として、シンカーの重さやPEラインの太さなど各船宿の指定を厳守する必要があります
船宿によってはLTアジで使用するカゴビシと同じウエイトを指定される場合もあります。
バチコンアジングに理解のある船宿のLTアジ船に同乗する場合は10号(37.5g)~20号(75g)くらいまでの錘負荷に対応できればよいでしょう。ただし、底がとれないとオマツリしてしまうのでウエイトを重くしないといけなくなるので25号(93.5g)くらいまで対応できると安心です。
バチコンアジングの楽しさの特長でもあるスリリングな釣りには、PEラインの細さも重要でPE0.4号~0.6号までがよく使われます。

オマツリは船釣りでは一番多いトラブルです。
気持ちよく釣りができるようにお互い気を付けたいですね。

ポイント

東京湾バチコンアジングでは、LTアジ乗合船に同乗させてもらう場合は、事前に船宿に問い合わせすることが重要
ラインはPE0.4号、錘負荷は10号(37.5g)~20号(75g)、ジグヘッドは0.3g、ワームは2インチ~3インチ、カラーはケイムラやグロー系、ハリサイズは#8~#6で太軸が好まれる
※錘負荷はMAX100gくらいまであると安心

以上、バチコンアジング用スピニングの船竿を購入するだけで始めることが可能です。

次は万能ロッドを考えてみることにしました。
その際、LTアジ、イカメタルを参考にしてみました。

万能ロッドとするには?

専用ロッドを購入した場合、たとえば、今回であれば、バチコンアジング専用ロッドを購入した場合、おそらくイカメタルやLTアジのロッドを流用するより釣果もあがるでしょうし、バチコンアジングの良さを存分に楽しめると思います。バチコンもしたいし他にもいろいろしたいという場合、バチコン専用ロッドは感度を優先にしているためか錘負荷の範囲が狭く汎用性はよくありません。

次は、いろいろな船釣りに流用できる自身にとっての万能ロッドの見つけ方について考えてみます。

東京湾の船釣りをいろいろ楽しむためのロッドを選ぶのであれば、次の点に気を配るだけで万能ロッドとして利用できるのではないでしょうか。

  1. 船竿の調子
  2. 錘負荷
  3. スピニング用か同軸/ベイトリール用か
  4. 船竿の長さ
  5. 船竿のパワー

この中で一番、釣果に影響するのがロッドの調子です。

船竿の調子

調子(テーパー)とは

ロッドがどこで曲がるかどんな曲がり方をするかを表します。

9:1 エクストラファースト 先調子
8:2
7:3 ファースト
6:4 レギュラーファースト
ミディアムファースト
胴調子
5:5 レギュラー 本調子
ブランクス全体が曲がる スロー
パラボリックス
元調子

スローよりの胴調子(5:5、6:4)はマダイや泳がせ釣りなどのような食わせの釣り(遅あわせ)、かかったときに走る魚に向いています。一方、ファーストよりの先調子(8:2、9:1)は掛ける釣り(早あわせ)、かかったときに根に潜るような魚をパワーで引き上げる釣りに向いています。さらに両方の中間の7:3があります。
汎用のライトゲームロッドだと釣り方や魚種に合わせて選択できる製品がありますが、専用ロッドではターゲットに合わせて調子は決まっていることが多いです。
万能ロッドには7:3がおススメです。

錘負荷

船竿の錘負荷で使用できる仕掛けの重量が決まります。
仕掛けの大半は使用する錘の重さが占めています。
船釣りで使用する錘の重さは、水深や潮の流れの強さに左右されます。
船がどのエリアに行くのか?場所や季節によっても変わります。

船釣りで最も多いトラブルは、他の釣り人とのオマツリです。
オマツリを回避するためにも船宿が指定するタックル、仕掛けを厳守することが大切です。
バチコンアジングで使用する錘の重量と一致するのがイカメタルです。
イカメタル用でもオモリグ対応のように重い錘りに対応しているロッドであればさらにLTアジの錘の重量に一致する製品があります。

