スポンサーリンク

ドライブエクステンダーについて

ドライブのパーティションは、以下のようになる。

①システムパーティション

  • プライマリHDDの20GBを使用。
  • OS導入(システムデータ)の場所。

②プライマリデータパーティション

  • プライマリHDDの①を除く残り。
  • ③のファイルテーブルを保存。
  • ③のファイル数が増加するとテーブルサイズも増加。
  • ③が不足した場合の最終手段としての領域。

③セカンダリデータパーティション

  • プライマリHDD以外のHDDで構成
  • 共有フォルダのファイル(シャドウファイル)を保存。
  • 大きな1つのHDD箱として取扱。
  • 複製ON時は、別ドライブにセカンダリシャドウファイルを保存。
  • 同じ容量のHDDでなくてもOK。
  • USB2.0、IEEE1394、SATA、PATA などのI/Fのストレージが使用可。

※ローカル上では、①がC:ドライブ、②がD:ドライブ。③が②からのシンボリックリンク。
※ドライブエクステンダー機能を有効にするには最低2台のHDDが必要。
※プライマリHDD(①と②)は、300GB以上を推奨。
 

新しくファイルが追加される際のフロー概略(※複製ON時)

※私の認識での話です。間違っていたらごめんなさい。
(1)②のファイルテーブルにエントリ作成(Tombstoneファイル作成)
(2)保存先ドライブを決定(シンボリックリンク作成)
(3)保存先にマスタシャドウファイル(データ自身)を保存
(4)2つ目の保存先に別ドライブを決定
(5)セカンダリシャドウファイル(複製ファイル)を保存
(6)②のエントリにセカンダリシャドウファイルの場所を追加

上記(1)~(6)は、ファイルシステムフィルターが行う。
通常は、ファイル単位で保存先Diskドライブが選択される。
(複数のファイルを1度に作成する場合は利便性を考慮し同じDiskドライブを選択。※たとえばフォルダごとコピーする場合)
 

疑問点

  • ②がすごく重要に思えるがバックアップはどうすれば?
  • 複製ONにするとやっぱり容量は2倍必要?
  • 優位性は、移行の容易さとドライブの制限緩和?

あとは、誤って削除したファイルの復元方法の調査だなぁ
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事