スポンサーリンク

スプリットリングは、ルアーにラインやフックを取り付けるために使われる金属でできたリング状の金具です。
使う場所や用途によってサイズや耐久性が異なります。
メーカーごとにも表記がことなるため、同じ表記だから同一サイズというわけではありませんので実際に比べてみないとわかりません。このスプリットリングを開けるために使う道具がスプリットリングオープナーです。

おススメするスプリットリングオープナー 2021.09

これまで何種類かのスプリットリングオープナーを購入しました。
そこで、分かったことをまとめてみました。

オープナー使用シチュエーション

スプリットリングオープナーを使用するシチュエーションを考えてみます。
大別して自宅で行う作業釣り場で行う作業があります。

自宅で行う作業

フックやスプリットリングを新品に交換する作業が主で、携帯性よりは安定性、確実性が強く望まれるシチュエーションです。スプリットリングオープナー専用の道具がおススメです。
サイズはアジングやメバリングに使う30mm~50mm程度のプラグや1g~5gくらいのメタルジグには#00~#2くらい、100mm前後のミノーや30g前後のメタルジグには#2~#3くらいです。

メンテナンス作業

  • フックやスプリットリング自体の錆のためのパーツ交換
  • フックやスプリットリングの劣化ためのパーツ交換
  • 使ったパーツを塩抜き乾燥させ保管するための取り外し作業

チューニング作業

  • フックやスプリットリングの耐久性強化のためのパーツ交換
  • 性能パフォーマンスの改良のためのパーツ交換
釣り場で行う作業

主に大物狙いのルアーフィッシングでは強度アップのためスナップの代わりにスプリットリングとソリッドリングをペアで使用することがあります。この場合、ルアーローテーション時の手返しの良さが釣果につながるため利便性、携帯性が強く望まれるシチュエーションです。
利便性や携帯性を考えるとオープナー機能付きマルチプライヤーがおススメですが、大物の青物などにマルチプライヤーは耐久性が良くありません。魚種や魚体のサイズによって選択はわかれるでしょう。

ルアーの取り換え作業

  • 青物狙いでソリッドリング+スプリットリングにした場合のルアーローテーション作業

フックの取り換え作業

  • フックが開いたりダメージを受けた場合の交換作業

スプリットリングオープナー

スプリットリングを開くための専用の道具がスプリットリングオープナーです。
専用の道具なので安心感があります。
現在所持しているスプリットリングオープナー(超小型用)です。

コーモラン ミニスピリットリングプライヤー

コーモラン ミニスピリットリングプライヤー
■カラー:シルバー
■JAN:4510464409104
■サイズ:全長約63mm
■製品重量:約7g
■材質:ステンレス
■適応サイズ目安:#00~#0
関連記事

第一精工のピッカーズを購入 (2020-11-01 18:09:45)
メタルジグの取り付け方法 (2018-10-30 05:04:54)

ピンセットタイプなので力を入れにくい構造です。極小タイプのスプリットリング専用です。
スプリットリングが小さいのでピンセットではがっちり掴みにくく、左手でスプリットリングを持った状態で隙間に爪を挟むような操作になります。
ノーズの先端は、1.17 mm X 1.87 mm

フィッシングプライヤー

フィッシングプライヤーは、挟んだり掴んだりする道具で釣りでは対象が魚だったりパーツだったりします。
このフィッシングプライヤーにスプリットリングオープナーの機能がついている製品があります。

次の5製品は、現在所持している(スプリットリングオープナーの機能のある)フィッシングプライヤーです。

ウミボウズ フィッシングプライヤー fp-01

ウミボウズ フィッシングプライヤー fp-01
■カラー:シルバー

■JAN:4510464409104
■サイズ:全長約175mm
■製品重量:約83.1g
■材質:アルミニウム合金
■機能:スプリットリング外し、PEラインカッター、フック外し、魚掴み
■適応サイズ目安:#3~#8
関連記事
メタルジグのフックをすべて外して保管 (2018-10-13 19:47:28)

アルミ製で軽くてデザインもよくレビューでも人気だったので購入しました。
アジングやメバリングには大きすぎて#2以下のサイズで使えなかったので買ってすぐ使用をやめました。
ライトショアジギングなど大きいサイズのルアー、大物狙いのルアーフィッシング用といった印象です。
ノーズの先端は、2.32 mm X 2.71 mm

ダイワ プライヤーV 150HB

ダイワ プライヤーV 150HB
■カラー:シルバー

■JAN:714501
■サイズ:全長約150mm
■製品重量:約7g
■材質:ステンレス
■グリップ:ソフト樹脂
■機能:スプリットリング外し、ラインカッター、フック外し、魚掴み、オモリつぶし、ガン玉外し
■適応サイズ目安:#2~#6
関連記事
フィッシングプライヤー ダイワ プライヤーV 150HB (2017-10-02 14:31:46)