対象 錘負荷
バチコンアジング 10号~20号
イカメタル 10号~30号
シロギス 8号~10号
スルメイカ、ヤリイカ、ムギイカ、マルイカ 80号~100号
LTアジ 30号~40号
LTイサキ 40号~60号
LTタチウオ 40号~60号
LTマダイ(コマセ) 30号~40号
鯛ラバ 10号~40号
タチウオ 80号~120号
(LT:40号~60号)
マゴチ 10号~20号

錘負荷は20号~80号に対応したロッドを選択すればライトゲーム用の万能竿になることでしょう

ルアーウェイトと錘負荷
ルアーウェイトと錘負荷について記載しておきます。
ロッドには投げるタイプと船などから真下に落とすだけのタイプと両方できるタイプあります。
投げるタイプのロッドでは、ルアー釣りの場合はキャストウェイトまたはルアー重量などで適正なルアーの重さが表示され、餌釣りの場合は錘負荷で適正なオモリの重さが表示されています。
ロッドにとって適正な重さとは、劣化しない破損しない重さでメーカーによってどれくらい安全マージンをとるかはことなります。
もちろん、個体差があるので実際の限界値はロッドごとに異なります。また、限界値付近での使用はロッドの寿命が短くなるのは当然でしょう。
キャストロッドの場合、ロッドに負荷がかかるのは要素は投げ方です。
投げ方は人それぞれであり、ロッドに良くない投げ方をする人とロッドに優しい投げ方をする人では全く影響がことなることでしょう。

ルアー重量が15gのロッドの場合、船で垂直方向に落とす場合にどれくらいのオモリが使用できるのか?
これについて考えてみます。
具体的な例があった方がイメージしやすいので、今回は「ダイワ 月下美人 AJING 78ML-S」で考えます。

ダイワ 月下美人 AJING 78ML-S」をバチコンアジングで使用する場合、どれくらいの重さのオモリが使用できるのか?
船上ではショアのようなオーバーヘッドキャストをすることはありません。キャストしてもアンダーハンドキャストです。
ここでは、単純に垂直方向に仕掛けを落とす場合について考えてみます。
以下の錘を付け替えてみて穂先の曲がり具合で判断してみました。
  • ENGINE Studio 100タングステン ドロップショットシンカー カバーリング 1/2oz 約14g
  • ENGINE Studio 100タングステン ドロップショットシンカー カバーリング 1oz 約28g
  • Fish Arrow フリリグシンカー タングステン 1.25oz (約35g)
  • Fish Arrow フリリグシンカー タングステン 1.5oz (約42g)
  • Fish Arrow フリリグシンカー タングステン 2oz (約56g)
  • issei 海太郎 ヌケガケロケット 15号 56g
  • issei 海太郎 ヌケガケロケット 21号 78g
  • issei 海太郎 ヌケガケロケット 25号 93g

結果、ルアーウェイト15gの2倍の30gくらい(約28g)くらいは大丈夫そうでした。
40gを超えると穂先の弾力がなくなっていくのがわかり、余裕がなくなっている感じが伝わりました。
56g以上は穂先の曲がりにほとんど変化がなく、ブランクス全体で支えている印象でした。
キビキビしたアクション操作、急激な重さ、圧倒的な重さが加わるとバキッといくのではないかという危険を感じます。
ちなみにロッドのスペック以上の負荷がかかった場合には、ロッド全体がバッシャと弾け壊れるそうです。

オモリを使用した際にロッドの穂先がフルに曲がる状態は余裕がなく仕掛けを投入した際、仕掛けをアクションさせた際や魚が掛かった際に破損する危険性があります。
ロッドの調子によって曲がり方が異なり、許容範囲もかわります。
2~3割くらいの曲がりであれば問題ないと思いますが、対象魚の種類やサイズにもよります。
製品仕様を超えたウェイトでの使用は自己責任でお願いします。

