スポンサーリンク

地デジ録画環境の構築については、いろいろ回り道しましたが、Windows8+GV-MVP/XSW+DiXiM MediaServer 3 for mAgicTV+DiXiM Digital TV Plus for I-O DATAで落ち着いていました。
Windows8 64bitでは、PCをCorei5-3570Kにしたことにより、快適かつ安定して動作していました。
しかし、メインPCとHTPCとで内部パーツを入れ替える必要性があり、結局、もとのWindows Vista 64bitに戻すことになりました。

そうすると、DiXiM Digital TV Plus for I-O DATAの音ズレが発生するようになりました。
ソフトウェアのバージョンが新しくなっていたので、その点が前回とは異なりますが、Windows8では問題のなかったバージョンなのになんでだろう?と思います。

いくつかのバージョン、さらには、DigiONからもアップデータがリリースされていたものなど試しましたがどれも、同じ症状です。
以前正常だったバージョンに戻すしかなさそうです。

Windows8およびWindows8.1に対応し、音ズレなども修正されているはずである最新版は2.2.4.1です。

このバージョンでは音ズレは改善しませんでしたので、前回正常に動作していたバージョン2.1.1.0に戻してみることにしました。
今回は、アンインストールだけでなく削除ツールも使用してみることにしました。
なお、削除ツールはこちらから入手可能です。
 

バージョン2.2.4.1のアンインストール

コントロールパネルのプログラムのアンインストールからDiXiM Digital TV Plusを削除します。
 

PCの再起動

アンインストールが完了するとPCの再起動をするように促されますので、再起動をします。
 

削除ツールの実行

PCが起動すればDiXiM Digital TV Plusは削除されているのですが、一部データが残ってしまい、それが悪さをしているケースもあるようです。
そのため、完全に削除するために専用のツールを使用します。
実行は、解凍先のフォルダ内にある「clean_cache_db_inf.bat」のファイルの上にマウスカーソルを合わせてマウスの右ボタンをクリックしてメニューを表示し、「管理者として実行」を選択します。
次にコマンドプロンプト画面が表示され、その中で「継続するには何かキーを押してください」といったメッセージが表示されていますので、キーボードのどれかキーを押します。
そうすると削除ツールが実行され、該当するファイルを削除してくれます。
※削除対象がない場合でも正しく処理されます。
削除ツールでは以下が実行されています。※Vista以降の場合

	del "%ProgramData%DigiOnDiXiM Digital TV plusCache*.*" /Q /F /S

	del "%ProgramData%DigiOnDiXiM Digital TV plusDB*.*" /Q /F /S

	del "%USERPROFILE%AppDataLocalDiXiM Digital TV plus*.*"  /Q /F /S

バージョン2.1.1.0のインストール

バージョン2.1.1.0は、I-O DATAのサポートソフトをダウンロードするところから以前入手した「diximdtvp101.exe」です。
「diximdtvp101.exe」は自己解凍形式なのでこれを実行すると「diximdtvp101」フォルダが作成されます。
そのフォルダ内の「DiXiM Digital TV plus」フォルダ配下にある「setup.exe」を実行すれば、インストールが開始されます。
インストールはそこそこ時間がかかりますので、再起動を促すメッセージ画面が表示されるまで待っていてください。
途中、インストールに時間がかかっているようですが~継続しますか?といったメッセージが表示される場合があるようですが、再起動を促すメッセージが表示されるまではインストール作業は完了していないはずですので、継続するようにしてください。
インストールが完了すればPCを再起動します。
起動すると、もう一度再起動するメッセージが表示されるので「OK」を選んでPCを再起動します。
これでOSが起動すれば、ようやく使える状態になっています。
※正確には初回起動時にインターネット接続を使ってアクティベーションが行われるので、この処理が正常に完了しないと使用はできません。
※I-O DATAのサポートソフトダウンロードサイトから入手したインストーラであればインストール時に自動でライセンスキーが入力されますが、アスクからダウンロードしたインストーラの場合は手入力が必要です。
※まれにDiXiM関連のプロセスがセキュリティソフトでブロックされてしまうケースがあるようなので、その場合は許可設定にするか、もしくは、セキュリティチェックの対象から除外してください。
 

動作確認

問題なくバージョン2.1.1.0では音ズレしないことが確認できました。
最新版はバグFixだけでなくいろいろ機能が追加されている可能性があるため、利用できない機能があるかもしれませんが、音ズレは我慢できないので、このバージョンを使っていこうと思います。
ただ、Windows8や8.1の最新版で音ズレする場合は、どうしようもないのかなぁと思うと怖いですね。
とりあえず、以前使っていた時のWindows8ではバージョン2.2.0.3で問題はありませんでしたが、Windows8.1では対応バージョンは2.2.1.4になると思いますが試していません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事