スポンサーリンク

2022年7月15日、念願だったバチコンアジングに行ってきました。
久々の実釣記事です。

横浜バチコンアジング 2022.7.15

当日までの準備などは関連記事をご覧ください。

今回、船宿は太田屋さんにお世話になりました。

午前アジ船は7:15~11:30です。
30分前には乗船して準備などしておくと慌てなくてすみます。

当日のタイムテーブル
以下は当日のおおよその流れです。
6:15 家を出発
6:27 太田屋に到着
6:30 記帳、料金支払い、救命胴衣レンタル
6:40 酔い止め服用
6:45 午前アジ船に乗船-釣り座は右ミヨシ
6:46 逆ダン仕掛け作り
7:16 出船
7:40 ポイント到着
9:06 最初の1匹目ゲット
ぼちぼちアタリがでてきて2匹目3匹目ゲット1匹バラシ
少し移動
4匹目ゲット(30cmくらい)、1匹バラシ
さらに移動
もう一度移動
5匹目ゲット、2匹バラシ
11:00 納竿
11:30ごろ 到着
12:00ごろ 帰宅
12:10 片付け&魚捌き
13:00 終了

今回の仕掛け(逆ダン仕掛け)

ロッドは193cm(錘負荷10~40g)、メインラインはPE0.4号、リーダーは8lb 100cm PEとの結線はFGノット、捨て糸は6lb 150cm リーダーとの結束はハーフヒッチ、ジグヘッド 0.3g #8 リーダーとは漁師結び、シンカーは42g チチワ結びに接続。
今回使用したエメラルダス PEラインは、マーキング付きです。
船長が20mというと、エメラルダスグリーン、パープル、そして次のカラーのオレンジがロッドの先端にかかるくらいで着底でした。
18mだとオレンジがリールからでないくらい。
ただ、シンカーが軽いのか潮が速いのか船が動くからなのかラインが流れる様に横にはしるときはそれ以上になっています。
オマツリが怖いので横に行き過ぎたなと思ったらLTアジの方がコマセを詰めている間に回収したりしていました。

シンカー

15号~25号(太田屋さん推奨)
※船宿推奨より使用オモリが軽い件については、太田船長にお話しし乗船させていただきました。

Fish Arrow フリリグシンカー タングステン 1.5oz(約42g) 製品情報
シンカーは交換をすることを前提に捨て糸をチチワ結びにしてシンカーを取り付けました。
外しやすいので交換が便利です。
実際にポイントで沈めてみて、42gでは軽いと思いました。
12号(45g)の鉛シンカーがありましたが、3gの違いで体積が増すと結局流される度合いは変わらないかひどくなると思い12号(45g)鉛シンカーは使用しませんでした。ずっと42gのタングステンで我慢しました。

2oz(約56g)が新発売になっているので入手予定です。

使用ジグヘッド

レベリングヘッド 太軸金鈎 0.3g #8 製品情報

使用ワーム

  1. issei スパテラ製品情報
  2. ダイワ 月下美人 アジングビーム バチコンカスタム製品情報 
  3. ダイワ 月下美人 アジングビーム バチコンカスタム ストロング 2.3inch製品情報
    • チャートドットグロー ワームを外すときに切れた
    • クリアグロースポット 1アタリ

今日はissei 海太郎 スパテラ 2.5inchが良かったです。
レベリングヘッドと一緒に使ったので効果があったのかもしれません。

釣り座の前にある手元の道具置き場に使いそうなものを並べました。

メモ
マグタンクケースは見開きタイプなのでこの場所に置くと少し狭く感じます。
または内ケースとの隙間が空洞になっているのでそこに水が溜まります。
雨の日にも水が入り厄介です。
ライトゲームケースはスパテラ2.5インチのワームを5種類を収納していましたが、全部使うわけではないので各カラー1個だけタオルの上にでも出しておけば、このあとケースをひっくり返して大慌てすることもなかったことでしょう。
必要なものはタオルとフィッシングホルダーと使うワームとハリ外しだけにしておけば無駄に汚れてあとで洗浄が大変なこともなかったと思います。
雨だとニオイとヌルヌルが道具に付着するようで、ケース類は中のものを取り出すときだけ出すようにして常時バッグにしまっておくべきでした。