スピニングか同軸か

スピニングリールは30m以下の浅瀬やちょいなげのような水平方向の釣りに向いています。
細いラインを扱えるのもスピニングリールのメリットです。
一方、同軸/ベイトリールは深場のバーチカルな釣りに向いています。
50m程度であれば手巻きでも問題ありませんが、50mを超える水深の場合は電動リールを検討する必要があるでしょう。
がりがりと巻き上げるパワーは同軸/ベイトリールの方が優れていますがドラグ性能は劣るようです。
また、タナを把握するためにイカメタルではカウンター付きが重宝されます。
魚種や水深などでスピニングか同軸/ベイトかを選択することになります。
両方のタイプを用意することで気分転換や+αの釣果になることもあります。
イカメタル用ロッドにはスピニング用ロッドが何種類かありますので流用がしやすいです。
オモリグ用はスピニングタックルが多いです。
万能ロッドには同軸/ベイトリール用が幅広く使用できます。
ただし、PEラインの太さを船宿指定にしないといけないこともあり、ラインの太さの変更をどうするのか?
PE2号を200m以上巻いていればほとんど問題なさそうですが、問題のある場合にどうするのか。
もう1台異なる太さのラインを巻いた同軸リールを用意するのか?
その場合は、1号以下を1台と2号前後を1台用意すればよさそうです。
ポイント同軸/ベイト用ロッドはリールシートの部分に突起物があります。

船竿の長さ

釣座での操作を考えると、操作性の良いロッドの長さは仕掛けの長さに左右します。
さらに、あたりのわかりやすさ、アクションのしやすさなども長さによって決まります。
沖の大物との格闘には長い竿が有利です。
ライトゲームなら200cm前後、魚種によっては250cm前後が必要になってきます。
竿が長いほど船体が波のうねりで揺られる際の影響を仕掛けに与えにくいメリットがあります。
初心者が長い竿を船上で扱うには困難なので慣れるまでは160cm~190cmくらいの短めがおススメです。

船竿のパワー

竿のパワーは、穂先はしなやかで柔らかく、バットは硬めのロッドがおススメです。
アクションは穂先を使って、巻き上げは硬めのバットでというのが船釣りのロッドに好まれるようです。
パワーがあるほど重い錘負荷に対応できるので汎用性は高まります。
感度を優先するなら柔らかいウルトラライトやライトが、バランスならミディアムライトかミディアム、重量のある錘を扱えてパワーで引き上げるのならミディアムハードかハードとなります。

万能ロッドを考えるにあたり、イカメタルとLTアジのタックルが実際にどんなものなのかをフォーカスしてみました。

イカメタル

東京湾の船釣りはシーズンによっても様々な魚種を狙えますが、イカ釣りを紹介します。
イカメタルとは、イカを船から鉛スッテと浮スッテを接続して疑似餌でイカを釣る方法です。

鉛スッテは錘の役割をし、浮スッテはエギなどに取り換えることもあります。
イカメタルは、夜釣りです。

シーズンによって狙うイカの種類が異なります。
主に狙うイカとシーズンは、ケンサキイカ(6月~9月)、スルメイカ(7月~9月)、ヤリイカ(11月~4月)です。
水深は20m~30mのわりと浅瀬から100m~200mの深場のエリアへ行くこともあります。
シーズンによってタックルが変わります。

発祥地は福井県敦賀市といわれています。
オバマリグは地名の小浜(福井県オバマ市)のことなんでしょうね。
同じ小浜でも京都府網野町にあるのはコバマです。
そういえば、子供のころに若狭湾にアジの夜釣りに行った際、沖にイカ釣り船をよく見かけました。
実家から車で1時間半くらいで行ける場所ですが、懐かしい思いがします。

イカメタルの基本タックル

ロッド

8:2調子のロッドで、スピニングまたは同軸/ベイトリールのどちらでもOKです。
乗せ掛けの好みでも選択は分かれます。
長さは6ft~7.5ftくらいまで、ロッドは、イカの微かなアタリを感知し弾かず目感度のよい柔らかいティップ、イカを浮き上がらすだけのパワーをもったバットが好まれます。
使用する鉛スッテの号数に応じて錘負荷がことなりますが、実際に使用するのは20号~30号くらいまでが多いと思います。
関東周辺では伊豆方面は水深が深く潮の流れの速いポイントにいくことになりますので、30号以上に対応しているロッドが必要になります。

