メインコンテンツに移動

【紹介】アマレココの導入と設定

動画カテゴリ
動画分類
録画の工程にデスクトップ画面キャプチャーソフトである「アマレココ」を使用した場合の話です。
 
アマレココの設定および導入方法について記載します。
 
アマレココは、WindowsXP用に開発されたフリーソフトです。
Vistaには正式対応していませんので、お使いの環境によっては利用できないケースも考えられます。
コーデックは、独自のAMV3コーデックが使用できます。
このコーデック自体は、有料です。
※2010.08.26現在、アマレココで使用する限りは制限が解除されています。
無料で使用する場合は、画面左下にロゴが表示されます。
コーデックは、選択可能ですのでAMV以外を利用すれば、ロゴの表示を回避できます。


「Vistaで使用する場合は、ウィンドウモードの録画のみ」
録画対象は、ウィンドウ指定、範囲指定から自由に選択可能です。
録画対象の設定は、手動で行うことになります。
なお、Vistaではフルスクリーン表示の画面は録画できませんので注意してください。
XPであればプラグインの導入でできるようになるかもしれませんが、不明です。
録画時間は無制限(ディスク容量次第)です。
出力ファイルは、100GBを超えると自動的に分割されます。(※値は変更可能
 
録音は、導入しているサウンドドライバーに左右されます。
Vistaの場合は、ステレオミキサーデバイスがないと録音できません。
 
設定は4種類使い分けることができます。
用途別に使い分ければ便利だと思います。

追記
DirectXアプリケーション専用の録画ソフトウェア「アマレコライト」があります。
フルスクリーン画面の録画をするならアマレコライトを試してみてください。
Vista Ultimate 64bit版でリネージュ2を起動し、フルスクリーンモードで正常に録画できることを確認しました。
ただし、以下の点は留意してください。
・「管理者権限で実行する」にチェックをいれておくか起動時毎回、管理者権限で実行する。
・ウィンドウサイズを変更したり、最小化すると録画できなくなる。
録音にはステレオミキサーデバイスがないと録音できません。
※録音はデフォルト(Core Audio Capture(Win7))のままで可能でした。
※動画作成の趣旨からするとアマレコライトのほうをフォーカスすべきでした。そのうち書き換えます。



【ソフトウェア情報】

公式サイト http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/
ダウンロードサイト http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/
導入バージョン 3.01
 
備考 フリーウェア
32bitアプリケーション
独自コーデックは、32bit版(有償)
※アマレココで使用する場合に限り制限解除
 


【導入】
 
(1)インストール
 
①ダウンロードしたamarecco301.lzhを、任意の場所に解凍します。
 
※解凍するだけでインストールは完了ですが、使いやすいように以下も参照してください。
 
②"AmaRecCo.exe"のプロパティ⇒互換性タブで、特権レベル欄"管理者としてこのプログラムを実行する"にチェックを入れておきます。
 
③解凍したフォルダーごと"D:\tools"以下に移動します。
※自分の整理方法で場所は決めてください。
 
④"AmaRecCo.exe"にカーソルをあわせて、マウス右ボタンをクリックしてメニューを表示します。
 
⑤"クイック起動に追加"を選択します。
 
次回からはクイック起動メニューから起動できるようになります。
 
 
(2)AMV3コーデックのインストール

AMV3は独自コーデックです。なくても使用はできますので、選択は任意です。
※AMV3コーデックは、32bit版のみです。
※アマレココライトではAMV3コーデックが導入されていないと起動できないようです。

 
①以下からダウンロードします。
http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/  
②ダウンロードした"amv220.lzh"を、任意の場所に解凍します。
 
③解凍したフォルダの中にある"setup.exe"を起動します。
 
④ようこそ
・"次へ"をクリックします。


 
⑤利用契約
・内容に承諾できるのであれば、"上記文章について承諾します"にチェックをいれて、
"次へ"をクリックします。


 
⑥デストネーションフォルダ
・インストール先フォルダを選択します。
・良ければこのまま"次へ"をクリックします。


 
⑦完了
・エラーがないことを確認して、"完了"をクリックします。


以上でAMV3コーデックのインストールは完了です。
 
(3)確認

動作確認は、先に設定をすませてから、実際に録画を実行しそれを再生して確認してください。


 
【設定】

※Vistaで初回起動時、Vistaに関するポップアップメッセージが表示されますので、SHIFTを押しながらOKをクリックします。
※最初はルーキーモードになっていますのでそれを解除します。

ファイル⇒ルーキーモードのチェックをはずします。
 
①【全般】タブ


・保存先を"D:\amarecco"に変更
・Ctrlのチェックをはずす
・スタートを"Scroll Lock"に変更
・ストップを"Pause"に変更
・ポーズを"Home"に変更
・スクリーンショットを"Print Screen"に変更
※スタート、ストップ、ポーズに同じホットキーを設定すると操作できなくなります。
 
 
②1:設定A【基本設定】タブ


 
 
③1:設定A【ビデオ1】タブ


・コーデックを"Lagarith Loss Less"に変更
・ウィンドウ指定にチェック
・親ウィンドウをクライアント領域に変更
※リネ2クライアントをウィンドウモードで起動し、解像度を800x600(4:3)で表示しています。
 
 
④1:設定A【ビデオ2】タブ


・タイムスタンプのチェックをはずす。
 
 
⑤1:設定A【オーディオ/録画タイプ】タブ

・録音にチェックを入れる
※その右下の設定ボタンをクリックすると⑤が表示されます。
 
 
⑥オーディオプラグイン設定

・ステレオ ミキサーを選択
※コントロールパネル⇒サウンドの録音デバイスでステレオミキサーを事前に有効にしています。
 
 
⑥メイン画面

・設定: が先ほど設定した"1:設定A"になっていることを確認
 
※設定の際の操作について
タブ内の設定を変更した場合は、適用またはOKボタンをクリックしないと他のタブ表示に移れません。
また適用ボタンを押しても無効な設定の場合は、次に設定を確認すると元に戻っていますので注意してください。