海水をいれるバケツはトイレの横にあるので、もし釣り座になければ船長に言って持ってくればOKです。
乗船してから氷(1個はサービス)をもらうのを忘れていることに気が付きました。
終わってからもらいました。

釣果

午前アジ船の釣果です。
2022.7.15バチコンアジング 太田屋 釣果

私は、マアジ 5匹(25cm~約30cm)
バチコンアジング

太田屋さんについて

太田屋さんの路上に佐野船長?が見えたので挨拶、そして「アジ船です。」といっただけで「バチコンね」と返されました。
ロッドみればわかるのかな?それとも一番最後だったのか?
店に入ると太田船長が出迎えてくださり、「アジ船です。バチコンです。」で受付開始、アジ船の船長さんに釣り座の場所を確認してくれました。
料金は、アジ船は半日だと\6500です。
割引のサービス券を使えば\500割引とかあるのですが、面倒でそのままにしました。
実は誕生日だったのでさらに\500割引の対象だったのですが、今日は初めてで余裕がなかったのでスルーしました。

受付でポイントカードを作ってもらい、金沢八景太田屋バチコン部のステッカーもいただきました。

ポイントカードは、10回/20回で\500 off 、15回/30回で半日無料券/1日半額券です。
金沢八景太田屋バチコン部は、ブロンズアジのステッカーがもらえました。
アジのサイズでシルバーアジゴールドアジのステッカーがもらえるそうです。

いきなりランクアップはできませんでしたが、一つの目標として楽しめそうです。
半日の時間は約4時間で他より短い分お値段もお安くなっているようです。

釣りが終わってから道具のメンテや片付け、魚の調理などの時間がゆっくりとれるので私には4時間が丁度いいように感じました。
2人で食べれる量以上は必要ないのでそういう点でも4時間で十分です。
それなりに釣れたから言えるのかな?

太田屋の船長さんは皆さん親切で丁寧でした。
また利用しようと思います。
実は、3年ほど前に仕事でお会いしているので最初から分かっていたことです。

アフターフィッシング

本日は、マアジ5匹です。
以前のLTアジの頃よりサイズが大きいので5匹でも食べごたえありです。
すべて、3枚おろしにして刺身で戴くことにしました。

3枚おろしの方法は以下の動画を参考にしました。

包丁

貝印 アジ切り包丁 関孫六 金寿 105mm 日本製 AK1100 製品情報

15cmくらいのアジであれば気になりませんでしたが、今回のように20cm以上、30cmくらいまでのアジの場合、刃が小さく感じます。
一回で切れないのでもうワンサイズ大きいほうがよさそうです。

骨抜き

骨抜きがなかったので近所の100円ショップ(ワッツ)でNKS-145を購入しました。
大きい割には1点でしかつかめず、掴み損ねるたびに身が崩れ、手で触る回数が増えるのでもっと良いものを探しています。

遠藤商事 BHN02105 [SA18-0本職用丸骨ヌキ 105mm]を購入してみました。

無事にバチコンデビューできました。
午前アジ船は、LTアジの方がトモと胴の釣り座で左舷右舷それぞれ3人に分かれ計6人、ミヨシから少し間を空けて配置してくれました。
私の釣り座は右舷ミヨシです。

着底するシンカーとラインの太さでオマツリ回避
今日は、昨日と同じような潮なんだと思いますが、PE0.4号でシンカーが約42g(1.5oz)だとすぐに斜めに流れることがありました。
少し船首側にキャストして対策しました。
LTアジのエサ釣りの方の投入タイミングや上げたタイミングなどと自分の仕掛けの位置などを神経質なくらい気にしました。
潮に流されるのは仕掛けだけではありません。
船も流れるので船長さんがコントロールしてくれています。