リールとライン

タナを攻略することがイカメタルで釣果を上げるために必要です。
同軸/ベイトリールでカウンター付きがおススメです。
水深によっては手動巻きより電動巻きが効率が良くなります。
ラインはPEライン0.4号~0.8号を200m以上巻ければ困ることはありません。
できるだけラインは細くした方がワンランク上のロッドを使っているのと同じくらいの効果があります。
スピニングリールだとハイギアーの2500番あたりがベストです。
ダイワ製の場合、セルフ電池交換ができる機種とできない機種があります。
できない機種はメーカーにて電池交換が必要です。

浮スッテ鉛スッテ

浮スッテは2号くらい、鉛スッテは10号~20号くらいです。
浮スッテに15号~40号のシンカーを取り付けて鉛スッテに2.5号のエギをつければオモリグになります。
浮スッテの箇所の結束は固定と遊動タイプがあります。

エメラルダス イカメタルスッテ

エメラルダス イカメタル ドロッパー タイプE(エギタイプ) RV

オモリグシンカーTG

イカメタルの仕掛け

オバマリグ

オモリグ

ポイント

東京湾 イカ釣りでは、船宿ごとに仕掛けがことなるため実際には問い合わせてみてください。としか言えません。
仕掛けによってPEラインの太さは異なるようです。

LTアジ

LTはLight Tackle(ライトタックル)の略です。
Light Tackle(ライトタックル)は「より軽量な道具」、このもとになるのはビシアジ釣り、アジはそのまま対象魚がアジ、まとめると
LTアジはビシアジ釣りより軽量な道具でアジを釣る方法です

ビシアジ釣り
ビシアジ釣りは水深100m前後、片天秤を取り付け100号(375g)~150号(562.5g)のカゴビシにコマセをいれ仕掛けの2本か3本バリにイソメなどをつける餌釣りです。
狙う魚種に合わせて付けエサを持ち込む人もいます。

これをライトにした東京湾のLTアジは、水深は30m前後、30号(112.5g)~40号(150g)のカゴビシを使用するためタックルはより軽量になります。子供や女性でも楽しめ、料金の割引もあるのでお得です。
東京湾には非常に多くのLTアジ船が出ています。
バチコンアジングはこのLTアジ船に同乗させてもらうことで昼間でも釣果が期待できます。

次の動画は、自宅から徒歩10分以内の弁天屋さんのLTアジです。

LTアジの基本タックル

ロッド

長さは170cmくらいが扱いやすいです。同軸用ロッドで調子は7:3/8:2の先調子のロッドです。LTアジ用は7:3調子が多くイカメタルは8:2調子に近いものが多いようです。錘負荷は20号~60号まででよいですが、深場や潮の流れのはやい場所に行く船の場合は100号くらいまで対応していると安心です。

リールとライン

リールは同軸リールまたはベイトリールで、PE2号が100m以上巻けるリール、ダイワ製なら100番、ダブルハンドルで巻き上げ性能が良く小型同軸リールで軽量なモデルがおススメです。同軸リールは左巻き(L)か右巻き(Rまたは表記なし)かで製品型番が異なりますので注意してください。

シンカー

30号~40号の小型ビシを使用します。潮の流れの速いところでは100号くらいまで使用する場合もあるようです。乗合船では船宿の指示通りの重さにしてください。フジワラ テーバービシは水深20mくらいまでの浅瀬で使用するには最高のアイテムです。それ以上の水深になるとボトムにつく前にコマセがなくなってしまうことがあります。ヤマシタ ライトビシ の方がコマセがでにくいので深場ではそちらのほうが使いやすいでしょう。

LTアジの仕掛け

片天秤仕掛け

近くの人気船宿

どちらも金沢八景で自宅から徒歩10分前後です。

ちょっと離れていますがバチコンアジングのYoutubeで紹介されています。

東京湾LTアジの魅力
東京湾のLTアジの魅力は安い、楽しい、美味しいです。
東京湾ではLTアジ船は非常に多く出船していて、日中は午前/午後だけの短時間で楽しめるコースもあり料金もリーズナブルです。
東京湾では船宿までの交通のアクセスがよく、手ぶら感覚で簡単に楽しめて、それなりの釣果も期待できるのが東京湾のLTアジの魅力になっています。
東京湾のアジの一部は湾内に根付き丸々太って育ちます。
回遊するマアジ(黒アジ)とはことなり回遊せず丸々太って育ったアジを金アジといっています。
回遊しているマアジは体色が黒くスマートで身が締まっていますが、金アジは体色が黄金色で脂ののりがよいのが特徴です。食べても美味しい東京湾のアジが人気の理由の一つです。
ライトアジ

