スポンサーリンク

「Xperia Z4 Tablet SOT31を購入」の中で検討していた、モバイルバッテリーを購入してみました。

過去に購入したモバイルバッテリーというと、移動中にスマホのバッテリーがゼロになり急きょコンビニで購入した3000maHのバッテリーが初めてです。

多摩電子工業株式会社製 「リチウムチャージャー3000」

これがほしかったのでというわけでなく、コンビニにあった最大容量の製品で出力電流が1A以上だったのがこれだったというだけです。

適合機種をみるとau ソニー製だと今は箱の中に眠っているIS12S世代になるようなので、ZL2には不向きなんだろうと思いました。

使用した感じでは、まず、バッテリー自体がフル充電できないようで、ブルーランプは2段階どまりです。

これについては、PCのUSBポートを使用した影響が考えられます。

ZL02には、新品時で15%までしか充電できませんでした。

その後、1日かけてバッテリー本体の充電をしたのちでは、40%いかないくらいでした。

ただ、スマホの充電が切れた状態で、このバッテリーで充電しながら即使用するのは無理です。

5分くらい電源OFFの状態で充電してからでないとスマホが起動しませんでした。

もともと適合機種と謳っているわけではないので仕方ないでしょう。

充電が切れたときにどうしてもスマホを使わないといけないシチュエーションでないかぎり買ってよかったと思えません。

たとえば、スイカアプリで改札入って電車移動中に充電がなくなったとか・・・どうしても電話連絡しないといけないのにとか・・・

日常利用するのであれば何%充電できるとかというのは重要でしょうが、スマホが使えるか使えないかが重要で追い込まれた場面ではとにかく充電できるという点では使えます。

そういったレベルの製品という印象です。

コンビニで購入したので3000円前後しましたし・・・

値段に関してはもっと安価で入手できるところで購入すればよいだけです。

持ち運び性能は、重さは可もなく不可もなくこんなものかなぁと思いますが、コードキーパーを使うのかどうするか?迷うところです。

これを使うとコードはまとまりますが、かさばります。

モバイルバッテリー

Goal Zero 「Venture 30 Recharger」

ずーと気になっていた製品です。

同社のソーラーパネルにも興味があって、4月ごろはたまたま欠品しており、5月に補充されるということでメール連絡をもらえるようにしていました。

5月になってもメールが来ないし・・でどうなっているのか状況を検索していると、アマゾンですでに販売していておぉー!!と思って即注文しちゃいました。

注文したソーラーパネルがこちらです。

この製品は従来のGoal Zero NOMAD 7の高出力版?高効率版?で、Plusが付きます。※V2ではありません。

同社の他のソーラパネルのデザインとも異なりますので一目瞭然です。

スペック表の比較をみても性能差がいまいちよくわかりませんが・・・

ソーラーパネルを注文後の画面にGoal Zero 「Venture 30 Recharger」が表示されていて、今ならタイムセールで約3500円プライスダウンということだったので、買ってしまいました。

昨日、商品が届いて早速充電しようと思いましたが、PCのUSBポートでは反応しなかったので、IS12Sの急速充電キットのコンセント部とUSBケーブルはセパレートタイプなので、このコンセント部だけを使って充電してみました。

約6時間で80%くらい充電できました。(インジケータのランプ青色点灯1個20%)

インジケータのおもしろい機能が、点滅速度で充電速度を表しているそうです。

どの方法が速いのか目安にはなりそうです。

この充電状態でどれくらい充電できるのか、後日試してみようと思います。

この製品を購入するか悩んでいた理由は容量と価格が気になっていてたためです。

スマホとタブレット両方を充電すると考えると容量が足りません。

さらにパートナーの分のスマホとなると全然たりません。

他社製品、たとえばAnker PowerCore+ 26800なら約8000円くらいで3倍以上の容量です。

これならスマホとタブレット両方にチャージしても余裕があります。

しかし、常時持ち運ぶには重量が問題になります。

ノートPCやタブレットを常時持ち運ぶ人が安心できるのがAnker PowerCore+ 26800だと思います。

私の場合、スマホがメインですので、パートナーの分とでぎりぎり2台充電できる程度がちょうどよいのかなぁという理由をつけてようやく購入する決心ができました。

3500円プライスダウンが背中を押してくれました。

注目した点

  • デザイン
  • IPX6(6等級:耐水)
  • パススルー(バッテリーに充電しながら機器にも充電可能)
  • 2.4Aで2出力(タブレット充電可能、2台のスマホ同時充電可能)
  • USBケーブル一体型

容量では、スマホ2台(ZL2とULTARA Z1で6000mAh)もしくはタブレット1台(Z4 Tablet 6000mAh)がフル充電できれば満足です。

あと、充電時間については、モバイルバッテリーのフル充電時間は睡眠時間以内、機器の充電時間は数時間くらいであればなおよしです。

カタログ値通りであれば満足できるレベルになります。

まだ到着はしていませんがソーラーパネルがあればアウトドアで利用でるわけですし、ソーラーパネルは万が一の備えにもなるでしょう。

パススルーはソーラーパネルで充電するときにこそ便利な機能に思え期待しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事