月下美人 MX BOAT AJING 64L-Sは感度がよい
バチコンは、アジのあたりを感じることができて非常に楽しいです。
掛けれないことも何度かありましたが、そのゲーム性が面白いです。
今回、MAX30cmでしたが、これに近いサイズがもう1匹かかりました。
正直、抜き上げがやばいと思うような重さでした。
上顎ではなく柔らかい口にかかっていたようで、抜き上げ時にバラシてしまいました。
あと、糸ふけのあたりもありました。
この時はフッキングが浅かったようで巻き上げ時の途中残り5mくらいでばらしてしまいました。
ヒットがあったのは、ゼロテンションステイの時がほとんどです。
あと、最初はエダスを15cmくらいになるように調整していましたが、エダスを7cmくらいにしてからアタリが増えました。
魚が釣れるとエダスの長さが30cmくらいにまで伸びているので毎回ズレていないかチェックが必要です。

行はよいよい帰りは・・・
行は20ℓのソフトクーラーとタックルバックを担ぐいでも重さを感じず12分ぐらい余裕で歩きました。
しかし、帰りは氷、海水、魚が増えているのでチョーつらいです。
距離は近いけどもキャスターがないと腰と肩を痛めてしまいそうです。
キャスターだけ別で購入すると船に乗っている時にどうするのか?それも考えて購入しなければいけません。
TAKAMIYA パワーキャリア TG-129を購入してみました。(2022年7月27日)

月下美人 MX BOAT AJING 64L-Sは感度がよくて30cmくらいのアジならパワーは問題はないロッドです。
ですが、いろんなシチュエーションでも使えるかというと不安です。

錘負荷が不安
潮が速い時は、42g程度のシンカーでは流されるので釣り座が密だとオマツリが回避できません。
条件が揃わなければオマツリにならないのですが、ある程度自分でコントロールできる選択肢がないことには、この先、トラブルで困りそうです。また、あたりがでるのは潮がとまっているときではなく潮が流れている時です。
この潮が流れているあたりが増えるタイミングでいかに着底しタナを正確にとれるかが勝負です。
オマツリ回避と釣果アップのためには、シンカーは100gくらいまで使えたほうがよさそうだと感じました。

ロッドパワーが不安
今日は30cmくらいを釣りあげましたが、これ以上は無理なんじゃ?と思いました。
錘負荷も含めやっぱりロッドを再検討する必要がありそうです。
タモ使えば抜き上げはできるか・・・

夏に重装備は不要
雨具はブロックテックパーカは持っていくのをやめ念のためカッパの上を持っていきましたが、荷物になっただけでした。

今日はにわか雨が数回降りました。時にはかなり大粒の雨が降りましたがユニクロ 439575 ポケッタブル UVカットパーカー(3Dカット)で問題ありませんでした。
帽子はハット型で行く予定でしたが、その姿をみたパートナーが「山登り?」と言ったのでいつものキャップにしました。
雨でフード付きを被ったりするにはキャップの方が便利です。

船酔いは最悪
前回のLTアジ船では、船酔いで全く楽しめませんでした。
酔うと陸に上がるまで回復するのは絶望的です。
今回は、睡眠を十分にとり出船の約30分前にアネロン ニスキャップを服用しました。
酔いやすいミヨシの釣り座でも問題なく釣りを十分に楽しむことができました。

所感

 以下は錘負荷表記は号数で統一します
今回は、東京湾でメジャーになっているLTアジ乗合船に便乗してのバチコンアジングでした。
東京湾のLTアジ乗合船は、日中で午前便/午後便/午前午後便があります。
アジは夜釣りでなくても釣れます。
初バチコンの感想は、まず、感度の良いロッドおよび軽めのシンカーと細目のラインのおかげで、アジのあたりや駆け引きなど非常に楽しかったです。アジのサイズが25cmオーバーがほとんどであったのもあって、ショアでは簡単には味わうことのないような、ロッドのティップがグーと入り込んだ瞬間、それに合わせて掛けたときの手ごたえが今も忘れられません。そして巻き上げ時の手ごたえとスリルがたまりません。

バチコンアジングは、よりライトなタックルでアジとの駆け引きを楽しむことが主だと改めて思いました。
今回使用したタックルは、バチコンアジングの良さを感じるのにはベストな選択だったと思います
しかし、LTアジ乗合船に便乗してのバチコンアジングの場合船宿指定または推奨の錘負荷のシンカーを使用しないと周囲に迷惑をかけることが予測されます。迷惑行為とは、オマツリです
これを回避するためには、船宿指定、船宿推奨を遵守するべきです。

