スポンサーリンク

手順は次のとおりです。
※Hyper-V Server 2008 R2のISOイメージを事前にダウンロードしておきます。
※そのISOイメージをDeamonToolやVirtual CloneDriveを使用してマウントしておきます。

1.diskpart コマンドで USBメモリ(4GB)をフォーマット(USBメモリがDisk3の場合)

①コマンドプロンプトを起動

②diskpartを実行

③ディスクの一覧を表示

DISKPART> list disk
 
  Disk ###  Status           Size     Free     Dyn  Gpt
  --------  ---------------  -------  -------  ---  ---
  Disk 0    オンライン        932 GB      0 B
  Disk 1    オンライン        951 MB      0 B
  Disk 2    オンライン       4096 KB      0 B
  Disk 3    オンライン       3936 MB      0 B

④USBメモリのディスクを選択

DISKPART> select disk 3
 
ディスク 3 が選択されました。

⑤ディスクから情報を消去する

DISKPART> clean
 
DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。

⑥プライマリパーティションを作成する

DISKPART>  create partition primary
 
DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。

⑦作成したパーティションを確認

DISKPART> list partition
 
  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
* Partition 1    プライマリ             3936 MB    64 KB

⑧パーティションを選択

DISKPART> select partition 1
 
パーティション 1 が選択されました。

⑨アクティブパーティションに設定

DISKPART>  active
 
DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

⑩パーティションをフォーマット

DISKPART>  format fs=fat32
 
  100% 完了しました
 
DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。

⑪選択したボリュームにドライブ文字またはマウントポイントを割り当てる

DISKPART> assign
 
DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。

⑫diskpartを終了する

DISKPART> exit
 
DiskPart を終了しています...

2.Windows インストール DVD の内容を USB メモリにコピー (DVDがGドライブ、USBメモリがIドライブの場合)
 xcopyコマンドを使用しています。

C:Windowssystem32> xcopy G:*.* /s/e/f I:
 
G:SUPPORTLOGGINGEN-USSETUPCLETW.DLL.MUI -> I:SUPPORTLOGGINGEN-USSETUPCLETW.DLL.MUI
G:SUPPORTLOGGINGEN-USSETUPETW.DLL.MUI -> I:SUPPORTLOGGINGEN-USSETUPETW.DLL.MUI
G:SUPPORTLOGGINGEN-USSETUPUGCETW.DLL.MUI -> I:SUPPORTLOGGINGEN-USSETUPUGCETW.DLL.MUI
G:SUPPORTLOGGINGEN-USSYSPREPETW.DLL.MUI -> I:SUPPORTLOGGINGEN-USSYSPREPETW.DLL.MUI
G:SUPPORTLOGGINGEN-USWINDEPLOYETW.DLL.MUI -> I:SUPPORTLOGGINGEN-USWINDEPLOYETW.DLL.MUI
G:SUPPORTLOGGINGEN-USWINSETUPETW.DLL.MUI -> I:SUPPORTLOGGINGEN-USWINSETUPETW.DLL.MUI
G:SUPPORTSAMPLESHEADLESSUNATTEND.XML -> I:SUPPORTSAMPLESHEADLESSUNATTEND.XML
G:SUPPORTTOOLSGBUNICNV.EXE -> I:SUPPORTTOOLSGBUNICNV.EXE
G:UPGRADENETFXNETFX.MSI -> I:UPGRADENETFXNETFX.MSI
G:UPGRADENETFXNETFX.MSP -> I:UPGRADENETFXNETFX.MSP
G:UPGRADENETFXNETFX1.CAB -> I:UPGRADENETFXNETFX1.CAB
G:UPGRADENETFXNETFXUPDATE.EXE -> I:UPGRADENETFXNETFXUPDATE.EXE
987 個のファイルをコピーしました
 
C:Windowssystem32>

3.インストール DVD にある bootsect を実行して、USB メモリのマスタブートレコードを書き換え
①WindowsインストールDVDのbootフォルダに移動

C:Windowssystem32> cd /D G:boot

②マスターブートレコードを書き換え

G:BOOT> bootsect /nt60 I:
Target volumes will be updated with BOOTMGR compatible bootcode.
 
I: (\?Volume{6874a320-ebcf-11df-930c-001a927ed1f8})
 
    Successfully updated FAT32 filesystem bootcode.
 
Bootcode was successfully updated on all targeted volumes.
 
G:BOOT>

※bootsectコマンドの/nt60はVista以降のOS用です。

以上でWindows OSインストール用USBの作成は完了です。

4.その他のソフトウェアをコピーする(Optional)

HVRemoteツールや仮想ネットワークの作成/変更ソフトなどもUSBメモリにコピーしておけばあとで便利です。

あとは、BIOS セットアップ画面にてハードディスクよりも USB メモリの起動順序を上にしてた後、USBメモリを挿入しPC を再起動すればインストールが始まります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事