スポンサーリンク

ホスティングサービスのサーバへファイル転送するときに使用しているWinSCPで、NextCloudのWebDAV接続を行いました。

WinSCPでNextCloudにWebDAVアクセス

WinSCPとは

公式サイトWinSCP

マイクロソフト Windowsで動作するGUI操作のFTP/FTPS/SFTPクライアントソフトウェアです。

Windowsインストーラー版とポータブル版があります。
私はいつもダウンロードしたファイルを解凍するだけで使用できるのでポータブル版を使用しています。

2021年6月12日の最新版は5.17.10です。

WinSCPダウンロードサイト

PuTTYのダウンロードもできます

PuTTYダウンロードサイト

WinSCPの設定

NextcloudのWebDAVアクセスのアドレスが以下の場合で説明します。

https://nextcloud/remote.php/dav/files/taro/

新しいサイトの作成

転送プロトコルはWebDAVを選択します。

WinSCP WebDAV

暗号化
暗号化は暗黙のTLS/SSL 暗号化を選択します。
WinSCP WebDAV
その他のセッション情報
ホスト名、(ポート番号はすでに443になっています。)
ユーザ名、パスワードを入力します。
WinSCP WebDAV
セッションの保存名
そのまま、taro@nextcloudで保存しました。
パスワードを保存(推奨されません)を選択すれば次回からパスワード入力を省略できます。
WinSCP WebDAV
高度なサイトの設定
環境>ディレクトリ
リモートディレクトリにWebDAVのアドレスを入力します。
WinSCP WebDAV

以上でWinSCPにてNextcloudにWebDAV接続ができるようになります。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事