シンカーの適切なウエイトとは

船釣りのタックルや仕掛けで影響があるのがラインの太さシンカーのウエイトだと思います。
ここでは、シンカーの適切なウエイトとは?について記載します。

  • ラインが真っすぐはる重さ
  • ボトム着底がわかる重さ

ラインの角度や仕掛けが流れるのかを見ながらシンカーの重さを調整します。

 船の流し方によってはどうしてもラインが斜めになることはありますので周囲をよく観察してください

ラインが斜めであっても、全員同じ角度であればオマツリしません。この時、投入/引き上げタイミングが影響するケースもあります。

NG

  • 仕掛けが船の下の方向へいく
  • 仕掛けが船から離れていく
  • 仕掛けが左右に流れていく
  • ボトムに着底しないでずっと流れていく

今回の太田屋さんの推奨錘負荷は15号~25号でした。
ラインの太さにも影響されるので細糸ならもう少し軽くできる可能性があります。
机上計算ではなく現場で実際に試すしかありません。
何種類かのウエイトのシンカーを持っていき当日の状況で調整することができればベストです。

また、事前に船宿指定の有無、錘負荷の範囲を聞いておくことをお勧めします。
同じ東京湾でもその船がどのエリアに行くかによって、水深や潮の流れの強弱がことなり、適切なシンカーのウエイトが変わります。

今回、太田屋さんで行ったポイント3か所の水深は18m~23mでした。
一般的にこれくらいの水深であれば10号~12号くらいでいいようです。
実際に使用したシンカーはタングステンの11号強(約42g)です。
一般的には適切なウエイトといえます。タングステンなので早く沈みますのでより適しています。
しかし、状況はラインが斜めに流れることがしばしばあり、最悪なときはボトム着底しなかったこともありました。
もちろん毎回ではありません。
ボトム着底してラインが真っすぐにはっているときはよく釣れました。
適正のウエイトを使用すればタナがとれるので釣果もアップします。

東京湾のLTアジ乗合船に便乗してのバチコンアジングの場合、いろいろな動画の説明を切り取ると、15号を中心に状況に合わせて重くしたり軽くしたりというのが一番多かったシンカーの重さについての説明です。

では15号を中心にどれくらいの種類のオモリを用意すればよいのか?
1号は3.75gですので、3号で11.25g、5号で18.75gです。
状況を変化させるだけの十分な変化になるのは5号きざみ20g弱でよいのではないでしょうか?
ゆえに10号、15号、20号の3種類は準備していくとよいでしょう。

10号~20号に適応できるロッドがあれば、15号からはじめて軽いな?と思えば20号に交換が可能です。
25号まで適応しているロッドであればさらにもう1段階重くできます。でもどこまで?きりがない・・・
シンカーの適正なウエイトは水深と潮の状況に左右されるものなので自分の行く船宿に合わせて考えてください。

ボートアジングとは

従来からの何人かでチャーター船を借りたり手漕ぎボートなどで沖にでてジグ単のキャストやメタルジグを使った横と縦のルアーゲームでアジを狙う釣りが一般的なボートアジングです。使用するジグは、ジグ単であれば2g前後、メタルジグだと10gくらいまでのウエイトです。この重さでボトムがとれるようです。タックルはショアで使用しているものがそのまま使える設定です。
このチャーター船や小型ボートでいくアジ釣りがボートアジングでバーチカルにコンタクトしてアジを狙う釣りが盛んになりバチコンアジングが誕生したそうです。
ボートアジングのバチコンアジング用ロッドは、2g前後のジグ単や10g程度のメタルジグが始まりのため、錘負荷が軽くその上、適用範囲が狭い設定です。また適用ラインは0.5号前後です。ショアで使用しているロッドでも可能だったりします。

