スポンサーリンク

ランディングツールについて記事にしましたが、ランディングポールのショルダーベルトは外して、ライトゲームポーチのベルトかフィッシングベルトにでもタモホルダーで取り付ければよいかと考え、万が一、落下しないようにとランディングネットホルダーを購入しました。

ランディングネットホルダーはそれなりか

ラグゼ ランディングネットホルダー

製品情報ラグゼ ランディングネットホルダー

特徴は以下の通りです。

  • 品番 LE-115
  • 全長45cm 最長伸び1.5m
  • 希望本体価格 800円(税抜)

写真は、マジックホルダー部です。全長17cm(メス約9cm、オス約8cm)

ラグゼ ランディングネットホルダー
メスが約9cmですので外径が9cm未満のものに巻き付けると接着しない部分ができるため、しっかりと固定はできなくなります。逆に、外径15cm以上になると接着部が2cm未満になるため取り付けが不安です。

写真は、カラビナとバックル部です。非常にシンプルです。

ラグゼ ランディングネットホルダー

テイルウォーク キャッチバー 改 MICRO 540

写真は、テイルウォーク キャッチバー 改 MICRO 540に取り付けてみました。
テイルウォーク キャッチバー 改 MICRO 540 ラグゼ ランディングネットホルダー

ランディングポールの外径が約12cmでしたので、マジックベルト(全長17cm)は5cmくらい余って接着する感じになります。
接着部が5cmあればしっかりと固定できています。

マジックベルトが雑

がまかつ製品でかつラグゼブランドということもあってすごく信頼していたのですが、マジックベルトのオスとメスの境目の処理が雑に思います。取り外し頻度は高くないものの、こういうところから痛んでくるんじゃないのかなぁと思うとちょっと残念でした。

ラグゼ ランディングネットホルダー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事