スポンサーリンク
お名前.comで独自ドメインを取得し、併せてレンタルサーバー RSプランを契約した場合のレンタルサーバー コントロールパネルへのログイン方法について解説します。 申し込みが完了すると登録したメールアドレス宛に複数のメールを受信していると思います。

お名前.comでレンタルサーバー コントロールパネルへログインする方法

レンタルサーバーコントロールパネルへログインする方法は2通りあります。
お名前.com Naviログイン
URL https://www.onamae.com/navi/login/
お名前ID 数字
パスワード ご自分で決めたパスワード
メモ
お名前.com Naviログインの画面からレンタルサーバー コントロールパネルにログインできます。
お名前.com レンタルサーバーコントロールパネル ログイン
URL https://cp.onamae.ne.jp/login
アカウントID rs+数字
パスワード ご自分で決めたパスワード
メモ
アカウントIDはお名前.com Naviログインから確認できます。
お名前.com Naviログイン
お名前.com Naviログインからレンタルサーバーコントロールパネルの表示方法
お名前.com ご利用状況
ドメイン一覧の場合
お名前.com ドメイン一覧
レンタルサーバーの場合
お名前.com レンタルサーバー一覧
ポイント
どちらの一覧からでも【ログイン】ボタンをクリックすればレンタルサーバー コントロールパネルにログインできます。 このとき、レンタルサーバー コントロールパネルのログインに必要なアカウントIDやそのパスワードの入力は必要ありません。
レンタルサーバー コントロールパネルにログインできれば、Wordpressの簡単インストールなどレンタルサーバーのいろいろなサービスの設定が可能になります。
スポンサーリンク
パスワード管理に困っていませんか?

パスワード管理はどうしていますか?ご利用のサービスに必要な本人認証情報、アカウントIDやパスワード、パスワードを忘れたときの秘密の質問や秘密の答えなど、インターネットサービスを安全に利用する上であなたがあなた自身であることを証明する方法は利用するサービス側によって決められているために、使用できる英数字や記号、文字数などパスワードのルールも様々で統一されていません。本人が忘れてはならないのはサービスにログインするための情報だけではありません。たとえば購入したアプリケーションのシリアル番号やライセンスキー、取引先や友人・知人の住所や電話番号やメールアドレスなど連絡先、自分以外の個人情報の管理も厳重にすることが求められています。今はどのように管理していますか?すべての情報を1つのパスワード管理ソフトに任せてみませんか?パソコンやスマホからご利用ができます。ちょっとしたメモも保存できます。RoboFormはフォームに入力した情報を自動で保存してくれます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事