重量感があってがっちりしています。NTスイベル スプリットリング#00のサイズでもノーズがリングに入り開くことは可能です。リングの線径が細いと隙間に爪をいれにくくできないことはないですが簡単ではありません。また、#00~#1くらいには大きすぎるためかスプリットリングが開いたままでダメになることがあります。
メンテナンス作業で自宅で使用するケースがほとんどです。
ノーズの先端がベントタイプとストレートタイプがありますが150HBはベントタイプです。
ライトゲーム用には重量感があって大きいので不向きです。
スーパーライトショアジギングくらいから使い勝手が良くなりそうです。
ノーズの先端は、1.98 mm X 2.43 mm

 

ダイワ フィールドプライヤー2 130HB

ダイワ フィールドプライヤー2 130HB
■カラー:ブラック

■JAN:075077
■サイズ:全長約130mm
■材質:ステンレス
■グリップ:ソフト樹脂
■機能:スプリットリング外し、PEラインカッター、フック外し、魚掴み、オモリつぶし、ガン玉外し
■適応サイズ目安:#3~#6

ダイワ フィールドプライヤー 2 130HB Sの先が折れたので購入しました。適応サイズがアジングやメバリング用には適していません。#00でも開けることはできますがスプリットリングがダメになってしまいます。
スーパーライトショアジギングには使用できそうです。
ただし、対象魚のサイズを考えると魚掴み、フック外しは小さく短いように思います。
ノーズの先端は、1.61 mm X 2.28 mm

ダイワ フィールドプライヤー2 130HB S

ダイワ フィールドプライヤー2 130HB S
■カラー:ブラック
■JAN:075091
■サイズ:全長約130mm
■材質:ステンレス
■グリップ:ソフト樹脂
■機能:スプリットリング外し、PEラインカッター、フック外し、魚掴み
■適応サイズ目安:#00~#3
関連記事
フィッシングプライヤー ダイワ フィールドプライヤー2 130HB S (2018-12-02 14:36:26)

ライトゲーム用に適しています。所持しているミノーやメタルジグすべてに適応していたので非常に重宝していました。PEラインカッター、魚掴み、フック外しとアジングやメバリングにはちょうど良いサイズで満足していましたが、先端の爪の部分が折れたのが非常に残念です。
先端が折れるとオープナーとしては使用できませんがその他の機能は十分満足いくレベルで使用できます。
ノーズの先端は、1.04 mm X 1.12 mm

オーナーばり FT-06 マルチフォーセップ M

オーナーばり FT-06 マルチフォーセップ M
■カラー:シルバー
■JAN:4953873182280
■サイズ:全長約130mm
■材質:ステンレス
■機能:スプリットリング外し、ラインカッター(PE可)、フック外し、バーブ潰し、ガン玉外し
■適応サイズ目安:#00~#5

ダイワ フィールドプライヤー 2 130HB Sがダメになったのでダイワ フィールドプライヤー 2 130HBを買い換えましたが、先端のサイズが大きかったのでFT-06を購入してみました。
適応サイズは#00~#5ですが、#2以上のリングの場合の耐久性が心配です。
ノーズの先端は、1.77 mm X 2.00 mm

使えるスプリットリングオープナーとは

使えるスプリットリングオープナーの条件は以下の通りだと考えます。

条件1 リングの内側にノーズの先端が入る
ダイワ フィールドプライヤー2 130HB
まずオープナーのノーズの先端がリングの内径に挿入できなければなりません。
条件2 ノーズの先端でリングを掴める
ダイワ フィールドプライヤー2 130HB
先端でリングを摘むことができなければなりません。
装着されているのを取り外す場合と取り付ける場合ではことなりますが、取り付け時はリングをきっちりつかめた方がやりやすくなります。
条件3 リングの隙間に爪を差し込める
ダイワ フィールドプライヤー2 130HB
リングの隙間に爪を差し込むことができなければなりません。
爪の形状、爪の尖り具合などが影響します。
形状が悪いと隙間に入らなかったり、強度がなければ爪の方が折れたり曲がったりします。
条件4 リングの隙間が開く
ダイワ フィールドプライヤー2 130HB
重なったリングの隙間を開くことができなければなりません。
グリップを握り絞めることで爪がさらに奥に入りリングの隙間が開くはずです。
爪の長さや幅などで開く隙間のサイズが変化します。
作りが軟弱であると高強度のスプリットリングを開く際に結合部が破損したりそもそも開くだけの力量が不十分であることが考えられます。
開きすぎるのも問題で元に戻らずスプリットリングの隙間が空いたままになります。
サイズや強度に適応していないオープナーを使用するとスプリットリングが開いたままで閉じなくなります。隙間が空いた状態で使用すると外れる可能性が高まります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事