スポンサーリンク

ライトゲームを主としているので魚つかみには小型でよいかと思っています。 しかし、ロッドを持った状態でもう一方の片手で簡単に操作できる満足のいく製品にであえません。

Daiwa フィッシュホルダー ライトゲーム

最初に購入したのがこのフィッシュホルダーライトゲームです。 可もなく不可もなく、特徴は水に浮くこととON/OFFのロック機構です。 ギザ歯でがっちりホールドとありますが、逆にがっちりできてないような気がします。 豆アジなど小さく細い魚ではそれなりですがチヌなどの平たい魚ではいまいちです。 ライトゲームとあるように簡易的な印象です。 カラビナ付きストラップやケースなどついていません。 レッグホルスターについていたホルダーと100均のカラビナ付きストラップを使用しています。

Umibozu フィッシング プライヤー

本来の用途は異なりますが、ライトゲーム用に装備を減らす目的で流用できるかと思い購入しました。プライヤーとしての機能(フック外し、針外し、ラインカッターなど)が中途半端な印象で、開いた状態が握りにくくラインカッターはPEをカットできますが裏表があるためPEを扱うのが面倒でした。 また、スプリットリングが引っ掛けれないサイズがあってライトゲーム用には向かないと勝手に判断しました。今はDaiwaのプライヤーを使用して別にフィッシュグリップを用意することにしています。

Umibozu フィッシュグリップ 墨絵モデル

スーパーライトショアジギング用にと購入したのがUmibozuフィッシュグリップです。 墨絵モデルでロゴがかっこよかったので買いました。 まだ使ったことがないので見た目だけです。

Daiwa フィッシュホルダー 240c

「第一精工 ガーグリップMCカスタム」を購入しようと思っていましたが、ちょうどそのタイミングのころに釣り動画で使用されていたプロトタイプを見て一目ぼれしてこちらを購入しました。最近のDaiwaのアジングやメバリング動画に出演している方はこのフィッシュホルダーを使用されています。

ベルトに装着時にはケースが抜けないような対策が必要

製品説明にはポジション①とポジション②で装着方法がイラストで表現されています。 CPポケットは所持していないので試せていませんが、Daiwaのクーラーボックスにあるサイドボックスなどを取り付ける場所にポジション①で固定すると抜けにくく安定します。 腰にケースをつけて使用する場合は使用時にケースが抜け落ちないような工夫が必要だと実際に購入された方のレビューにありました。 おっしゃる通り留め金に返しがないのは見てわかります。 しかし、本当にするっと抜けるようなものを製品として販売するのだろうか? Daiwaのフィッシュベルトを持っていたのでそれに装着してみました。 装着時は下の2枚の写真のロック機構を使ってカチッとホルダーに装着した場合にどうなるかを検証しました。

下の写真は、ホルダーケース側にあるロック機構です。

ホルダーロック部

下の写真は、フィッシュホルダー240c本体側の突起部がケース側に引っかかる場所です。

240c側のロック部

結果は、ダイワ純正のフィッシュホルダーに取り付けた場合でもケースごとくっついてきてそもそも片手ではホルダーケースから外せません。ケースが外せないので海にぽちゃんと落とすこともないと思います。ロック機構を使わずにケースにただ入れただけの場合は普通に片手で使えます。この場合はそもそもケースと本体との引っかかりがないのでケースが落ちることはありませんでした。ただ、足を曲げたりして体勢を変えたときに何かでケースを押し上げてしまうとスッと抜け落ちることは考えられます。これは指摘の通り留め金に返しがないためです。

下の写真は、Daiwa クールライン S800Xの本体左(製品写真には写っていない方)にある差込口に装着しています。留め金のポジションは製品説明のポジション①のままです。あと、CPサイドボックスなどの留め金を差すベルト挿入部の外側(クーラー中央部分)にも装着できます。CPサイドボックスなどの縁に差す場合など低い位置に装着する際にはポジション②にすればよしです。ロック機構を使ってがっちり装着しても少し硬さはあるもののケースからきちんと取り外しができます。ケースがクーラーボックスから外れることはありませんでした。

ダイワ クールライン S800X

ロックさせると外すときに硬さがあるため少し力が必要になります。それが好みでないなら少し浮かせて使えばロックされないので力は必要なくスムースに抜き差しできるので良いのではないでしょうか? 下の写真は、左がロックした場合、右がロックしなかった場合です。使いやすいのは右です。

フィッシュホルダー240cの使い方

下の動画の中で説明があるプロトタイプを見て購入を決めました。 握った状態でロックされるというのは動画にもあるように間違いですが、そこは製品購入の決め手ではないので私にはどうでもよかった点です。りんたこさんはブルーストームのBSJ-7120のバッグに取り付けて使用しているようですので純正のホルダーケースは使用してないようにみえますが、別の動画ではタックルボックスにケースごと一緒に立ててあったのでいろいろな使い方をされているようです。

辻原テスター監修のドリビームを使ったアジング動画です。 辻原さんはライフジャケットかな?のDカンにカラビナでケースをブラブラさせそれにカラビナとストラップを取り付けた本体をケースに差しているだけのようです。金具は使っていないようです。片手で簡単に取り出しているのでロックはせずに使っているように見えます。

渡邉長士さんと金子竜司さんの壱岐のライトゲーム動画ではライフジャケットのベルトにホルダーケースを固定してフィッシュホルダーを差しているだけのようです。渡邉さんはポジション②かな?付属のストラップではなく別途用意したストラップを使用しているようです。おそらく背中側に取り付けているので長さのあるものに交換しているのだと思われます。金子さんはフィッシュホルダーにはカラビナやストラップは装着していないようです。ライフジャケットのベルトに取り付けたケースに差しているだけに見えます。

使用時にホルダーケースが海に落ちるとは?

ホルダーケースと本体をカチッとロックして使用した場合は検証した通り本体から外せないのでホルダーケースだけが落ちることが想像できません。ロックせずに使用した場合はそもそもケースとのひっかかりがないのでホルダーケースだけが落ちてしまうのがイメージできません。どっちにしろ使用時にホルダーケースだけが落ちるのがイメージできませんでした。万が一、使用時にケースが落ちるのであればホルダーケースにも念のためカラビナなどを装着していれば防げます。ケースがベルトからすっぽ抜ける件は対処はできるのでそれほど騒ぐことではなさそうです。

とにかくデザインと握りやすさと魚の掴みやすさで「ダイワ フィッシュホルダー 240c」はお勧めです。

by カエレバ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事