月下美人 MX AJING BOATはボートアジングのバチコンアジング用
今回、バチコンアジング用に購入した月下美人 MX AJING BOAT 64L-Sは、まさにこのボートアジングのバチコンアジング用ロッドだったといえます。月下美人 MX AJING BOAT 64L-Sの場合、適応錘負荷は3号弱~10号強(10g~40g)です。
16号(60g)くらいまでは魚付きで単純に垂直方向に浮き上がらせることができるとお聞きしています。
ダイワフィールドテスターの方のコメントには、
チャータ船であれば14g~56gで水深や潮の流れに応じて使い分るとありました。
月下美人 MX AJING BOAT 64L-Sのスペックにピッタリです。
東京湾LTアジ船に乗船した場合、船宿指定または推奨のシンカーをつける必要があります。
水深20m前後であれば一般的に10号~12号くらいでよいそうですが、潮の流れが速い場所を想定すると15号を中心に考えるのがよいそうです。
そのため、月下美人 MX AJING BOAT 64L-Sでは、今回使用した11号強(1.5oz/約42g)より重いウエイトとなると15号弱(2oz/約56g)でほぼ限界です

※私が使用しているタングステンのシンカーはオンスが単位なので1.25oz(約35g)/1.5oz(約42g)/2oz(約56g)を所持しています。(7/20日現在)
製品スペックから判断してもLTアジ乗合船に便乗してのバチコンアジングには適応しているとはいいにくいです。

LTアジ乗合船バチコンアジング用ロッド再考

もう少し自分でコントロールできるようにしたい。
そもそもLTアジがメインのエサ釣りに便乗させてもらっています。
エサを撒いてくれるのが釣果にも影響しています。
LTアジのエサ釣りの方がおられるおかげでバチコンアジングのデイゲームが成立しているといっても過言ではありません。
しかし、仕掛けが異なるので潮の影響の受け方が異なります。
条件が重なると周囲の方とオマツリしてしまいます
迷惑をかけてしまうかもしれない?プレッシャーです。

もっとも簡単なのはシンカーの重さでコントロールすることだと思います。
またタングステンのような体積が小さく重い材質や抵抗を受けにくい形状のシンカーにすれば早く沈めることが可能です。ラインの太さやブレイド数なども影響すると思います。メインラインだけでなくリーダーラインの太さも影響があるようです。

何種類かの重さのシンカーを使用するには、ロッドの錘負荷の適応範囲が重要です。
ただ、錘負荷が重いだけのものを選んでしまうとLTアジ用ロッドでいいのではないかとなります。
大は小を兼ねる。仕掛けを変えてエサをワームにするだけ?それは本当にバチコンアジングといえるのでしょうか?
最初に説明したように手に伝わる感度、ゲーム性やスリルを楽しめてこそバチコンだと思います
アジにコンタクトする。単純だけど奥が深い。
LTアジのエサ釣りの方が圧倒的に数で勝ります。
それを選択しない理由。
それこそがバチコンで求めているものです。
ただ重い錘が扱えるロッドにするのは良策ではありません

東京湾ではLTアジ船に便乗するスタイルが注目されていてデイゲームです。
チャーター船の釣りと同じ感覚でロッドを選択すると失敗します。

東京湾LTアジ船で使用できるバチコン専用ロッドは?を考えて選択するべきです。
錘負荷の適応範囲が10号~20号または15号~25号(56.25g~93.75g)と言われています
メーカーによっては100gくらいまで適応しているバチコン専用ロッドがありますので、そういうロッドがおススメになります。
ただし、非常に種類は少なくなります。
それ以外ではイカメタルロッドか、あとは汎用ライトゲームロッドとなります。

がまかつ ラグゼ VCチューン

バチコン専用ロッドは「がまかつ VCチューン」はどうでしょう。


製品情報がまかつ ラグゼ VCチューン

特長は以下の通りです。

  • ウエイト対応域が広い
  • スピニングモデル2/ベイトモデル1
  • パワー M/MH
  • 適正ライン PE 0.2号~0.8号
  • ブランクス全層に「TORAYCA(R)T1100G」
  • グリップ長 405mm/435mm
  • 希望本体価格 \39,800