ポイント

東京湾 LTアジでは、ラインはPE2号を使用する船宿が多くPE0.8号を使用するアングラーもいる、カゴビシは水深20m~30mで40号(150g)、タナは2m、ハリはムツ10号前後
ベイト/同軸タックルが一般的

流用おススメタックル

総合的に流用できるロッドはイカメタルロッドではないかという結論です。
イカメタルロッドは穂先がしなやかで柔らかいモデルが多く、バチコンアジングやLTアジの要件を満たしています。
イカメタルロッドの中でもオモリグ対応ロッドは錘負荷が広範囲の製品が多いのでいろいろな釣りに流用できる可能性があります。
スピニング用と両軸/ベイト用のラインナップがある点も魅力です。


バチコンアジングをメインに考えるとイカメタル用ロッドが汎用性が高く思います。

ポイントは錘負荷と適応ライン
バチコンアジング専用ロッドはダイワの場合、PE0.6号以下になります。
一方、イカメタル用はPE1号以下までとなるので、錘負荷が合えばLTアジにも条件付きで使えそうです。
東京湾の場合、LTアジではPE2号指定の船宿がありますが、そうでない船宿もあるのでPE1号が使用できるイカメタル用ロッドはLTアジにも使用できそうという安易な発想です。
今回はイカメタル用ロッドにしてみましたが、マルイカ用を使っている方も多いようです。
ロッドパワーがMLならばライトタチウオなどにも使えそうです。
調子は7:3が汎用性があるように思いますが、8:2でも6:4でもそれぞれのメリットを活かした釣りができると思います。

 イカメタル用ロッドは細糸(1号以下)を使うのでPEラインの太さの問題で適応できないケースが考えられます。適合ラインを確認してください。

イカメタルとバチコンアジングだけなら次のロッドでもよさそうです。

ダイワ エメラルダス MX イカメタル N63ULS-S

スピニング用MEGATOP HVF X45V-JOINT AIRSENSOR20~95g
バチコンアジング用ロッドの場合、錘負荷が60gくらいまでなので不安があると思います。
このイカメタルロッドは95gまで対応しています。

次のロッド2本は、錘負荷だけみれば東京湾のLTアジでも使えそうです。
PEラインは1号までの制限がありますので注意が必要です。

ダイワ エメラルダス MX イカメタル OR70MLS-S

細糸に対応している同軸/ベイトリール2製品の紹介です。

ダイワ ティエラ IC 105XHL

同軸/ベイトICカウンター付きZAIONHYPERDRIVE DIGIGEARHYPER ARMED HOUSINGHYPER TOUGH CLUTCHATD

ダイワ LIGHT SW X IC SS/L SS

同軸/ベイト

PE 0.4号-200m、PE 0.5号-200m、PE 0.6号-200mは下巻き不要の浅溝スプールの製品です。
イカメタルやバチコンアジングにピッタリのラインの太さです。
カラーはエメラルダスシリーズと相性がよさそうです。
実売1万円前後ですが、セルフ電池交換に非対応なのがデメリットです。
 セルフ電池交換ができない製品はメーカー修理対応と同じ扱いになります。

イカメタル用ロッドの場合、デカアジを巻き上げることが難しいというような話も聞きます。
ロッドの特性が関係しているようですが、イカメタルロッドはバチコンアジング専用ロッドよりバットやベリーが硬いのでアジの口が切れやすいとか・・・デカアジとなるとなおさら柔らかい口にかかったらバラシやすい。しかし、使ったことがないので正確な事はわかりません。

ライトゲーム全般を楽しみたいならダイワならアナリスターシリーズやXシリーズ
がまかつやシマノからもそれぞれ1本を選んでみました。
大は小を兼ねるでライトゲーム全般を楽しめるロッドを選択してみました。

