スポンサーリンク

LinuxでOSがブートできなくなったときなどに利用できるのがレスキューモードです。
レスキューモードは通常のブートイメージとは別に用意し、メモリー上に最小のブートイメージをロードしてOSを起動します。
複数のブートイメージを用意したマルチブート環境と同じことです。
通常のレスキューイメージを使用すると利用できるコマンドなどが限られているため、CentOSにあるLive DVDのイメージを使用する方法です。

さくらのVPSでLive DVDを使う

手順概略

  • LiveDVDイメージの入手
  • LiveDVDイメージの配置
  • LiveDVDイメージで起動

LiveDVDイメージの入手

2020.5.7現在、CentOSのトップページから直接ダウンロードできるのはCentOS 8.1.1911のDVD ISOイメージのみです。
画面下の【More Download Choices】からCentOS 7など別のバージョンをダウンロードできるサイトにアクセスできます。

今回はCentOS 7.8 2003 (x86_64) LiveGnomeのDVDイメージをダウンロードしました。(ミラーサイトは理研です)

CentOS 7.8 2003 LiveGnome

LiveDVD イメージの配置

OSインストール

さくらのコントロールパネルにログインします。

サーバ一覧からサーバを選択します。

各種設定メニューから「OSインストール」を選択します。

ISOイメージインストール

ISOイメージでは「アップロードする」を選択します。

アップロードするために必要な情報を発行するため「SFTPアカウントを発行する」をクリックします。

発行されたSFTPアカウント情報

※ユーザ名とパスワードは改変してあります。

上記のSFTPアカウント情報を使ってダウンロードしたISOイメージを仮想サーバに配置します。
今回はWinSCPを使用しました。

アップロードが完了するとISOイメージ情報が表示されます。

LiveDVDイメージで起動

【設定内容を確認する】をクリックしてISOイメージを起動します。

【インストールを実行する】をクリックします。

【VNCコンソールを起動】をクリックします。
配置したISOイメージを使ってブートしてgnomeデスクトップ環境が立ち上がります。

言語設定、キーボード設定などをすれば準備完了です。

これ以降は、gnomeデスクトップ環境で作業ができます。

まとめ
さくらのVPSでISOイメージを利用したブート方法について記載しました。
この方法の場合、ブートローダーが動作しないときでもアップロードしたISOイメージによりサーバの操作が可能です。
CentOS LiveCD/DVDのイメージを使用することでメモリー上にロードしたOSにより利用できるツールも多くほぼ普段通りの操作が可能になります。
足りないツールはyumで追加できます。もちろんメモリ上にロードしているだけなので再起動すると再インストールが必要です。
例えばRSYNCコマンドによりデータの救出などです。ネットワークが使用できるので他のサーバなどに退避可能です。
ただし、ISOイメージでブートするとさくらのVPSではローカルネットワーク接続はデバイスをアクティブにできず利用できませんでした。
やり方が悪かったのかもしれませんがインターネット接続は利用できます。
様々なトラブルに対処できる可能性がありお勧めの方法です。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事