スポンサーリンク

今日はジグ単専用ロッドがどれほどのものかを試しに行ってきました。がっつり夜釣りにしたかったのですが、明日は仕事があるので夕方数時間だけの予定で行ってきました。

ライトゲーム 2020.08.20

ロッドが短いので持ち運びはネオショルダーベルトのショルダーなしで十分です。
ジグ単専用ロッドで1g以下のジグヘッドでも問題なく操作できるかを確認するため、今日は0.5gのジグヘッドを使用しています。

ロッド ダイワ 月下美人 AJING 55UL-S
リール ダイワ 月下美人 MX LT1000S-P
ライン ダイワ 月下美人 TYPE-F 陽 1.5LB(0.4号)
リーダ ダイワ 月下美人 リーダー フロロ 3LB(0.8号)
スナップ ダイワ 月下美人 エイトスナップ F
仕掛け

TG 月下美人 SWライトジグヘッドSS 0.5g #10
メジャークラフト パラワーム 鯵ピン 2.5インチ クリアグローフレーク
月下美人 クロスビーム FAT 桜ドットグロー
月下美人 アジングビーム 桜ドットグロー

その他

サーモス ソフトクーラー REF-005
水汲みバッカンS
ネオショルダーベルト
CPホルダーベルト
PEちょっきん
Ziploc L
ダイワ フィッシュホルダー 240C
月下美人 モバイルワレット

今日は木曜日だけども、駅裏の歩道は釣り人でいっぱい、駐輪場奥はもっと人が密集していてなんで?と思う状況。あの狭いエリアに釣り人は10人ほど、竿は10本以上出ていたように思います。
もしかしてこの動画かしら

 

ワームはこれがダメだったんだ

なんでメタルジグにしたのか忘れていたわけではないけども、久々に、何度も何度もワームを切断されると嫌になってしまいます。
アジングビーム 桜ドットグロー1本、パラワーム 鯵ピン 2.5インチ クリアグローフレーク3本が短くなってしまいました。水面をカニがバイバイと両手を振るように泳いでいたけども犯人はあのカニなのかも。

軽量ジグを操作するにはコツがいる

本日、3回ラインがスプールのところでぐっちゃになりました。
ラインが3lbで細いため小さな団子になってしまうとどうしようもありません。
3回目はもうラインをカットして納竿することにしました。
とにかくテンションをかけて巻きとれていないのが原因かと思います。
フェザーリングとか練習しないといつまでたってもできないままです。
あとはスプールの糸巻き量がやっぱり多い気がします。
一度調整しましたがまだ多めなので巻きが緩いと発生しやすいのかと思います。

月下美人 AJING 55UL-Sの感想

とにかく軽いし、短いので移動も幾分か楽です。
木が近くにある場所でもキャストが気にならなくなりました。
今回は0.5gのジグヘッドをわざと使用してみましたが、ちゃんと重さを感じます。
ラインがフロロラインの影響なのか0.5gにしては沈下が速すぎるようにも思いました。
やっぱりエステルラインを試してみたくなります。
12cmほどの鯵がヒットした際は、ドラグ設定を忘れていたため緩々だったようで勝手に掛ったという感じでした。12cmくらいの魚でも十分楽しめるのは良いことです。

釣果

17時ごろに12cmくらいの鯵が釣れました。
ヒットルアーは月下美人 アジングビーム 桜ドットグローでした。

次回はフロロラインから巻き替えてエステルラインで挑戦しようと思います。
今のフロロラインは最初に巻く際にも絡まってしまって切断箇所があり、今日はライントラブル連続だったのもあるしでどっちみちまき直しした方が良い状況です。
購入したのはサンライン 鯵の糸 エステル NightBlue 0.3号(1.5lb) 240mです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事