スポンサーリンク

メバル用プラグに関してですが、ボディ4cm前後、重さ3g前後の製品が多く、大別するとフロートタイプとシンキングタイプに分かれます。
これらもトレブルフックが2個使われていますが、海水で使用後にそのままにしていると当然錆びます。
錆びの進行は製品によってまちまちです。
海釣りのあとは、使用したアイテムは水洗いして乾かして保管するが基本です。
それでも錆びるものは錆びます。
錆びたアイテムから錆が移って錆びるケースもあります。
何事も道具の手入れができないのでは成果も望めません。

手入れをしていても錆びるのがダイワのSaqSasトレブルフックです。
貫通力はすごいのですがトレブルフックに限らず SaqSasの鈎は錆びやすいようです。
黒っぽいので錆がわかりにくいので気が付く時にはかなり錆が進行しています。

以下は所持しているプラグの状態です。
錆が酷いプラグに関しては、スプリットリングやトレブルフックを交換する予定です。

交換用トレブルフック

  • DAIWA Dトレブルフック SS VP 3R #14
    Daiwa Dトレブルフック SS VP 3R #14
  • がまかつ トレブルフック RB M #14
    がまかつ トレブル RB M Hyper Shield #14

daiwaとがまかつの比較です。Daiwaの方が小さくショートシャンクです。
左:ダイワ Dトレブル 3R #14/右:がまかつ トレブル RB M #14

Daiwaのパッケージには線径や重さが記載してあるので好都合です。

交換用スプリットリング

  • ゼスタ ハードスプリットリング #0~#2(18lb/22lb/40lb)

DAIWA 月下美人 夜霧Z 42F
(42mm/1.9g/フローティング/アミちらし)

月下美人 夜霧Z 42F

アイにまで錆が移りつつあります。
トレブルフック(#14)もスプリットリングも錆で交換が必要です。
トレブルフックはラウンドタイプでセンターバランスのサクサス#14/スプリットリングはゼスタの#0と#1の中間

DAIWA 月下美人 漂 40F
(40mm/2.6g/フローティング/クリアグリッター)

月下美人 漂 40F

リア側のアイは錆が移っています。トレブルフックもスプリットリングも交換が必要なレベルです。
トレブルフックのアイ部と束ねている部分が錆ているだけで針先は問題ありません。
ひねりを入れている箇所が錆びやすいのでしょう。
指に刺さってチョー痛い!!
トレブルフックはラウンドタイプでサクサス#14/スプリットリングはゼスタ#2

ラパラ STORM FSM04
(40mm/3.5g/シンキング/CLRF)

STORM FSM04

サクサスと同じく黒いので錆がわかりにくいです。
トレブルフックのアイと3本のハリが束ねられた箇所と針先のカエシの箇所に錆があります。
水滴が残りやすい場所が錆びていますので水洗い乾燥でなんとかなりそうです。
トレブルフックはラウンドタイプでサクサス#14と同サイズ/スプリットリングはゼスタ#2より一サイズ大

メガバイト グレイシー MBL06 SF
(38mm/2.5g/スローフローティング/チャートヘッドベイト)

グレイシー MBL06 SF

トレブルフックはシルバー色ですが、アイと束ねた箇所が錆びています。
リア側は酷くスプリットリングまで錆びています。
トレブルフックはラウンドタイプでサクサス#14よりは一サイズ大/スプリットリングはゼスタ#0

TAKAMIYA FALKEN R PLOVER 35F
(35mm/2.3g/フローティング/クリアグロースポット)

FALKEN R PLOVER 35F

写真だと錆かな?と思いますが実物見ると錆びていません。
あまり使った記憶もなく・・・
トレブルフックはグレイシーと同じサイズだが金属が太くその分軸が太い/スプリトリングはゼスタ#0と#1の中間

Nada TERRIER
(43mm/4.1g/シンキング/クリアシルバーグロー)

TERRIER

トレブルフックとスプリットリングともに金属の重なっている隙間が錆びているように見えます。
トレブルフックはグレイシーと同じサイズ/スプリットリングはゼスタ#1

Nada BEAGLE SS
(35mm/2.2g/スローシンキング/クリアチャートグローグリッター)

BEAGLE SS

本体リアのアイが錆びてボディー内部の金属部も錆びています。
錆びると膨らむわけで本体が白くなってわかりにくいですがクラックが入っているようにも見えます。
トレブルフックはグレイシーと同じサイズ/スプリットリングはゼスタ#1

以上、現在7種類のプラグを所持しています。
ちょうど7個なのでメイホウ  VS-310に入れてます。
深さは11mmと16mmなので夜霧のようなものは11mmのほう、漂のような厚みのあるプラグは16mmのほうに収納すればOKです。
メタルジグに飽きたらたまに投げる程度なので本格的にどうこうはしていませんが、これからどんどんやりたいなぁと思っています。
夜霧の種類を増やすか源五郎の購入を検討中です。

今回は交換用トレブルフックとスプリットリングに関しては見た目のサイズだけを比較しましたが実際は重さの方が重要だと思います。
できるだけオリジナルと同じサイズ重さのものに交換した方がアクションが悪くならずに済みます。

ゼスタのスプリットリングは太いわりには・・・
オーナーでいいのを探そう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事