バチコンアジング専用ロッドはPE0.6号以下、イカメタル専用ロッドはPE1号以下のPEラインを使用します。
次の2シリーズは、より重いオモリが使用でき調子とロッドパワーが選択できます。バチコンアジングが主ではなくなりますが船のライトゲーム全般に使えることでしょう。
予算に余裕があるなら極鋭シリーズがおススメです。

アナリスターライトゲームシリーズのロッドは通販だと在庫がないようですが、店舗に行くと意外と在庫があったりします。
近所の店舗を覗いてみると73 M190/73 MH190/73 H190がありました。

マルイカ用ロッドは穂先が2種類付属している製品があります。

ダイワ アナリスター マルイカ マルチ

同軸/ベイト用X45 AIRSENSOR10~60号/30~80号

ダイワ以外で万能ロッドの紹介です。

がまかつ ライブラ2 ML180

同軸/ベイト用ソリッド SiCステン スクリューシート20~60号

シマノ ライトゲームSS TYPE73 MH190 LEFT

同軸/ベイト用スパイラルX Xシート CI4+20~80号

シマノのロッドのライトゲームシリーズでは、BB→SS→Ci4+→XTUNEの順でグレードアップします。

同軸/ベイトリール用タックルにすると同軸/ベイトリールが必要になります。
イカメタルはレンジコントロールが必須なのでカウンター付きがおススメです。
次のリールはセルフ電池交換対応PE2号を200m巻くことが可能、値段はロッドとバランスが取れているように思います。

 必ず購入前に使用可能なPEラインの太さを確認してください。

以下の2製品はどちらも0.4号未満の入力ができません。(150サイズのみ0.4号は入力できます。)

ダイワ ライトゲーム IC 150L-DH

同軸ICカウンター付きHYPERDRIVE DIGIGEARHYPER ARMED HOUSINGHYPER TOUGH CLUTCHATD

ダイワ スパルタン IC 150HL

同軸/ベイトICカウンター付きATD

便利なアイテム

船釣りで便利だと思うアイテムは、竿やすめとかロッドキーパーなどといわれる製品です。
LTアジではコマセを詰めたりエサをつけたりするときにロッドを確実に置ける場所があると便利です。
船は揺れていますので最悪はロッドが海に落ちる可能性もあります。
魚を抜き上げる際にもロッドを置く場所があった方が便利です。
ダイワでは竿掛けというようです。
船べりに挟んで取り付けるので船べりのサイズに合わせて購入します。

ダイワ チョイ置きホルダー

ライトホルダーα90CH/160CH/240CH

ライトホルダーメタルα 90CH/160CH

はじめての船釣り

船釣りがはじめての場合に参考になる動画です。
最初は何かと不安だと思いますが、わからないことは聞いてわかるようにしておいた方が吉です。

釣り場探し、船宿探しに!

ダイワ FishingMap

船釣りのルールを守りましょう
遊漁に関して地域ごとの取り決めがあります。船釣りのルールを守りましょう。
神奈川県ではイワシミンチの使用量や金網籠やプラスチック籠のサイズも規定されています。網目の場合の結び目の数なども決められているので、カットして網目を大きくすると使えなくなる可能性もあります。地域によってはプラスチック籠しか利用できないエリアがあります。
バチコンアジング専用タックルとその他のオフショア(船)のライトゲームに流用できそうなタックルを考えてみました。
バチコンアジングやイカメタルはルアー釣りです。一方、LTアジは餌釣りです。
エサ釣りのLTアジは寄せエサにイワシミンチを使います。このニオイが苦手なので悩んでしまいます。
大は小を兼ねるでLTアジ用タックルでもバチコンアジングは可能ですが、より細いライン軽い錘を使って感度を楽しむならやっぱりバチコンアジング専用タックルをそろえるのがベストだと思いました。
可能性ならバスロッドでも可能らしいですが、パツンパツンのロッドではアジのアタリに気づく事ができないようです。
オフショア(船)のライトゲーム全般に流用できるようなタックルに関しては関連記事の方を参考にしてください。
実釣後、LTアジ船に便乗する場合のバチコン用ロッドについて更新しています。
スポンサーリンク