VCチューンは2019年に発売されたバチコン用ロッドで、少し発売から時間が経過している点と高額である点が気がかりです。バーチカルコンタクトゲーム専用軽量高感度モデル」と記載されている点で、ボートアジング用ロッドにある「バチコン対応」より東京湾 LTアジ乗合船に便乗するバチコンに適しているように感じます。
持ち重りが少ない軽量バランス設計で、ソリッドティップによる目感度、「リザウンドグリップ」による自重軽減と手感度(反響感度)アップを追及しています。ブランクスは「トレカ(R)T1100G」採用で高強度、高弾性を実現しています。
VCチューンには3モデルあります。

S610M-solid
S610M-solidはMパワースピニングロッドで適応錘負荷は10g~75g(おおよそ3号~20号)までです。
15号を中心にコンディションに合わせてある程度変えていくことが可能なスペックです。
自重が85gなのでダイワのイカメタルロッドと同じくらいのウエイトです。
適正ラインは0.2号~0.8号なのでバチコンで使用するラインとして丁度良い範囲です。
全長は208.5cmと2m越えの長めのロッドです。波で揺られる際の仕掛けの安定させやすさが向上します。
このロッドはイカメタルにも利用できそうです。

1ftは何cm?
S610M-solidの全長を6.1ftと勘違いして185.42cmと記載しているサイトがありますが、610は6フィート10インチです。
1フィートは12インチ、1インチは2.54センチです。610は82インチなので「82×2.54=208.28」cmです。
S610M-solidの製品スペック表では全長208.5cmとなっています。

S65MH-solid

S65MH-solidはMHパワーのスピニングロッドで適応錘負荷は15g~100g(おおよそ4号~26号)までです。
15号を中心にコンディションに合わせて十分変えていくことが可能なスペックです。
自重とグリップ長はS610M-solidと同じです。

B65MH-solid

B65MH-solidはMHパワーのベイトロッドで適応錘負荷は15g~100g(おおよそ4号~26号)までです。
ベイトモデルはスピニングモデルに比べて自重が重くグリップ長が長く設定されています。

その他、適応錘負荷が20号くらいまでのロッドの紹介です。

バレーヒル RetroBasic RBS-70VC

バレーヒル レトロベーシックのバチコンモデルです。
RBS-70VCはスピニングロッドです。RBC-70VCがベイトロッドです。
錘負荷は5号~20号です。

製品情報

パームス Metal Witch Quest MTSC-734VC

パームスのメタルウィッチクエストシリーズのベイトロッドのバチコンモデルです。
メタルウィッチクエストシリーズはメタルウィッチクエストαへモデルチェンジしています。
現在、メタルウィッチクエストはバチコンモデルのみ継続販売です。
錘負荷はMAX75g(20号)です。

製品情報

村上晴彦さんが横浜バチコンアジング(LT乗合船)初挑戦した際の動画です。
どうやってアジャストするのか?非常に参考になります。
この動画では伊勢天秤仕掛けでシンカーは15号(56.25g)使用です。
他の船宿さんの説明でも15号(56.25g)からはじめて状況に合わせて軽くしたり重くしたりということでした。
東京湾LTアジ船に便乗する場合のロッドは、適応錘負荷は15号を中心に考えロッドを選択するとよいと思います。
失敗しないためには、シンカーの適正なウエイトは水深と潮の状況に左右されるものなので自分の行く船宿に合わせて考えてください。が正しい解答です。
風と潮と釣り座
どの釣り座が釣れるのか?というお題ですが、風向き、潮の向き、船の向き、仕掛けの流れる向きなどがイメージしやすい画像があるので参考になると思います。
どの釣り座がつれるのか?
釣り座は競争で取り合いになることもあるようですが、私はそれよりもオマツリ対策を十分にしたいと思います。
風向きと上潮の流れで船の流れる方向が決まります。この方向は必ず底潮の流れる方向に一致するわけではありません。
船をどのように流すのか?
船長がみんなが釣れるようにうまく考えて船を流してくれています。
船の流れる方向と底潮の流れる方向が一致すればラインはまっすぐに立ちます。
こちらの動画も参考になると思います。
特にアジが釣れない方、アジ以外が釣れる方はタナがあっていない可能性がありますのでご覧ください。
スポンサーリンク