スポンサーリンク

さくらのレンタルサーバーの契約にはさくらのメールボックスサービスが含まれています。さくらのVPSでは別途契約が必要です。さくらのレンタルサーバからさくらのVPSに契約変更した際、メールサーバは自分で構築するためさくらのメールボックスを契約しませんでした。今回はさくらのメールボックスを契約することにしました。

さくらのVPSでさくらのメールボックスを使う

さくらのメールボックスの利用開始は以下から申し込みできます。

試用期間2週間初期ドメイン+さくらのサブドメイン1つ利用可能海外IPアドレスフィルタ機能

「さくらのレンタルサーバー」という名称がつくのでややこしいのですが、さくらのレンタルサーバーのメールボックスのみのプランと考えてください。
さくらのVPSを利用中にさくらのメールボックスを契約する場合、ちょっとだけ複雑な手順になります。

さくらのメールサーバの仕様は以下をご覧ください。

さくらのメールボックスで使用するドメイン

    1. さくらのメールボックスの初期ドメイン
    2. さくらと契約中のJPドメイン
    3. さくらと契約中のJPドメイン
    4. さくらのサブドメイン1つ

今回、計4つのドメインでメールボックスを利用することを考えています。

memo

申し込みが完了すればさくらのメールボックスの初期ドメインでメールボックスが利用できます。
さくらインターネットで取得・管理中のドメインを利用する場合は以下の手順で利用可能になります。

さくらのVPSにドメイン名でアクセスができるようにゾーンを編集します。

さくらのメールボックスでメールの送受信ができるようにゾーンを編集します。

さくらのサブドメインを取得してメールボックスが利用できるようにします。

さくらのメールボックスのメール送受信ができるようにメールソフトを設定します。

さくらのサポート情報
メールソフトの設定 – さくらのサポート情報
https://help.sakura.ad.jp/category/rs/rs_email_software_settings/?_gl=1
メールソフトの設定について。さくらインターネットのサポート情報を掲載しています
ドメインのゾーン設定を削除できるか否かがポイント
さくらのVPSを利用中であればゾーン設定をすでに行っていると思います。
このゾーンの登録がある状態のドメインではさくらのメールボックスで利用ができません。(上の2番と3番)
そこで、さくらのメールボックスで利用するドメインのゾーン設定を一旦削除すればよいのですが、手順通りこの削除処理ができないケースがあります。
何をもって削除できたと判断するかというと確認用のメッセージボックスでOKを選択するとすぐにゾーンの内容が消去されますので画面が次のように遷移します。
さくらのドメイン ゾーン削除後
今回、私が利用している独自ドメイン2個ともゾーン設定が削除できませんでした。
何度やっても、異なる環境で試しても結果は同じでゾーンが削除できません。
その場合は以下の【調査依頼】追加ドメイン削除依頼の手順でメールにて依頼を行うことでゾーン削除ができるようになります。

 

さくらのVPSサーバー情報 ※値は説明用です

ドメイン名 example.jp
IPアドレス 11.22.33.44

※ドメイン名はWEBサーバのドメイン名です。

さくらのメールボックスの情報 ※値は説明用です

初期ドメイン sample.sakura.ne.jp
ホスト名 www1234.sakura.ne.jp
IPアドレス 123.123.123.123

 

example.jpのゾーン情報

エントリ名 タイプ データ
@ NS ns1.dns.ne.jp.
NS ns2.dns.ne.jp.
TXT "v=spf1 a:www1234.sakura.ne.jp mx ~all"
MX 10 sample.sakura.ne.jp.  ※1
A 11.22.33.44
www CNAME @
mail A 123.123.123.123
ftp CNAME @

※1.ドメイン管理会社によっては末尾のドットがない方が良い場合もありますのでsample.sakura.ne.jp(ドットなし)でもお試しください。

今回はさくらインターネットで管理中のJPドメインをさくらのメールボックスへ追加する方法をご紹介しました。
さくらのメールボックスにてメールの送受信ができるようになります。
途中、ゾーンが削除できず、【調査依頼】追加ドメイン削除依頼によって対処していただき、ゾーン削除が正常にできるようになってからはスムーズでした。
ゾーン設定で躓いている方も多いようですので、ご参考になりましたら幸いです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事